jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

10月になりました!

 

怒涛の9月が台風のように過ぎ去り、1日は、9月の余韻を残す雨風の大浄化の一日後、晴れやかな10月2日の朝を迎えました。

 

なかなか落ち着いてPCを開いていられなく、ブログの更新もできずにおり、皆さまから安否確認のメールをよく頂いております。

 

もしかして死んでるのかも、とご心配をお掛けしております。申し訳ございません。心身は健康で丈夫でおります。

 

心から天界に感謝しかございません。

(しかし、2日前に左上の歯の神経を一部切除する大手術をしてしまい、顔の左が腫れており、別人のような顔になっております。しかし腫れていると顔はパンパンに張っており、若返ったようになりしばらくは、このままが良いかな、なんて思っていたりします)

 

こうしている間にもジェルちゃんがうんちゃんをしてくださり、すぐに行って出したもののチェックとおしり拭きをしなくてはならず、なかなか集中できません。

 

しかし、ようやくカオスのようになっていたものは、まとまって参りました。

 

カオスにような精神と状態になった時は、まずは身近なところから大掃除をするに限ります。

 

そうすると不思議と気持ちも精神も、ものごとも徐々に整って参ります。昨日も大雨風邪の中で、猫達の暴れまくった後の惨状の大片付け、そして水拭き掃除をしておりました。

 

 

今、現在、9匹の1か月半から3か月半の仔猫達と1匹の中猫、そして1匹の老猫のお世話をしていおります。

 

そのうちの極小サイズの仔猫が2日前から突然、危篤状態におちいり、松本様の献身的な介護を受けています。

 

この子はたぶん生後2ヵ月の子なのですが、体重が300グラムしかない、発育不全の子であり、保護した時は、目やにで目がつぶれており、よろよろとしていました。

 

お世話しているうちにとっても元気で跳ね回り始め、その姿がまるでネズミのようなので、私はミッキー・マウスのミッキーと呼んでおりました。

 

愛嬌のある、面白いとってもユニークな子であったのですが・・・天界とその子の自由意志にすべてゆだねます。

 

 

 

昨日は、また無責任議員が、党員のお宅に迷い込んだ猫がいると言って、丸投げをして参りました。

 

仕方なく、猫ちゃんには罪はありませんので、松本さまと猫ちゃんを引き取りに行き、病院に連れて行きました。

 

その猫ちゃんは美しい長毛のブランド猫で、飼い猫が捨てられたのか、脱走して迷って来たのか、のどちらでしょう。

 

大雨の中、どろどろに汚れて現れ、家に中に入ってきたそうです。

 

猫ちゃんには、まったく罪はありません。

 

心あるものたちでなんとか助けてあげるしか他に方法はございません。

 

 

そのGYEENには、2年前から酷い目に遭い、今回も思いっ切り苦言を申してあげました。

 

苦言を申したところで、何も変わることはないでしょうけれども、こちらが単に犠牲になり我慢して善人の振りをしてすべて飲み込んでいたら、精神を病んでしまいます。

 

私は善人ではありません。偽善者の振りはできません。

 

溜めずに全部、負の感情も不平不満もぶちあてて差し上げます。

 

GYEENは、市民の搾取された血税から、そのくらいの報酬を頂いているのです。負のエネルギーを頂くのは、当然の職務の一部でしょう。

 

そのGYEENももともと発達障害なのか、言動がおかしい感じが致します。60代後半のご婦人なのに、異様に派手な服装に紫のネイルをし、仮面のような化粧を施しています。

 

ご自身もカウンセリングを受ける必要がありそうです。

 

1000万円を超えた議員報酬を頂いているのですから、ご自分のお金でクリニックに通って欲しいと思います。

 

 

 

今日は、3組のご家族の猫お見合い会です。

 

9月に起きたことを備忘録を残さないと。

 

またUPさせて頂きます。

 

f:id:jupesjupes:20211002082935j:plain

仲良し兄妹

f:id:jupesjupes:20211002083004j:plain

懐っこい黒ちゃん3姉妹