jupes jupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

5月になりました


今朝は、昨日から一日降り続いた大雨のおかげですっきりとしたさわやかな五月晴れの朝を迎えました。

 

地球さんの大自然は人を決して裏切りません。

 

天候に人間はあらがえず、時に立ち直れないほどダウンさせられた直後、今朝のまばゆいひかりのように、優しく手を差し伸べられ、癒され、復活させられます。

 

人は地球さんの大自然に翻ろうされ、これでもか、これでもか、と打たれ、太刀打ちできないと知らされ、観念すると、そっと大きく手を広げ受け入れ、慰めてくれる、ように感じます。

 

 

最近よく浮かんでくる言葉が、「期待はしない」でも「希望を持つ」です。

 

確かに他力本願な期待をしても、結果はいつも裏切られます。しかし、それで、まったく希望を失うことは、生きる意味もなくなりそうです。

 

自分の内側をいつも見つめ、地球に来ているのは何が目的なのか?目標は何?と常々うかがいを立てます。

 

そう聞いていると、ふっと次元が変わり、ここが地球ではなくなり、光のスポットライトの中でステージで独白している自分になります。

 

私の場合はばくぜんと

 

「人間界の卒業、光に戻ること、天界を目指すこと・・・」

 

と宣言している自分が浮かび上がって参ります。

 

そうすると、厳しい現実の中でも、逃避の世界かも知れませんが、身が軽くなり、目の前に起きている様々なことがどうでも良いこと、と思えて参ります。

 

 

今は、毎日毎日、ネコ様方を通して、鞭打ちの刑に処せられているほど、厳しいことが起きて参ります。

 

今は、お隣のH市の無法地帯、長年にわたって放置され続けていた農家さん方のネコを無責任に繁殖させ続けた現場に携わってしまっております。

 

こちらの市でもそういう場所が数多くあり、6年間以上掛けて、ようやく鎮火してきたかと思っていましたが、やはり手つかずの隣の市の方までやらざるを得ない状況に陥らされております。

 

これも天界のミッションでしょう・・・

 

良いことは、数年間にわたり、私を翻弄してきた「かなり精神を病んでいる女性達」が、私に対して突然、爆発するように怒り出し、自爆して去っていく現象が、次々に起きている、ということです。

 

その方々は、その奇妙奇天烈で、我がまま勝手な振る舞いによって、他の誰もが相手にしなくなり、あまりの寂しさと惨めさで、震えて吠えている老犬のような状態のところで、私に出会ったような方々でした。

 

誰よりも忍耐強い(自称)私でさえ、うーん、と唸るような方々でしたが、ネコがらみがあり、放っておけずにできる限りの手助けをしてあげよう、と、何も言わず、淡々とその方々の暴言を受け止めながら、なんでも引き受けて参りました。

 

それで向こうは調子に乗り、私を使用人のように尊大な態度で使いまくり、見下し、馬鹿にしまくって参りました。

 

皆、私の悪いところをずっと非難して参りますが、もう何もないと分かるといきつくところでは、私の職業を非難するようになるのです。

 

昨日の人も「悪魔を使ったオカルトの仕事をしている」と非難し、周りの人たちに吹聴し、私と関わらないように、と助言をしておりました。

 

しかし、今ちょうどやり取りをしているネコ関係の方々は、私ともしょっちゅう、連絡を取りあっていたため、その方の暴言をたしなめてくださいました。

 

どんな職業においても、それを生業として皆、生きているのですから、差別することは許されることではありません。

 

その人も自分で最後の切り札であった私を自らの感情の爆発によって、切り捨てて参りました。

 

私は心底ほっと安堵致しました。

 

これで朝から晩まで、時間に関係なく電話をしてきて、あらゆる人の悪口を言う、嫌な言葉の数々を聞かずにすみます。またしょちゅう、無理難題を吹っかけてきて、手伝わせてくることもなくなる、と思うと、肩の荷がおりました。

 

その女性達は、皆、ネコにかかわっており、そして、脳のご病気である兆候が見られていたために、気の毒でむげに断れなかったのですが、向こうからばっさりと私を断ち切ってこられたため、これで正々堂々と、電話をブロックできます。

 

その気の毒な女性達にも天界の天使を派遣致します。

 

ネコさん達にだけは餌を与え続けてください!それだけを願います。

 

無条件に愛を与えてくれる可愛い無邪気なネコさん達への餌やりでご自分を慰めているのでしょうから、それだけはお続けください。

 

すべては天界の思し召しと心得ます。

 

今は、昨晩まで15,6匹捕獲したネコさんのうち、10匹のメスが授乳中であったことが分かり、その生まれてしまっている子ネコ達をどう捕まえるか、また、どう保護するか、だけに悩もうと思います。

 

頭が痛いことです。

 

でも、ネコさん達に罪はありません。

 

それを放置していた人達は罪深いことです。

 

そこにいるネコさん達は皆、とっても健康状態が悪く怪我病気、奇形の子ばかりです。

 

本当に人間はある種の悪魔だと思います。

 

天使を派遣し、ネコさん達を守って頂こうと思います。

 

すべての存在に天界の最高最善の愛と光を

 

白黒、


三毛ネコ、さびネコばかりのエリアです・・・