jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

天界の起してくださった奇跡

最近起きました、ネコちゃんの奇跡としまして・・・

 

先日、ご近所で飼いネコちゃんが脱走してしまったという方がポスターを作って近所を回り、探しまわっているけれど、一向に姿を現さない、という知らせを受けました。

知らせを受けてから、そのお宅に伺う前に、天界に祈りを捧げ、

 

「天界の動物さんの守護をつかさどる、大天使ラファエルよ、聖フランチェスコよ、探しものを見つけてくださる聖アントニウスよ、どうぞ脱走したネコちゃんをお戻しください」

 

と唱えてから、そのお宅に伺いました。

 

対応してくださった奥様のお話を伺うと、

 

その子は純血種のチンチラの女の子でふさふさの毛を持つ美しい子だということです。

 

そのお宅は古いマンションの4階で、そのビルはもうすぐ取り壊されることとなり、お引越しをお話し合っていたそうです。

 

そのお話合いの中で、

 

「探しているペット可のマンションはたいてい2匹まで飼育可能ということで、うちにはお母さんチンチラとその子ともう一匹の合計3匹で、お母さん猫は『自分が不要だ』と感じて去っていったに違いない」

 

と、逃がされてしまった奥様は嘆き哀しむ悲痛な面持ちでおっしゃっておりました。

 

ご主人もあまりのショックで仕事もままならず、ずっと寝込んでいるとのことでした。

 

「脱走してからすでに6日間を過ぎ、心配で仕方がない、市役所で捕獲器を借りてきて、一階で潜んでいそうなところに置いたけれども、まったく捕まらない」

 

ともおっしゃっておりました。

 

お話をうかがい、こちらから持っていった捕獲器を準備し、まずそのお宅からどうやって脱走したのか、見せて頂くことに致しました。

 

そしてベランダから脱走したとおっしゃるので、ベランダを見せて頂いた時、私がふっと階下を見ると、

 

なんと、

 

古いビルの屋根上にはふさわしくない、見たこともないようなプラチナゴールドのゴージャスな毛皮のネコちゃんが、私の目線の中で気持ち良さそうに日向ぼっこをしているではありませんか・・・

 

「この子じゃないですか?」

 

と振りむいて奥様に訊ねると、奥様が飛んできて

 

「モモちゃん!ここにいたの?なんでなんで!」

 

と狂喜乱舞して叫んでしまいました。

 

その叫び声で、そのネコちゃんは飛び上がると3階のベランダの方にササっと逃げてしまいました。

 

まずは生きてすぐ近くにいたことに感謝でした。

 

灯台下暗し、とはまさにその通りです。

 

これまでご近所を探しまわっていたけれども、すぐ真下の階に潜んでいたなんて、と奥様も驚いていらっしゃいました。

 

そのモモちゃんはとても繊細で敏感な子であり、家の中でも逃げ回って抱っこもできない子であったようです。

 

これまでマンションの一階のビルの陰に捕獲器を設置していたけれども、そこまでは降りて行けず、6日間、真下である3階の何件かのベランダを行き来していたと思われます。

 

しかし、上から見ても、背中が細くなっており、ずっと何も食べずに耐えていたようです。

 

雨が日間降っていたために、雨水を飲んでしのいでいたのでしょう。

 

3階の中で親切に対応してくださったお宅2件のベランダに合計3台の捕獲器を設置し、あとはネコちゃんの兵糧攻めと捕獲側の忍耐力の戦いとなりました。

 

捕獲器を設置してから2日間は入ってくれず、奥様方も心が折れそうになっていましたが、こちらが何度も何度も励まし、天界に祈っているうちに

 

「今朝捕まりました!今動物病院で検査してもらっています」というメールが届きました。

 

本当に良かった良かった。

 

これも

 

「天界の動物さんの守護をつかさどる、大天使ラファエル、聖フランチェスコ、探しものを見つけてくださる聖アントニウス

 

の起した奇跡のおかげであると思います。

 

あとは飼い主さんのあきらめないお気持ちと愛情が功を奏したのですね。

 

ご親切なご近所さまのご協力も有難いことです。

 

良かった良かった。

 

脱走のおかげで、負のエネルギーも憑き物も落とされて、きっとネコちゃん達にとっても飼い主さん達にとっても、最高最善のお引越し先が見つかることでしょう。

 

モモちゃんのお子さま。当猫ちゃんは隠れてしまいました

生徒さまから送って頂いた貴重な玉ねぎさん。有難く感謝です。