jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

天使かルシファーか


猫ちゃんからのお試しが続いております。

最近、よく思うのですが、猫ちゃん達は癒しの天使のお役目もしているけれども、同時にルシファーのような気づきのお役目もしているのではないか、ということです。

天界から、人に気づきと成長を与える為に、天界がこのタイミングでこの人に!という時に、ピンポイントで猫ちゃんが降りてくることが多いのです。

先日のごみの山の中のファラオ君もまさにそうでした。

一匹だけぽつんとおり、母猫の姿も他の兄弟猫の姿もいっさい見当たりませんでした。

まるで上からピンセットでつままれてそこに落とされたような感じです。

しかし、猫ちゃんの可愛さの魅力と魔力に翻弄され、我と我が身の環境を忘れて無我夢中になり、振り回されてしまい生活もすべておろそかになってしまったら、これはルシファーの思うつぼであると思います。(こういう方々が周囲にたくさんおります)

猫ちゃんがらみのことでは、結構、人間は翻弄されて振り回されてしまいがちです。

それを「これはルシファーのお試しか?」と気が付き、自分で全部請け負うとはせずに、要領よくいろんな人の協力を得て、力を分散していけば、ルシファーが天使になっていくはずです。

天使になった猫ちゃん達は本当に癒しの優しいエネルギーをくださいます。

そして、自分のご主人の苦しみも、病のエネルギーも吸い取ってくれる自己犠牲のかたまりのような存在になります。


猫ちゃん達を飼う時、一頭飼いよりも、2匹以上で飼う方がより良く、そして、ご家族同居の場合はご家族ひとりにつき一匹飼いがお勧めである、というのは理由があります。

もちろん、猫ちゃん同士でしか分からない世界があり、人がいない時などは、ずっと遊びながら会話を楽しみ、人のうわさ話をしております。

そして慰めあって、いたわり合うこともしております。

そしてご家族の同居の時は、最初から自分はご家族の誰の担当であるか、というお役目を感じ取って知っており、自分とご縁があり、エネルギーの合う家族を選んで担当し、その方を必死になって守り癒します。

もし、独居で一匹飼いか、もしくはご家族の中で一匹だけしか猫ちゃんがいなかった場合、一匹で一人を、または全員を癒し、苦しみのエネルギーを吸い取らなければなりません。

それで一匹だけの猫ちゃんは、結構、病気になりがちになるのです。

仲間が多ければ多いほど、ネガティブエネルギーを分散できますから、その方が良いでしょう。

また猫ちゃんは飼い主を選ぶようです。

人が猫ちゃんを選ぶと思いがちですが、絶対にそんなことはないと、私の観察でも分かって参りました。

猫ちゃんの方が受け入れてくださる飼い主さんを選んでいるようです。

こちらでも、何度も猫ちゃんと里親さん候補の方々とお見合いをして頂きましたが、猫ちゃんが受け入れてくださる里親さんを選ぶ時、瞬間に顔が変わり、態度もこれまでとは全く異なり、その里親さんとそっくりな顔に変身します。

反対に人が気に入っても、猫ちゃんの方が気に入らなかった時、里親さん候補の方になんらかの飼えなくなるような支障が出るのです。

猫ちゃんのような感情が繊細で、情も厚く、スピリチュアル的で、性格も人間のようにはっきりと分かれる動物さんは他にいないかも知れません。


イメージ 1

イメージ 2

自分の子ではないファラオにお乳を与え、排せつも促してあげている健気なイシスさん。お母さんを取られたことも怒らず一緒に見守る素晴らしいお兄さんのホルス君。

イメージ 3

まだ汚れていますが、きれいになったら、ものすごーく西洋人風美男子になるであろう、ボブ君

イメージ 4

おまけ

イメージ 5

Sさんがファラオ君を病院に連れて行ってくださったところ、なにも問題なく健康体であるとのことでした。

良かったです。