jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

残暑お見舞い申し上げます。

皆さま、残暑お見舞い申し上げます。

 

大天使ミカエルの司る太陽が、残っている燃料をいっきに吹き出すかのように、猛烈な熱を発散させています。

それでも、日が短くなり、晩夏を告げるヒグラシの鳴く声も聞こえるようになり、秋の気配を感じます。

 

日中出ること多く、太陽パワーを全身に浴びるとソーラーエナジーチャージをされるようで気持ち良く感じます。

冬は極寒の中にいるとまた冷気チャージされて気持ち良い、というかなり異常体質かも知れません。

頭を使わない分、身体のパワーだけは普通の人の倍以上、頂いているという、何かが欠けている分、何かで補われている、ということをつくづく感じます。

それでも心身が丈夫なのは本当に有難いことです。

 

猫ちゃん活動の方も、今、抱えている案件があまりにも壮大過ぎて、ちょっと計画を立て直してから始動が、良いと思い、8月いっぱいは休止することにいたしました。

 

公団公園の方の猫ちゃん達は19匹を捕獲し、そのうちの仔猫8匹は保護し、5匹は里親さまのもとに引き取られていきました。

 

f:id:jupesjupes:20190819140631p:plain

里親さま

 

 

 

でも、まだまだあと30匹くらい2か月くらいの仔猫がわさわさと出て参ります。

 

その内で生き残った子達だけでも、今後、保護してあげたいと願います。

 

まるで難民救助のよう、または戦争孤児を助けるような感覚を覚えます。

 

きっと私の過去世で、戦争の犠牲になった路上の孤児達を保護していた時があり、その時、全員を救うことができずに、心残りと償いの気持ちが残り、今、仔猫ちゃん達を救うことで、その代償をしているのかな、と思います。

 

それでも個人でできることには限界があり、全部自分でしなければ、という思いは思い上がりであり傲慢でもあると感じますので、天界に願い、自分のできうる限りのことだけを努力してやっていこうと思っております。

 

今まで苦手であった、他人の力を頼るということ、も新たな学びであると思います。

 

猫ちゃん活動は決してひとりではできることではなく、多くの人達、たとえ苦手な人達とであっても、その気持ちを克服し、協力し合って達成するという学びを頂いている気が致します。

 

f:id:jupesjupes:20190819140639p:plain

ブラザー

 

また最近、どうぶつ看護師の資格を発揮させられるようなことが度々起こります。

 

私はにわか仕込みの「えせ看護師」なのですが、行く先々で、具合の悪いペットちゃんの治療のようなことをさせて頂くことが多くあります。

 

この間も、あるクライアントさまのお宅を訪問した際、異常に水を飲み続けるうさぎさんがおり、おかしいな、と思っていると、飼い主さんはその子に一日、2回だけ牧草を与えていたとのこと。太るからという理由で牧草をあげていなかったそうです。

 

獣医さんによると、牧草はカロリーもなく、歯が伸びるのを抑制するものであるから、一日中、大量に食べさせていいということなのです。

 

更に、その子の足にはべったりと排泄物がついているのが気になり、抱いて見てあげると、肛門から足の裏全体に、黒いタール状のような塊がくっついており、排泄もままならない状態になっておりました。

 

あまりにも酷い状態であった為に、セッションを中断し、その子を裏返して、ハサミで毛を切らせて頂きました。かなり難攻不落のタール状のもので、取り除くのに、私の服はべっとりと汚れ、辺りにも毛と排泄物が飛び散り大変な惨事になってしまいました。

 

30分程、タールの塊と格闘し、ようやく、かなり毛と塊を取ってあげると、うさぎさんは軽やかに飛び跳ね、気持ち良さそうに排泄をしておりました。

 

あのままであったらきっとこの夏中に亡くなっていたに違いありません。

 

飼い主さんの不勉強と放任主義は、ペットさまの大事な命を短くするものです。

これはある種の虐待です。

そういう飼い主さんの不勉強のもとで悪循環の環境下に置かれているペットさんは多いのでは、と危惧致します。

 

ペットさん達は癒しのセラピーアニマルですが、その方々を癒すお手伝いが今後、できたら、と願います。

 

昨年一年間、ホワイト・イーグルの治療をさせて頂いたおかげでかなり、酷いけがの子を見てもあまり動揺しなくなりました。

おかげさまです。

今、Sさん宅のトーマス君はSさんが格闘してくれました。

しばらくの間、保護の方にお預けし、その後はSさんのお父さま宅のところに行くことになっております。

 

本当に愛おしい、癒しの地上の天使達。

 

共に助け合いたいと願います。

 

 

 

f:id:jupesjupes:20190819140638p:plain

地上の天使達

f:id:jupesjupes:20190808151314j:plain

f:id:jupesjupes:20190808151258j:plain

黒白君