jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

2月24日、新月おめでとうございます!

2月24日は、新月ですね!

 

新月おめでとうございます!

 

良い方向に急激に変化をしています。

 

今日の自分は、昨日の自分とはまったく違います。

尊敬する生物学者福岡伸一先生も「動的平衡」とよくおっしゃっていますね。

今日の自分は、昨日の自分とは、細胞レベルで別人・・・のようなことを。

 

天界では、更に「魂レベル」で別人になる、と天界のマスター達はおっしゃいます。

 

日々、または瞬間瞬間で魂レベルでは変化の連続です。

 

私自身も時々、過去の自分と今の自分はまったくの別人ではないか、と思うことがあります。

 

天界学では「ウォーク・イン現象」とも言い、魂の中に高いレベルの方がふっと入って来たり抜けていく「ウォーク・アウト現象」もあると言います。

 

 

昨日も、実は猫活動をしている方に、去年3か月間、悪夢のような場所で活動した地域でまた仔猫が産まれているから、と聞き、調査に行って参りました。

 

実際には見掛けませんでしたが、ご近所の方のお話では、またちょくちょくと見掛ける、困ったもんだ、ということをおっしゃいます。

 

しかし、その方々はまったく客観的なニュアンスで、ご自分の庭先で起きていることを他人事のように空虚な感じでおっしゃいます。

 

去年は、そういう方々の連続で「やっておいて、ご苦労様」と言うとたいてい、バシッと窓を閉めてしまいます。

 

「やっておいて、ご苦労様」って??私は業者ではございません!ご苦労様っていう表現は本当に上から目線のご挨拶です。あなた!ご自分の家のことでしょう!と何度も憤りましたが、仕方なく、あの真夏の究極に暑い日々、蚊の餌食になりながら来る日も来る日も外猫ちゃん達を捕まえては病院に連れていき、仔猫達は保護し、里親さんを見つけていた日々・・・。

 

まったく無駄にはなっていないと思いますが・・・。

 

10月頃、だいたい状況が良くなったと察し、「活動を終えました」というチラシを撒き、「あとは地域の問題として、継続的に猫問題を取り上げてください」、と皆さんに触れ回っていたにも関わらず、その後は、まったくどなたからの音沙汰もなく、放っておいたら、やはり元の木阿弥になろうとしています。

 

なんという人任せな!

しかもT.N.R.のご寄付を募ってもどなたも募金をしてくださいませんでした。

 

たったお一人のご夫人が、道端で「ご苦労様」と言って2000円だけ渡してくださったのが、5,60匹、こちらで負担した医療費と保護代の一部になりました。本当はその100倍も自費で負担しました。

 

2000円だけでも貴重なものです。その他、豪邸の立ち並ぶ地域にもかかわらず、まったくの他人事。我関せずを決め込んでいる方々ばかりです。

 

今回もそういう感じにしようとしている感が、ありありでした。

 

私は去年の私とは違います。

 

かなり強くなっております。

 

もう2度と全部こちら任せではさせません!

 

天界のルシフェルよ!私に知恵を!

 

新月に誓います。

 

もう2度と同じ弱気なことはしません!

 

猫活動は、他の人々にゆだねます。

 

f:id:jupesjupes:20200224123918j:plain

I ma