jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

レインボウ・チルドレンのお宅に



 

まだまだ暑い日が続きます。

 

毎日、寒暖の差が激しく気温が上がったり下がったりで、人も動物さんも適応が大変ですね。

 

先日、こちらからご近所のお宅に旅立った「鈴木源氏2姉妹」の母上から連絡があり、

「姉妹がむせているけれども誤飲したかも知れないのでどうしましょう?」

とあり、早速

「それでは病院に連れていきましょう」

ということになりました。

 

Hさまの搬送をお願いし、

(Hさまの奥様はただ今、肺炎でご入院されてしまいました・・・こちらからの依頼がひんぱんであったため、ご無理がたたったのかも知れず大変申し訳なく存じます・・・天使の癒しを!)

姉妹を連れておおにし動物病院さんにお連れすることになりました。

 

久しぶりに会った姉妹でしたが、相変わらずの性格そのままの状態でお家で我が物顔にマイペースに過ごしているようでした。

 

以前と同じようにお姉ちゃんの方はおっとりとしていて、すでに母上が通勤前にキャリーバックに入れてくださり、そのままの状態で3時間も待っておりました・・・ごめんね。

 

妹の方は、木曾の山猿と噂されていたように・・・入り口から入ってきた私の気配を感じ、さっとソファーの下の隠れ家に潜んでいましたが、お宅にいらした次男さんと一緒に捕まえようとした途端に、山猿そのもののように縦横無尽に跳ね回り、ありとあらゆる高い場所にジャンプして逃げまくり、そこに置いてあるものを蹴落とすという大騒動を繰り広げてくれました。

 

お宅はとってもシンプルであまり物を置いていなかったため、それほど被害がなく、次男さんが、落ちたものを拾ったり、ソファーを動かした際に見つかった埃くずをさっと掃除機で吸ったりと、後ろでテンポよくスピーディに動いて、すかさず原状回復してくださいました。

 

冷蔵庫の上や神棚やクーラーの上を上がったり下がったりした、最後はクーラーの上で私に羽交い絞めにされ、次男さんの助けもあり、何とか洗濯ネットにねじ込むことができました。

 

掛かった時間は30分余り。大捕り物になりました。

 

その後はすっかりと観念して大人しく病院まで連れていかれ、大西先生に診て頂くと40度も熱があり、かなりの酷い風邪状態であることが分かりました。

 

姉妹とも微塵も動かずぶっとい注射器で点滴されるのを健気に耐えていました。

 

さすが!最強源氏一族!らくちゃんなど、すぐに泣き叫びおもらしをします。

 

原因はなんとなくお家で24時間汗かきスポーツマンの息子さま方の為に、作動しているクーラーのような気がし、「お家に戻ったら少し室温をあげていただけませんか?」とお頼みしました。

 

その次男さんとお話をしていると、本当に絵にかいたような良い子で、こんな子は親御様はとっても育て易かったろう、と想像されました。

 

公務員のご両親のもと、賢いDNAを受け継ぎ、良い子のお兄さんの次に良い次男さんがお生まれになったようです。

 

ご両親さまは転勤族であったそうですが、優秀な次男さんの為に、進学する高校を考え、今の場所に引っ越してこられたそうです。

 

地元で一番のトップ高に進学し、あまり塾にも通うことなく、体育系のクラブ活動でも3年間最後まで頑張り、そして現在は教員を目指して教育学部の国立大学に現役合格し一年生でいらっしゃるそうです。

 

お話をしていると、この方は世情を良く観察し、ちょっとダメな教育業界のことも達観し悟っていらっしゃり、それを見越しても、自分が高校の教員になって流れを変えたい、ということもおっしゃっていました。

 

話し方がまるで3,40代のしっかりとした男性のようで、手がまだぽっちゃりとして幼いところを除くと、まだ19歳とは見えません。

 

この子は魂の古い「アース・スター」の中の「レインボウ・チルドレン」のお一人だと感じました。

 

高次元の宇宙界にいらっしゃった賢者の方が、まだまだ未熟な地球人を見下ろし、再度人間になることを志願し、支離滅裂になっている教育業界を立て直す指導者になる、という大きな使命を担って降臨してこられたのでしょう。

 

これからの学校に一筋の輝く明るい光を感じました。

 

(学校現場の欲望にまみれた醜い大人たちにつぶされませんように・・・かつての私のように・・・まあなんとかなるかな、へろへろだった私と違ってこの子なら・・・)

 

しかし、このご家族はこれまで優秀で手の掛からない男の子2人のご家族さまで、さぞかし穏やかで平和であったでしょうけれども、こちらから譲られた養女たちが、やんちゃなヤンキー族であり、ご両親さまにとっては初めての大変な経験をさせられているような気が致します。

 

手が掛からない育てやすい子達ばかりでは、ご両親にとっては学びが少なかったであろう為に、こちらから、かなり大変な手のかかる子たちが派遣されたのでしょう。

 

次男さんも、実際の教員になる前に、ヤンキー女子を手なずける訓練をさせられることになって良いトレーニングになることでしょう、と勝手に期待をしております。

 

今回の鈴木源氏5兄弟姉妹は、皆、揃いにそろって良いご家族さまのもとに旅立ち、本当に奇跡のようです。

 

粗削りで野性味の強い子達であった為に、もらってくれる人達が現れるか、案じておりましたが、天界は奇跡を起こしてくださいました。

 

5兄弟姉妹も、良い環境の優しいご家族さまのもとで順応していったら、良い影響を受け、とげとげしさがマイルドになり、必ず穏やかな良い子になっていくことでしょう。

 

天界の奇跡に感謝

 

7月下旬の頃の鈴木一族

 

飲み物を皆さんに購入したら「444円」になりました。天使降臨ですね!