jupes jupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

7月の新月おめでとうございます!

 

本日、7月6日は新月ですね!

 

2024年も半分過ぎて、後半に突入致しました。

 

新たなるスタートの日にパワーを感じます。

 

今日はかに座の新月と重なってもいるということです。

 

なんだかおめでたい感じがします。

 

今朝も梅雨の時期とは思えないほど、強烈な太陽が地上に容赦なく照り付けております。

 

今年の前半戦はなかなかの苦行がございました・・・これも天界から与えて頂いている課題テストであると心得て有難くお受けしております。

 

それでも、世界の中では日本に生まれ育つことは、外の国から観たら、とてもうらやむべきことだと想像できます。

 

日本人は人に対してたいていの方々は情が厚く親切で穏やかで優しいと思います。

 

オセアニアなどの白豪主義で排他的な国で厳しい扱いを受けた経験のある私自身からしたら、日本人の無報酬で無償の親切な行為は信じがたいほど、素晴らしいと感動することが多々あります。

 

それでも、時々は人間て冷たい、残酷・・・と心の内で嘆くこともあります。

 

昨日も、市役所に、私を失脚させようとしている人からの密告があったようで、呼び出しをくらいました。

 

密告をした張本人がどなたなのか、よく分かっております。

 

もう4,5年も前から、こちらは一生懸命お手伝いをしたり話を1日中聞いて差し上げていた人です。

 

第一印象から、その言動や目つきですぐに、この方は脳の障害があるのだと明らかに

分かっていたのですが、そんなハンディがありながらも、ネコちゃんに餌を与えたり、保護したりして偉いな、と思い、できる限りお手伝いをして差し上げていた方でした。

 

 

これまでも私は、こちらが心底親切にしていたと思われる方々から、こっぴどい仕打ちをされることは多々ありましたので、このような裏切り行為には慣れています。

 

心理学的にも、発達障害などのある脳の疾患のある方々は、自分にとって一番身近で一番親切にしてくれる人を、突然攻撃するような行為に出て、ある種、お試し行動などをすることが多いのです。

 

それもその方々の特徴です。

 

強すぎる自己中心的承認欲求、自己顕示欲、身の程知らずのくせにプライドの塊・・・のような方々の仕業です。

 

もう笑って許すしかありません。

 

 

 

よくある事件でも、事件を犯した発達障害系の方が釈放中に一番親身になってくれている保護観察の方を殺してしまった・・・というものがあります。

 

おせっかいな我が母も、いつもいろんな問題のある人達のお世話を買って出たあと、こっぴどい反撃に遭ってしまい、私に度々愚痴っておりました。

 

私はそんな親切心を裏切るような輩を相手にしてはいけない、と母に苦言を申しておりましたが、母は、生まれながらの、見て見ぬ振りができないおせっかい人生を送っているため、いつもこっぴどい仕打ちを受け続けております。

 

私はそんな母を苦々しい思いで見ておりましたが、ふと気づくと自分も、つい、母を真似をして、似たような失敗をやらかしていた・・・と気づきます。

 

何度裏切られても、つい条件反射のようにやってしまいます。

 

特に私の場合は、人間にはまったく優しくありませんが、ネコさんに餌やりをしている人に関してだけは人を放っておけなくなるのでした。

 

今回も、その密告している方は、ありとあらゆる行政機関やボランティア団体に私の実名を知らせて

 

「不正をしている、悪魔の儀式をしている人間、危険人物」

 

と名誉棄損並みに誹謗中傷と風評被害をもたらしているということです。

 

しかし、その当人に接したら、すぐに、その方が、脳疾患の持ち主であると分かってしまうと思います。

 

私は何もせずに天界にお任せをして、堂々としていることに致しました。

 

心の中では憎らしくふてぶてしく図々しい人間は嫌だ、と舌打ちをした後、近づいてくるネコちゃん達のふわふわの毛で慰められております。

 

PS ご心配を頂いておりましたが、市役所の方々はまったくの新人様方で、

 

密告の内容さえも、よく分からない・・・と言った感じでした。

 

こちらの身の潔白は分かってくださったようです。

 

感謝感謝!

 

すべての地上の存在に天界の最高最善の愛と光を

 

 

アマゾンで注文した、ハッカ油と竹酢液を2対1で割って全身につけると最強の蚊よけ対策にもなり、また痛いほどの清涼感を味わえます。