jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

人智を超えた存在・・・

 

先日保護した「アメリ」ちゃんは、だいぶ落ち着いてきたように見えます。

 

ただ、あまり食べないし排泄もあまりなく、少々案じられてしまいます。

 

しかし、外にいた時は、100メートル離れていても聞こえるくらいに大声で鳴いており、かなりご近所でも有名な猫でしたが、保護してからはあのような叫び声は発することがなく、あの鳴き方は不安であったからだということが判明いたしました。

 

私とアメリちゃんとのお付き合いは約一年ほどです。

 

最初の頃は、赤い首輪をしてうろついていて、その現場での捕獲の最中、何度も捕獲器に入ってしまい困った子でした。

 

しかし、その後、赤い首輪が外れており、遠くの方まで出張している姿を見掛けるようになりました。

 

餌やり中の私のことを覚えていて、時間きっかりに、ある空き家のベランダに上がり、遠くの方から私を呼ぶようになったのでした。

 

最初、その姿を見掛け、悲鳴のような鳴き声を発していた為に、もしや、ベランダから降りれなくなったのかと勘違いし、空き家に侵入して救助したものでした。

 

しかし、救助してもまたベランダに上がってしまう為に、別に降りれなくなって助けを呼んでいた訳ではないと分かりました。

 

それから、毎晩、私のことを呼びつけ、フードの美味しいところだけちょっと口をつけ

「むにゃむにゃおにゃおにゃ」みたいなオーバーリアクション声を発しながら、私に印象付けて参りました。

 

更に、最近は急接近してきて、足にまとわりつき、離れようとせず、これはもう「助けて!保護して!」というアプローチに違いない、と思い、意を決し、松本さまからの後押しのもと保護したのでした。

 

そしてこの子は本当に保護して良かったと思います。

 

もしこのまま外にいたとしたら、結構なお歳と見受けられる為に衰弱死してしまっていたかも知れません。

 

こんな子はどんどん保護して里子に出すしかない、と決意を新たに致しました。

 

以前、保護をためらっていた為に、目の前で衰弱していった茶白君のことがいまだにヴィジョンで出てきて後悔に苛まれます。

 

最近、松山の生徒さまの天使猫になったルナちゃんとそっくりな男の子の猫が出没し、私のあとをずーっと追いかけ回してくるようになってしまいました。

 

ルナちゃんとあまりにもそっくりな為に「ナル君」と名付けております。

 

この子も抱っこできるようになったら保護して里子に出そうと思います。

 

あとは、公園のデレデレ黒猫君。

 

長毛グレーの捨て猫君。

 

面白い顔の三毛ちゃん・・・も保護候補です。

 

まだまだ次から次へと出てきそうです。

 

理想は「野良猫0!」です。

 

猫は外にいてはいけません!

 

すべての猫は家猫になるべきです!

 

先日、「犬猫みなしご救援隊」の諏訪さんが衝撃的なことをおっしゃっていました。

その話は他のボランティアさんからも何度も聞いていた都市伝説のような話でした。

 

「猫と人間の生体反応は似ている。その為、猫の薬は人間と一緒。現在、コロナウイルスを解明するために、多くの猫が実験生体材料になっている。極秘の国家プロジェクトとして遂行されている為に、行政機関はすべてつながっている。その為に警察に訴えてもまったく警察は動くことはない。むしろ訴えた方が証拠不十分であることを責められる。研究所がプロの猫捕り業者を使い外にいる猫を集めている。猫は集められ、生体実験され、薬を作る為に、血液は集められ、その後解剖され、殺処分される・・・」

 

この話は事実だと思います。

 

私の餌やりの場所も猫の数が目に見えて減ってきています。

 

相手はプロである為に、こちらの行動を見張っていて、いなくなった隙に巧妙な手口で猫を捕まえるのだと思います。

 

防犯カメラが作動していても、警察が絡んでいるのであれば、もうどうすることもできません。

 

私も3度、警察本署に行き、助けを乞いましたが、まったく相手にもされず、むしろ、こちらの浅はかな推理をあざけ笑われるように追い返されました。

 

昨日、あの猫多頭飼育の現場の「鬼ヶ島の鬼婆」の家近くを通ると、鬼婆の家の目の前の植木に明らかに異様なピンクのビニールテープがぐるぐると巻かれ、そして反対車線には、赤いビニールテープが、巻かれていました。

 

そのテープはもうすでに古びて植木の枝からは剝がれ落ちており、もう猫捕りが決行されてしまっていたと推理されることに、鬼婆の家の中を覗いても、今までいたおびただしい数の猫が一匹も見当たりません。

