jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

グレーテルとミケルは。。。


グレーテルとミケルを受け入れてくださったKさまにその後のご報告を頂きました。

聖母マリアKさまご夫妻有難うございます。感謝申し上げます。


初日は、2猫とも隅っこに入り込み出てこなかったそうです。

そしてグレーテルはなんとお仏壇の最上階に入り込んで良い感じでいたそうです。ご先祖様方もお許しくださっていらっしゃいます。すみません。。。

ミケルもドアの隙間に入り込んでいたそうです。盗塁滑り込みの天才ミケルは何度、何度頭を挟まれそうになったことでしょう。

こちらの猫ハウスに来た当初もグレーテルとミケルは数日間はそんな感じでした。

その後、持ち前の図々しさと厚かましさで一気に元通りの大食漢でユーモラスはパフォーマーになりましたので、大丈夫でしょう。

先日、鳥取のKさま方が3日間2猫たちの為に通ってくださり、またこの出会いの不思議なお話をしてくださいました。

Kさまと私の記憶でこれまでのプロセスをたどってみると・・・

12月22日

鳥取のKさま(現在グレーテルとミケルのお母上になられた方)が小平の私のセラピーをお受けくださいました。

その時、私がKさまが身に着けていらしたとても素敵なグレーのスカーフにくぎ付けになり、「こちらでこれから保護する猫ちゃんを受け入れてくださいませんか?その子の名前はグレーテルと言います」
と言ったそうなのでした。Kさまはそのグレーテルという名前に強い印象を持たれたそうです。しかしまったく猫ちゃん達を受け入れることなど考えられなかったそうでした。

12月23日

3猫ちゃんの捕獲を決行。

その日は予定外だったグレーテルが現れ、最初にグレーテルを捕獲することになりました。予定外であったので、キャリーバッグではなく段ボールに押し込むと、グレーテルは段ボールを頭突きで突き破り外に出てしまいましたが、なぜか逃走せずに、段ボールのそばでぼんやりと再度捕まるのを待っておりました。

23日は、その鳥取のKさまの息子さまのお誕生日であったそうです。



元旦の日とその翌日

鳥取のKさまのご主人さまが大きな猫ちゃんグレーテルの初夢を見たそうです。そしてその翌日も同じようにあったこともない、グレーテルの夢を見たそうなのでした。

2月下旬。

鳥取のKさまの息子さまが東京に出張で来られました。2猫ちゃん達には会う余裕がございませんでしたが、2猫ちゃんのパワーは徐々に働き始めており、息子さまは大きな契約を結ぶことができたそうでした。

3月3日

もういよいよ2猫ちゃんを受け入れるしかない、というお気持ちが高まっていらしたKさまご夫妻が東京に来られました。

ご主人さまのお仕事関係の御用があったそうなのでした。

偶然にもこの日はご主人さまのお誕生日であったそうです。

この日、Kさまご夫妻とグレーテルとミケルが初対面されました。

Kさまはグレーテルに会った瞬間に、息子さまと瓜二つ!と思われたそうです。

顔の特徴も体つきも見れば見るほど似ている、とのことでした。

3月4日

瞑想会

Kさまもご参加くださいました。そしてグレーテルもミケルもすっかりとKさまになじんでおりました。

3月5日

遂に鳥取へと旅立ちます。

ミケルは朝からソワソワとしていて、私に今までにないほど、異常なほどすり寄ってきておりました。

外は大荒れの台風のような気象状況になっておりました。(何か初めてことを起こす時に大荒れの天気になることは幸先がとても良いことを表わしております)

ミケルは出発前になかなかトイレに行かなかったので「12時半までにトイレにいっときなさいよ」というと、本当に12時半ぴったりにトイレを済ませたのでした。

これにはKさまも驚きを隠せませんでした。

そしてタクシーにて空港まで行きます。グレーテルとミケルは、とってもおりこうさんですべてを悟り静かに瞑想をしておりました。

空港では大荒れの気象状況でしたが、奇跡的に飛行機が飛ぶこととなりました。

以前も、このような荒れた天気の時は欠航が相次いでおりましたので、本当に奇跡のような出来事です。

2猫ちゃん達は生まれて初めて空を飛んだのでした。

しかも大荒れの空に。

しかし上空は美しい青空が広がっていたそうで、まさに天使達からの祝福を受けていたのでした。


そして到着をすると、予想外に多くの方々からの歓迎の洗礼を受け、グレーテルとミケルは固まってしまっていたそうです。

しかし、夜中にはこっそりとパトロールを初め、ちゃんとご飯も盗み食いをしていたそうでした。

ゆっくりですが、着実にご一家に溶け込もうとしているようです。

すべて、去年の6月に我が兄が亡くなり、そのことで弟がパニックを起こし入院し、その入院先の病院に私が毎日通う為に、今まで通っていなかった道を通ることになり、この4猫ちゃん達に出会ってしまったことから、すべてが始まりました。

本当に偶然ではない、すべて必然のプロセスが人生にはあるのですね。。。

天界の御計らいのご計画、そしてまったく覚えてはおりませんが、自分で計画してきた人生設計にぴたりとはまってしまった日々でありました。

最後の日 ↓
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

大荒れの空模様 ↑


がらんとしてしまった部屋・・・↓
イメージ 7