jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

Happy Valentine!


Happy Valentine

聖ヴァレンタインデーおめでとうございます。

聖人のお祝の日です。 

祝福すべき日です。

そんな日もまた猫ちゃん関連づくしの一日でした・・・

今日は、朝から2猫雄ちゃんをもといた畑に帰しました。

キジ白の兄弟だったようです。ちょっとケガをしており、また風邪気味だったのが気になります。

なんとか畑周辺で元気でいて頂きたいです。


こちらのことが終わったと思ったら、公園の餌やりの老ご婦人よりお電話があり、近くで朽ち果てそうな家があり、そこでものすごい数の猫ちゃんが屋根にいるから見に行って欲しいという依頼がありました。

またも問題が、とどんよりしながらも見に行くとその言葉通り、朽ち果て、崩れ落ちそうなお宅の2階の屋根に三毛猫ちゃん達がずらりと日向ぼっこをして、こちらを興味津々に見つめておりました。

明らかに女の子ばかりです。

老ご婦人が現れ「なんとかしてやって・・」と振って来られます。

ご近所の方々も次々に出て来られ、「この家の住人は困った人だ・・・猫をなんとかして欲しい」と懇願されてしまいました。

老ご婦人もご自分でも責任を感じられ、私を近くで以前猫ちゃんボランティアをしていらした方々のお宅に私を連れてご紹介してくださいました。

1本の道筋に4軒も、猫ちゃん達を保護していらっしゃる方々がいらっしゃいました。

その方々に老ご婦人は「この人全部抱えちゃって気の毒なのよ~助けてやって~」と私をご紹介してくださいました。

しかし抱え込ませているのはいつもあなたでしょ!と突っ込みたくなりましたが、それは抑えて、控えめに助けを乞いました。

しかし、皆さまはこれまで大変な思いをして猫ちゃんを捕獲し保護して来られ、もうすでに力尽きてしまった方々ばかりであり、もうこれ以上は活動できないと仰られておりました。

そのお気持ちはよく分かります。

しかし、安心したことには、去勢避妊をした猫ちゃん達に同じ道筋の方々皆さんがご飯を定期的に与えてくださっていることや、ちゃんと衛生面も考えてきれいにしていらっしゃることを拝見し、良かったと思いました。

またあるお方はご自分の駐車場で餌やりをすることを許可してくださり、自由に駐車場も使って良いとおっしゃってくださったことです。

本当にそれだけでも十分過ぎるほど有難く思いました。

問題の家の猫ちゃん達のことをどうするか、頭を抱えてしまいましたが、猫取り名人のMさんにご相談したところ、「いいわよ!どんどんやりましょう!」と捕獲を快諾してくださいました。

本当に颯爽とした恰好良いジャンヌ・ダルクのようなお方です。

そして夕方から、その問題の家に捕獲器を仕掛けると早速、三毛ちゃんを捕獲できました。

イメージ 3


次々にいけるかな、と思っている矢先に、問題の住人の方が突然帰って来られ、皮肉やら、文句やらをぶつぶつと言い始めました。

やはり噂通りのユニークな堅物のお方でした。

Mさんと共に穏便に穏便になだめすかして事なきを得ました。

しかし、その70代くらいの男性は両手にいっぱいのキャットフードを買って来られており、2階のベランダに上がると「みーちゃん、みーちゃん」と甘ったるい声を出しながら、三毛ちゃん達にフードを与えておりました。

玄関からちらっと家の中の様子が見えましたが、思っていた通り、物が玄関まであふれ出しているいわゆるごみ屋敷のようです。


なんだか今日はまるでテレビドラマを見ているような不思議な一日でした。

もうこの奇妙奇天烈な現状を面白がるしかない、と決めました。

悩んでいても事は進みません。もう与えられたミッションは遂行していくしか他にないと思いました。

確定申告のついでに領収書を整理していると昨年は猫ちゃん活動資金は知らない間に340万円も使っていたことが判明し、まためまいが。。。でもよくできたな、と天界の奇跡を感じております。

今年はなるべく市の助成金も頂き、自己資金をなるべく抑えようと願っております。

今回も「餌だけやって避妊去勢手術を怠り無制限に増やしてしまう方の後始末」をする破目になりましたが、微力ながら地域の住民の方々の意識を少しでも改善して頂き、啓もう活動ができたら、と思います。


イメージ 1

            僕たちのことも忘れずに!

イメージ 2

               仕事もしてよ!