jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

White Dragon

 

先日、クライアントさまのセッション中であるひとつの前世を見て頂いたのですが、そこで、

 

「白龍」であった時代を思い出してくださいました。

 

白龍の時代は、たぶん古代の中国であり、そこに王族ご用達の龍使いの民もいたようです。

 

龍使いの民たちは王様に仕事を命じられると、自分担当の龍を呼び出し、その背中に乗って空を飛び回り、現地まで赴き、龍の力によってことを解決していたようです。

 

龍は仕事のない時は、巨大な洞窟内のゴージャスな宮殿に住まい、それぞれの部屋があり、御簾が掛かっている中で休んでいたようでした。

 

クライアントさまは、いつもは御簾が掛けられた個室でとぐろを巻いて丸くなり頭を尻尾の上に載せて眠っていたそうです。

 

そして担当の龍使いの呼び出しの合図が聞こえると、すっと起き上がり、喜々として飛び出していき、担当の青年を背中に乗せ、空を悠々と飛び周り、世界をあっという間に何周もできたようです。

 

問題のある場所に赴くと、白龍は風を起こし、雨を降らせ、気の流れを変えることで、あっという間に戦を止めたり、病を封じ込めたり、と即解決をしていたそうです。

 

人間達の目には、龍の姿はまったく見えず、ただ、強い風が吹いていった、と感じるだけであったそうです。

 

しかし、風が去った後は快い気分になり知らないうちにことが解決して終わっていた、と思うようでした。

 

白龍がふんわりと飛び立ち、地上を時々見下ろしながら、空の雲を合間を気持ち良く軽やかに飛んでいるお話を聞いている内に、こちらもとても気持ち良い気分となり、白龍の目となって共に地球を見下ろしておりました。

 

クライアントさまは2万年以上、白龍であったそうで、代々、引き継がれていた龍使いと共に活躍していたそうです。

 

その時見えたヴィジョンの龍使いの青年は、現在の娘さまが、担当であったそうです。

 

白龍のお役目を果たし、天界に戻ると、今度はさらに力を得て位の高い金龍になるという使命を頂いておりました。

 

その龍であった長い長い時代を経て、また人間に戻って来られたということです。

 

その白龍や金龍であった時代は、正義感が強く、大胆で勇気があり、たくましく、世界の悪を征服できるくらいの強さも持ちながらも、反面、心優しく繊細で人に従順であったようです。

 

龍時代を見て頂いた後でベストな未来を見て頂いたところ、社会で大活躍をしているご自分を見て再び勇気が出たそうです。

 

その時の記憶をよみがえらせたおかげで、これからの人生は「悪いものに屈することなく、強く生きていけそうです」とおっしゃっておりました。

支配してくるような人がいたら、白龍であった時に「口から炎を噴き出し、悪者を絶滅させていた記憶」を思い出し、イメージしたら良いとお伝えしました。

 

前世の記憶を共有させて頂き、こちらの方も気分が清々しく、心地良く、共に勇気が湧いて参りました。

 

かくいう私も白龍であった記憶が時々、よみがえります。

 

ふっと全身の力を抜くと、瞬時に空まで舞い上がり、悠々と空を自由に飛び周り、山を越えて海上を水面すれすれに飛んだり、人間界を見下ろしていた記憶があります。

 

そして必要とあらば、悪人たちに対し、口から火を噴き、焼き殺して全滅させていたこともありました。

 

尻尾を軽く振ると風が起き、さわやかな心地良い風が起き、尻尾を強く振り回すと、台風のような強風も起こしておりました。

 

龍であった時のことを思い出すと、勇気と強さが沸いて参ります。

 

私の周囲には龍であった方々が、結構数多くいます。

 

龍というのは、さまざまな種類があり、それぞれの特徴が違いますが、龍時代があった方の共通する特徴として、

 

・水が好き

 

・雨が好き

 

・風が好き

 

・雲を見上げるのが好き

 

・高いところが好き

 

・ほくろが多い

 

・背中に大小、色にかかわらずあざがある

 

・忍耐強い

 

・正義感が強い

 

・龍の絵や置物が好き

 

などがあります。

 

龍時代を思い出すと、最強で負け知らずの気持ちになります。

 

こんなイメージでしょうか