jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

追加・・・

昨日の「ネコ・ミッション」に追加なのですが・・・

 

ネコ活動のミッションを遂行されながら、家庭のこともしっかりなさっていらっしゃる方も多くいます。

 

その方々を観ると、やはり魂のキャパシティが大きい、古い、目指すところが高い、更に、その方々には、必ず家族に「アース・エンジェル」や「高次元の宇宙界からやってきたアース・スター」さんがいらして、かなりサポートをしてくださっています。

 

また猫活動に必要な経済力にも恵まれている方が多く、天界のサポートも無限大のようです。

 

 

一方で、私のようなものは、ネコ活動だけでは、魂の学びが足りないようで、周囲には「たっちゃん」を代表典型的とするような困った「アース・スター」ちゃん、気弱な「アース・エンジェル」ちゃん、面倒くさい「アース・エレメンタル」ちゃん達が集まってきていろいろと試練を与えてくれます。

 

皆、そのひとの魂のレベル、魂の年齢、魂の目的に応じて、ちょうど良い学びが与えてもらえているようです。

 

天界のもと、すべては平等なのですね。

 

 

あと、私も心がけていることなのですが、「怒りをため込まない」ということです。

 

気が優しい「アース・エンジェル」系の方々は、自己犠牲が激しく、すべて自分が原因、自分が悪いからこうなった、と思いがちで、自分を責めてしまい、魂の中に怒りを閉じ込めてふたをしてしまうことが多いのですが、それは、やはり不自然であり、無理をすうることになり、のちのち、それが病気となって現れてしまうことが多くあります。

 

または高齢になって、ひどい認知症になってから、ぎゅうぎゅうに詰め込んでいた怒りを爆発させ、暴言を吐き続ける方も多くいます。またはひどいがんになって全身から発散する方も多くいます。

 

怒りを無理に抑え込んでいるような方々を観ると、上品で優しそうな雰囲気を出していますが、顔色が土気色をしていて、声を押し殺しているようで暗く重く、慇懃無礼になり、とどのつまりは人から嫌われる無礼な言動になり、更に特徴として体臭が強いのです。

きっと抑えて隠しても内側からにじみ出てしまうのでしょう。

 

怒りは日頃から人に迷惑が掛からない程度に「小出しにしましょう」と常々、クライアントさま方にはお伝えしております。

 

怒り担当の天使を呼び、思いっ切り愚痴を吐き出すと、天使達はその真っ黒いエネルギーを専門の袋に閉じ込めて、ブラックホールに持っていって放り投げてくれます。

 

以前、うちの母もそういうタイプで、寝顔を見ると鬼の形相をしていて、押し殺している、と思っておりましたが、最近がすべて吐き出してせいせいした顔をしています。

 

何事もため込まないのが一番です。

保護されたオス猫ちゃん。2か月なのに600グラムもなく、ノミダニだらけで・・・はかない天使のような子でした。ベテランボランティアさんが保護してくださることとなりました。良かった!