 

2年間に渡って鬼婆を説得し、10回近くも警察を呼ばれ、必死の思いでできる限りの猫の不妊去勢手術を試み、中で飼うようにと何度も説得しても応じなかった結果、このような猫に対して、最悪な結果となり、残虐な苦しみを与えてしまいました。

 

もう腹立たしさはとっくに超えてしまい、あまりにも虚しく、心の中に砂漠のように砂嵐が舞っていました。

 

あのような猫の飼い方をしている人間達は、地獄の鬼以下のうごめくもののようなやつらです。

 

無責任に餌だけ与えて、猫の本能を刺激し、無限に産ませ増やさせ続け、そして猫無法地帯にし、その増えてしまった猫達が交通事故で車に轢かれようが、テリトリー争いをして喧嘩して負傷しようが、病気になってふらふらになっていようが、猫捕り業者に持っていかれようが、そんなことはお構いなし。

 

不妊去勢手術をさせようとすると「私の飼い猫に勝手なことをするな!」と怒鳴り、警察に訴えると「こんな野良猫は私の猫じゃない、どうなろうと知ったこっちゃない!」とひるがえす。

 

もう人間のふつうの言葉も通じない、ましてや道理、理論、など、まったく通用しない。

 

あのような者たちは人間の皮をかぶったうごめくもの。

 

人間にはなってはいけなかった存在。

 

しかし、こちらはあのような存在にどうすることもできません。

 

なぜにこのようなことが起こるのか、なぜにあのようなものたちが、この世にいるのか、やってくるのか、なぜに虚しいことを繰り返すのか、虚しいことをさせられるのか、何度天界に伺っても、すぐに答えをくださいません。

 

「沈黙」

 

遠藤周作大先生の傑作の物語と同じです。

 

神はこの世の理不尽さに対して・・・答えてはくださらない

 

ただ、分かったことは、これらのこともすべて人を磨くための天界のテスト。

 

必死でもがいて頑張っても頑張っても、手の届かないところにあるような、雲を掴むような、どうすることもできないことがあり、結果がどうにもならなかったことだったとしても、その頑張っている姿やプロセスを天界の試験官であるマスター達は観ている。

もし最初から「無理」と諦めてしまっていたら、また別な方法での試練がやってくる。それはその人の中の一番の弱点を突く方法でやってくる・・・

 

これはそういうことなんだろうな、ということは理解できます。

 

しかし、試験問題の材料に猫を使わないで欲しい、私を磨くために猫を犠牲にするのは止めて欲しい、と天界に何度も唱えます。

 

すると天界は

 

「猫という存在は、その人間を試す、いわばテスト問題の材料として自ら進んでやってくるものである。

たとえ苦しんで死んだとしても、すぐに天界の天使となって軽やかに自由自在に飛翔する。

そして再び、その人に必要とあらば、再度、違う猫となって再生し産まれ、その人間を違う方法で試すのである」

 

とおっしゃいます。

 

う~ん、でも納得がいかない。

 

自らを犠牲にしてまでも人間を試さなくても良いではないか、と思ってしまいます。

 

しかし、天界は、

 

「猫の魂はそれを自ら喜び進んで候補者となるのだ、人間を大いに学ばせることができた時、その魂は昇格して、天界の天使の最高レベルにまでなっていくことができるのだ」

 

とおっしゃいます。

 

なるほど・・・

 

もちろん、猫の魂というのは、突き止めていくと「精霊の核の魂」です。

 

本当に天界の仕組みというものは奥深いものです。

 

人智を超えたものです。

 

今、できることをするしかありません。

 

まずは「アメリちゃん」の里親探しをしてあげることです。

f:id:jupesjupes:20210602124237j:plain

しっかり働きなさいよ

 

 

 

 

 

 

 

天界のヒプノ補足

「天界のヒーリングとは、池の中の泥水をきれいにするようなもの。水をすべてきれいにしていくと、透き通った水の池の底に砂金が光っている。その砂金の粒は珠玉の宝。その宝を拾い出していくと、それが素晴らしい豊かな才能であったり能力であったり、今後生きて行くためのヒントであったりする」

 

 

「天界の瞑想誘導ヒプノとは、学校の中で「問題の答えが分かず迷っている生徒」を、教員室に連れていき、奥の方に控室のある「専門の教師」のところに連れていく「誘導役の生徒」のようなもの。その誘導の仕事が天界のセラピストでもある。セラピストは、答えが分からない生徒を直接、専門の教師のところに連れていき、「答えをもらうように」という仕事をするだけであるが、もしその生徒が教師の言わんとしていることがよく理解できない、となると、セラピストはアシスタント的にまたは通訳のように答えを共に聞いてあげることも必要である。

