jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

どうぶつはかすがい・・・

 

今日は、昨晩からの雨模様の為に2か所の捕獲が延期となった為に、猫ハウスの方の大掃除に専念することができました。

 

以前の11匹の仔猫がいた時よりも、カオスのような状態にはなっていませんが、なぜにこんなところに○○ちが・・とか、なぜにエアコン上部からウエットフードが凍り付いた小さい滝のように垂れている、とか・・・悪戦苦闘で2時間以上、掃除に掛かってしまいました。

 

しかし、掃除をすると部屋の中がすっきりとクリアに浄化されて、気持ちの良いエネルギーになります。

 

また激しく攻撃してくる黒ママちゃんとも、じっくりと対話ができて、今日は必要な雨の日であったと思います。

 

11月になってから、気候は温暖で穏やかで平和な日々なのですが、猫をめぐっては、この半月ほどがかなりハード極まる日々で、精神と肉体を酷使させられておりました。

 

しかし、そんな日々の中で自分自身も、関わる方々や、猫活動の場所で、多くの気付きや自分自身の過去の解放もあり、あらためて、すべてに意味があることだと再認識致しました。

 

昨晩は、ウイーンに旅立つ方の最後の捕獲の日でしたが、あいにくの雨の為に、休止になりました。

 

そのまだ若い男性と時々その奥様が参加され、毎晩、深夜3時間ほど、ご一緒に捕獲作業をしながら、いろんなお話をさせていただき、この世の中もまだ捨てたもんではないかな、と感じておりました。

 

男性の方は、やはり高次元の宇宙界や精霊界にいらしたことのある、アース・スターの方だと感じておりました。

 

その中でもクリスタル・チルドレンと呼ばれる、地球の自然環境を良くする為の大きなミッションを持って、生まれて来られたお方と感じました。

 

クリスタル・チルドレンは、生まれつき言葉が少なく、重要な最小限に必要な言葉しか発しないのが特徴です。

 

その特徴通り、その方の数少ない言葉で含まれている深いものを感じておりました。

 

正しい謙譲語、尊敬語、またビジネス用語を巧みにあやつる賢いお方ではありますが、会話中で少ない言葉中で、ご職業内容はよく分かりませんでしたが、何か、反原発にかかわるご立派なお仕事のお方のようです。

 

オーストリアは核反対の先進国であり、そのウイーンの大使館に2年間研修の為に派遣されるということです。

 

帰国後は研修の成果を日本で発揮されるのでしょう。

 

毎晩、アパートから分厚いちゃんちゃんこを着て、自転車の前後に捕獲器を積み上げてやってきて、黙々と猫ちゃん達に優しく話しかけながら、ちゅーるを差し出し、差し出し、捕獲を試みているお姿に心打たれておりました。

 

こんなに純粋で清らかな方が、この猫地獄獄門島のようなエリアにやってこられて、旅立つ前の最後の貴重な準備期間を、猫に費やしてくださり、一筋の光を注いでくださるなんて、なんと有難いことか、と思っておりました。

 

奥様の方も、法律の専門家でいらして、大学で法律を教えていらっしゃるというかなりアカデミックな方でいらっしゃるにも関わらず、お母さまが占い師でいらっしゃるということで、その影響を受け、スピリチュアルな世界にも精通しているお方でした。

 

ご主人とは反対に、会話の言葉がとても流暢であり、そしてはっきりとした強い主張もされ、初日に通報されてやってきた警官たち3人に対しても、大きく強い声で説教をされていらっしゃいました。

 

奥様もアース・スターであり、アース・エレメンタルの方でありますが、真反対の性質をお持ちで、お二方が、とても良いバランスを保っていらっしゃると、感じておりました。

 

 

最近、Hさまご夫妻や松本さまご夫妻をはじめ、ご夫婦で猫活動にご参加されていらっしゃる方々にお目に掛かることが多く、有難く感じております。

 

世の中の苦しそうな夫婦がほとんどの中で、こういう方々がとても充実し満ち足りてお幸せそうなお顔で活動をしてくださることが、貴重であり、嬉しく思います。

 

今朝、ふと

 

「動物はかすがい」

 

と聞こえて参りました。

 

「子はかすがい」

 

とひと昔前は言われていましたが、それは現代では当てはまらないと感じまております。

 

子どもは、ご夫婦間では、夫と妻の思いの深さが違うと感じるのです。

 

子が、優秀で良い子であったなら、その子は親の自我と野望の対象となったり、親は子を立派な良い大人に育てあげて誇りたい、とか、世の中を見返してやりたい、とか、または母親の依存の対象になるとか、困った子であったりすると、また母親は強い責任感の中で罪の意識を持ちながら生涯過ごすとか、いろいろと複雑な思いが入るようです。

 

母親にとって子どもとは、自分の肉体の中に10か月もの間、ゆっくりと少しずつ成長して大きくなった後に、剥がれ落ちるように外に出ることもあり、まるで我が肉の一部と感じたり、またはクローンのようなものであったり、と感じることでしょう。

 

遺伝子を分けて、客観的な立場で見ているだけの父親とは、思い入れる感情にはかなり差があると感じます。

 

動物界でも、オスは、自分の子孫を残す為に、健康な母体を求めて不特定多数のメスに子を産ませようとして、成功するとさっさとまた別の場所で新たな母体を求めていくようですから、人間のオスも多少なりとも同じ性質を持っているのでしょう。

 

人間の父親は我が子に対しては、良くしてあげたいという思いはあるに違いありませんが、母親ほどの強さはないと感じます。

 

そんな人間の子どもを育てるのと違って、夫婦の間で動物さんのお世話をすることは、互いに客観的な視点で見られて、とても良い感じがします。

 

動物さんに対しては将来、良い学校に行かせて就職させて家庭を持たせて、老後の介護をして欲しい、という期待を持つ必要もなく、ただ、そこに存在してくれて、健康で長生きをしてくれさえすれば良い、ただ、愛でてあげたら、癒してくれさえすれば良い、という無償の愛情の対象です。

 

純粋無垢で無欲な動物さんに対しては、こちらも、純粋無垢で、無償で無条件の愛情を注いであげることができます。

 

夫婦間での思いが共通し、交わす対話も、動物さんに対しては自我や欲望がそれほど入らない気がいたします。

 

地球は、地球環境を良くする為に、ますます人間を少なくしていく傾向があり、子どもの数も減っていくらしいのです。

 

そう思うと、これからの人間界では、(特に地球環境を汚す先進国では)不妊の女性がますます増えるはずで、そうなったら、不妊治療など無駄な苦行をさっさと止め、子どもを持つことを早々に諦めて、ご夫婦で動物さんを飼ったり、動物さんを救う活動や、動物愛護、保護活動をしたり、としたら良いと思うのです。

 

と・・・

 

まずは、そう思ったのでした。