jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

リセット、リリース、手放し、解放・・・



今月11月のキーワードは

リセット、リリース、手放し、解放 reset, release

でした。

イメージ 2


大きなものを手放して、ふっと軽く楽になり、再スタートを切る感じです。


手放すということは、人にとってとても難しいことのようです。

魂の癖、思い癖、性格、性質、思考パターン、行動パターン・・・

もともと持っていたもの、そして努力して得たもの・・・

自責の念、劣等感、またはプライド、優越感・・・

手放す勇気を持つ時には、大きな恐れが生じます。

たとえ、ネガティブなことであっても、例えば、病気でも、嫌な人間関係、または嫌な会社であったり、前に進めない状態であっても、その状況状態から離れるのは、大きな決断が必要ですね。

断ち切ってしまえば楽になると分かっていても、それができず、延々と同じところをぐるぐると回ってしまう。それが人の常のようです。

それがもう煮詰まってしまいどうしようもなく焦げ付きガチガチになってしまった時、どうにもこうにも動けなくなってしまった時、なにがなんでも断ち切らざるを得ないような大きなことが起きることがあります。

それが周りから見たら、気の毒な悲劇のように見えること、例えば、事故、ケガ、病気、決別、離婚、離職、自己破産、倒産、そして死・・・
(実は、私の周囲でこの11月の間に身近で起きた、または身近で聞いた出来事でした)

これらのことは実は、すべて自分自身の中のハイヤー・セルフが、天界のマスター達と相談をし、天使達を総動員して起こす出来事のようです。



2018年は「2」の年でした。

11月の1と1を足したら「2」になりますね。

「2」はソウル・ファミリー達との協力、和合が強まるという意味もあります。

イメージ 3

イメージ 4


ソウル・ファミリー達の間でも、急速に親しく仲良くなって結束を固めたにもかかわらず、すぐに終わりと別離が訪れるということもあります。
(私も身近で猫ちゃん活動をしている方々との間で、そのようなことが起きておりました)

「2」の年に精霊のみ使いである2にゃん達も大いにそれらの手伝いをしてくださったように感じます。



私の猫ちゃん活動もたぶん「53」匹の猫ちゃん達の捕獲保護を終えた頃から徐々にフェイド・アウトしていく感じがあります。

53という数字も何か大きな意味があったのだと思います。

去年の11月頃から、絶対に何かに入られて取りつかれたようにがむしゃらめちゃくちゃ、訳も分からずに取り組んできた猫ちゃん活動ですが、ある程度はそのミッションを終えられた気が致します。
(巻き込んでしまった皆さまにはご迷惑をお掛け致しました)

私の中に入っていたたくさんの存在達が、周囲の100人位の方々に分散していく感じがあります。

この一年で100人位の人がやるような猫ちゃんの捕獲を一気に一人でやってきたのですが、もう100人さま方は解散!かな、と思います。

少々肩の力が抜けて参りました。

後は皆さまヨロシクオネガイイタシマス・・・


無責任にではなく、責任を持って

リセット、リリース、手放し、解放 reset, release

でございます。

イメージ 1