アメリちゃん

 

そして、昨日はずっと気になっていた捨て猫と思えるアメリカン・ショートヘア―の女の子を保護してしまいました。

 

一年以上前、その子は近くで首輪をして外に遊びに出ていたのを見掛けていたのですが、最近、首輪がなくなっていたのです。

 

ご近所の餌やりさんが心配をして、捕獲器で捕獲してしまい病院に連れて行ったところ不妊手術済みであることも分かりました。

 

その後、私のことを毎晩待っていて、私を見掛ける度に大声でぎゃーぎゃーにゃーにゃーと泣きわめきながら、すり寄ってくるようになり、困っておりました。

 

この子を保護しようなどうか、しばらく思案していたのですが、松本さまの後押しもあり、決断し、洗濯ネットに入れて捕まえてしまいました。

 

しばらくは松本さまのお世話になります。感謝感謝

 

保護してみると、外の生活で疲れ果てていたかのように、ベットの上で眠り込んでいます。

 

本当に過酷な日々であったのでしょう。

 

飼い主さんに置いていかれたのですね。なんと酷いことをするのでしょう。

 

埼玉の犬猫みなしご救援隊の諏訪さんも「コロナ捨て猫」を7匹拾った、とおっしゃっていました。

 

まるでぬいぐるみを買ってきて飽きたら捨てるかのように、動物さんも扱う人間達。

そんな人間は今後もろくなことはありません。

 

この子はマーブル模様だから、「マーブルちゃん」またはアメリカン・ショートヘアだから、「アメリちゃん」と呼びましょうか。

 

しばらくしたら里子に出そうと思っております。

 

お顔は女の子なのに、ぶちゃっと不機嫌顔です。

 

f:id:jupesjupes:20210602124237j:plain

ぶちゃかわいい

f:id:jupesjupes:20210602124316j:plain

アメリちゃん

f:id:jupesjupes:20210602124331j:plain

マーブルちゃん

f:id:jupesjupes:20210602124311j:plain

ぶーちゃん

 

6月になりました!

今日で6月になってしまいました・・・

 

2021年も早、半分が過ぎ去ろうとしているのですね。

あまりにも時が過ぎゆくのが早く、まるで時間が交差して過去と現在と未来がまぜこぜになって記憶もぼんやりとあいまいになっているような感じです。

 

この最近、はっきりと憶えていることといえば、生徒さまのセラフィアさまのご実家のご近所に猫多頭飼育している問題のお宅があるという情報があり、ご一緒に調査にうかがったことです。

 

いろいろと資料を準備して、天界に祈りを唱えていると、背中にとても熱いエネルギーを感じ天使の翼がぐいぐいと生えてくるような感覚がありました。

 

セラフィアさまのお宅に伺うと、早速お母さまがご自分で育てていらっしゃる無農薬の新鮮お野菜と苺まで持ってきてくださり、なんとホンワカな温かいおもてなし、と有難く嬉しい歓迎を受けてしまいました。

 

そして、その問題とされているお宅に向かうと周囲には確かに猫ちゃん達がたむろし、そのお宅の庭にも猫餌や缶がおもむろにむき出し状態で置いてあるものを見てしまい、背中に緊張感が走りました。

 

しかし、残念なことにお留守のようでしたので、ご近所の聞き込み調査から始めました。

 

すると、ご近所の方々はやはり、そのお宅のことをよく思っていらしゃらず、迷惑だと問題視しながらも、ご近所トラブルを避けたく遠慮しているような感じでした。

 

しかし、何件かのお宅とお話をし、猫の不妊去勢手術の話をし、市の無料チケットを頂くための同意の署名を頂くことに成功致しました。

 

そうしていると、偶然、そのお宅の方が車で帰って来られました。

 

開いていた車のトランクにはおびただしいほどの猫餌が積んであり、そこから降りてきた白髪の長髪を後ろに結んでいるちょっとネイティブアメリカンを彷彿させるようなワイルドなオーラをまとった全身汗びっしょりの60代くらいの男性の首には「犬猫みなしご救援隊 えさやり許可証」という札をぶら下げ、そして、こちらに、おもむろにその許可証を見せ、にこやかに挨拶をして来られたのでした。

 

思い掛けない突然の帰宅と予想していなかった許可証の印籠に、思わず「はは~!」と頭を下げてしまいました。

 

その方は戸惑っている我々を快くお宅の中に招き入れてくださいました。

 

玄関を入った瞬間にこのお宅は、隅々まで猫ちゃんの為の宮殿であることが分かりました。

 

ちょっと去勢していない雄のスプレー臭は気になりましたが、すべてのものが、猫ちゃん達の為にあるという感じで、そこに人が使用人のように仕えているような感じでした。

 

その諏訪さん、63歳とおっしゃる男性は、満ち溢れる寛大なお優しいお顔や全身にエネルギーをまとった方でいらっしゃいました。

 

本来は猫嫌いであったにもかかわらず、庭に突然やってきた2匹の迷い猫をきっかけに猫活動が始まってしまい、専門の「みなしご救援隊」のサポートを頂きながら、以来、怒涛のように押し寄せてくる猫や嵐のようにやってくる猫問題を対処し、外猫達のお世話をし、昼間から餌やりを3時間も掛けて行ない、ご近所すべての猫の手術を行ない、更に、ワンちゃん達の活動もし、ついでに、そこに関わる人間達のお世話もしていらっしゃるという、超人的なお方でいらっしゃいました。

 

続く・・・

f:id:jupesjupes:20210601095010j:plain

しっぽなちゃん

f:id:jupesjupes:20210601095004j:plain

しっぽなちゃん

 

 

満月おめでとうございます!

 

5月26日は、5月の満月ですね!

 

すべての存在に天界の最高最善の愛と光と豊かさを!

 

入梅前のカラッと晴れた朝を迎えました。

 

いつものように、散歩を要求するエンちゃんを抱っこすると、ずっしりとした重みが腰に響きます。

 

エンちゃんは、2日間、隠していた高級ウエットフードをまるで警察犬のように嗅ぎ分けて探し出し、吸血鬼のような牙の犬歯で穴を開けて、水分を吸い取るという盗み食いを楽しんだ結果、実家のテレビで放映していた夏場所千秋楽で優勝した照ノ富士さんを思い起こさせる大関級の風格になっております。

 

お腹が満月です。

 

満月の日に、以前から手掛けていた「天界のDivine Gem Stone」達が満月の光を浴びて完成いたします。

 

人間は地上に生きていると日々、いろいろとありますが、あと残された時間はもう少ししかない、と思うと、日々素晴らしい輝きを見つけたいと思います。

 

f:id:jupesjupes:20210526094556j:plain

ラジエルの魔法のランプ

f:id:jupesjupes:20210526094627j:plain

スーパーヒーリングストーン

f:id:jupesjupes:20210526094656j:plain

六芒星ストーン

 

f:id:jupesjupes:20210526094751j:plain

ミカエルストーン

f:id:jupesjupes:20210526094816j:plain

六芒星ストーン

f:id:jupesjupes:20210526094845j:plain

ドルフィンストーン





卒業白書・・・

 

入梅の前の珍しくからりと晴れた日を選んで実家に大掃除に行って参りました。

 

昨年の暮れ以来のちゃんとした帰郷でほぼ半年ぶりの大掃除となりました。

 

帰るにあたり、母から「猫達によく言い聞かせておくように」といわれた通りに

エンちゃんジェルちゃんに「良い子でいるように」とよく言い聞かせてから一日だけ留守番をしてもらいました。

 

今回はシッターさんが見つからずに仕方なく、でしたが、猫プロの方々は皆さま口をそろえて2,3泊くらい大丈夫とおっしゃいますので、それを信じて天界と猫達にお任せを致しました。

 

しかし、今回はこの子達は生まれて初めてのお留守番でした。

 

自動給水機を設置して、かなり多めにフードを置き、トイレの猫砂もいつもの3倍くらい入れて部屋をあとに致しました。

 

エンちゃんジェルちゃんとも早朝からとても物わかりが良く、私が出る前にトイレに行ってくれて、あと始末をしてから出ることができました。

 

しかし、ふと見せたエンちゃんが悪だくみをしている目は見逃せないものがありました。

 

恐る恐る、部屋のドアを開けてみると、案の定、そこはパーティの後を残骸、お祭り後の惨状が広がっておりました。

 

ふと、昔の映画「卒業白書」を思い出してしまいました。

普段は親の言う通りであった優等生の良い子が、両親の旅行の最中に家の中でパーティ三昧をするというお話です。しかし、あの映画では最後に親が帰って来る時、何事もなかったかのようにきれいに片づけてしまっていましたが、猫ちゃんのパーティは何が起きていたのか、バレバレです。

 

一日いないだけでこの惨状!やはり人間の手が入らないとすぐに汚れますね。人間の力のすごさを知りました。

 

まあ、これも想定内であった為に、それほど、驚きはしませんでした。

 

鬼のいぬまに洗濯、とばかりにエンちゃんジェルちゃん達は大いに羽目を外して大はしゃぎで遊んでいたようです。

 

エンちゃん、ジェルちゃんも私がそっと入ってきたのを見ると、後ろめたさがあるらしく、

「まずいますいもう帰ってきたぞ・・・」

 

というように、あとずさりをして逃げようとしておりました。

 

あちらこちらに、歯で噛んだ跡のあるおやつの袋が散乱していました。どこから見つけたのか・・・

 

ウエット状のおやつは皆、中身の水分が抜き取られて乾燥した状態で転がっていました。

まるで吸血鬼が血を吸い取ったように上手に水分が抜き取られていました。

 

吸血鬼の犯人はエンちゃんです。

 

しかし、私は、もしエンちゃんジェルちゃんとも寂しさで具合が悪くなっていたらどうしようか、とちょっと案じておりましたが、それはまったくなかったようで安心致しました。

 

天井までゴミが堆積していたごみ屋敷から脱走してうちに来たサンちゃんなど、ちょっと長い時間いないと、吐いたり下したりと大騒動になります。きっと、酷暑や極寒の中で放置されていたトラウマがあるからでしょう。サンちゃんは人がずっとついていないと駄目な子で気の毒に思います。

 

それにくらべてエンちゃんジェルちゃんはたくましいサバイバル精神の持ち主であり、どこに行っても生き抜いていけるだろうと確信致しました。

 

その後は、エンちゃんジェルちゃんも何事もなかったかのように、いつもの通りベタベタに甘えてきて、エンちゃんなど何度も散歩を要求して参ります。

 

夜は「どうもすみませんでした」というように私の横にきて、ねぎらうかのように肩や腕をマッサージしたり、顔や首をヘチマだわしのような舌で舐め回して参りました。

 

おかげで今日は掃除の疲労も残らずパワーアップしておりました。

 

エンちゃんは本当に不思議な力のある子です。

 

エンちゃんには、素晴らし過ぎる里親さん候補が10人も現れて選べずに見送ってしまった、というのがよく分かります。

 

ジェルちゃんはいたって良い子でお留守番をしていたようです。

 

昨晩から、べたべたと私に貼り付いて参ります。

 

f:id:jupesjupes:20210525131840j:plain

悪!

f:id:jupesjupes:20210525131850j:plain

だからなんじゃ!

f:id:jupesjupes:20210525131925j:plain

抱っこ~

 

 

 

 

 

 

f:id:jupesjupes:20210525131935j:plain

もっとなでて~

 

もうすぐ梅雨に・・・

関東はここ数日、梅雨に突入したかのようにしっとりとした毎日です。

 

しかし、まだ東京はかろうじて梅雨ではないようです。

 

空気の中に霧が舞うゆうな、しっとりとした、草木も青々とみずみずしくなる季節が好きなのですが、猫活動では厳しいものがあり、外に出ると欝々としてしまいます。

 

この4年近く、怒涛のように始まって、問題が勃発しては奇跡的に収束、したかと思うとまた問題勃発、という繰り返しのノンストップの日々でしたが、ようやく、大きな問題は起きなくなってきている気が致します。

 

あまりにも激しい4年間でいったい何が起きていたのか、記憶が飛んでしまうくらいです。

 

皮肉っぽいネガティブな近所の住人は「野良猫なんか全然減っていない、問題は解決していない、あんたの仕事はいい加減だ、ちゃんとやっていないからだ」といまだに責めてくるだけで、一人として褒めてもくれませんが、この近辺だけでも、この数年間は発情の鳴き声や仔猫の鳴き声は聞いていなく、まあまあ良いのでは、と自己満足に浸っております。

 

しかし、最近、あまりにも激しい日々であった為に、静かになってくると、燃え尽き症候群になりそう、と思っていたところ、今までおざなりになっていた自分の家族のことをしなくてはならなくなって参りました。

 

いつも天界は次々と新たな試練をくださいます。

 

 

兄の危篤がちょうど4年前のこの時期でありました。

 

その頃くらいから、外猫のことがだんだんと目につくようになり、兄の死とと共に始まってしまった猫活動でした。

 

最近、毎日のようにデジタル時計で

 

「1111」や昨夜など「11時11分11秒」という数字をいきなり見せられてしまいました。

 

「1」は始まり、リセットの意味があります。

 

きっと何かがリセットされて再スタートされるのだと期待しております。

 

f:id:jupesjupes:20210522121313j:plain

青々とした猫草

f:id:jupesjupes:20210522121403j:plain

文句ある?