jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

ゴルフ場の仔猫ちゃん達

昨日は4匹の仔猫ちゃん達のうち、一匹をブランコの松本さまのご紹介で里親さまのお宅にお届けして参りました。

 

里親さまはブランコさまのお隣の居酒屋さんのご常連さんということで、信頼できるお方でした。

 

今まで11匹の猫ちゃん達を飼っていたところ、6匹が亡くなってしまい、ほとんどが高齢の猫ちゃんであり、その内の若い3歳の子の遊び相手を探していらっしゃったということです。

 

猫ちゃん育ての大ベテランさんで扱いも手慣れたものでした。

 

連れて行った雄猫ちゃんはまるで魔法にかかったかのように、あっという間に、その方の膝の上でくつろいでしまいました。

 

松本さま、ありがとうございました。

 

まずは一匹。残りは3匹です。

 

必ず、最高最善の里親さまが見つかることでしょう!天界の奇跡を!

 

その後、ねこだいらさまのT.N.R.のお手伝いでゴルフ場の駐車場にいついてしまっているという6匹の猫ちゃん達の捕獲保護に向かいました。

 

その中にはまだ生後4,5か月とみられる仔猫ちゃん達もいて、胸が痛くなりました。

 

皆やせ細っていて、目も悪く、本当にもっと早く保護していたら、と辛い思いをしながら捕獲しておりました。

 

皆、疑いもなく、お腹が空いていて、すんなりと捕獲器に入っていくのを見るのもまた辛いものでした。

 

6匹のうちの4匹を捕まえていたところ、なぜか、そこに満面の笑みをたたえた従業員のユニホームを着た男性が現れました。

 

その方もすでに6匹の猫ちゃんを飼っている猫愛の強いお方であり、実はこの仔猫達のことがずっと気になっていて仕方なかったということです。

 

皆でわいわいとしゃべっていると次から次へと従業員さん達が集まってきて、不思議と吸い寄せられるように猫好きな方々ばかりで、なんとか皆保護してあげられないか、というお話に発展していきました。

 

支配人も通りかかりましたが、ゴルフ場という会社の経営上、ここに猫はいて欲しくない、でも殺処分はしたくない、という板挟みのお気持ちを訴えて来られました。

 

ゴルフ場というのは、精霊さん達がもっとも忌み嫌う場所なのです。もともと、精霊さん達が住んでいた自然界の山や野原を無理矢理切り開き、農薬をまき散らし、人工的な人間の遊技場を作った場所です。

そこにちょっと傲慢なマナーの悪い人も来たりして、パットで芝生を叩いたりします。

そういう姿を精霊さん達は怒りと憎しみの念を持って見ています。

 

そこで、精霊界のメッセンジャーである猫ちゃん達を派遣し、大いにそこを汚させて復讐したりするのでしょう。

 

しかし、それをまた人間達は目の敵にしてしまいます。

 

気の毒なのは、中間にいる猫ちゃん達です。

 

両方から責められ、辛い思いをしながら生きています。

 

f:id:jupesjupes:20200713145543j:plain

ゴルフ場駐車場

 

ここの猫ちゃん達に天界の奇跡を!

 

 

 

 

仔猫ちゃん達 2

この2カ月の間で8匹の仔猫ちゃん達が入れ替わり立ち替わり、やって参りました。

 

毎日、朝から晩まで運動会で、玉のようにころころと転げまわり、笑わせて頂きました。

 

ただ、本当に困ったのが、皆なぜか、機械のものに入り込むのが好きなのです。

特に洗濯機の下から内部に潜り込むのが好きで、ある日、洗濯機の蓋を開けたら、ドラムの横からにょきっと、シマシマのジョー君の頭が出てきて驚かされました。

 

きっとひんやりとした秘密基地みたいな感覚であったのでしょう。

 

よく車の内部にも入り込んでしまう仔猫がいるというのもうなずけます。

 

怖いですね・・・

 

仔猫達がいた2か月間、私は仔猫達にできることは、「最大限に甘やかすこと」のみに徹しておりました。

 

人間と人の家に慣らし、人は怖くないと教えようと思い、どんないたずらをしても、粗相をしても怒らず、ほめちぎり、一緒に遊びまくり、仔猫と同等に成り下がっておりました。

 

結構仔猫ちゃん達は、幸せであったのでは、と思います。

 

ただ、私の部屋が・・・今までにないカオス状態になっておりました。

 

物はあちらこちらに飛び散り整理整頓しようがなくなり、最後はなるがまま、そのままにしておりました。仕事道具のベルも彼らにとっては、最高に面白く音が出る転がしがいのあるおもちゃと成り下がり、いろんな場所で発見されました。

 

昨日、コピー機の下を掃除したところ、おもちゃのねずみが4個、悲惨な形で出て参りました。

 

お風呂場は、猫トイレとなりそして寝床はなくなり、2か月間、私は仔猫達と共に床に転がって寝る日々でした。

 

まるでサーカスかお祭りか、の日々でありました。24時間こちらもアドレナリンが滲出しっ放し、という感じでした。

 

仔猫預かりは、まるで孫の訪問のようですね。よく皆さんがおっしゃる「孫は来て良し帰って良し」という感じです。

 

しかし、里親さま方からはお喜びのご報告があり、嬉しい限りです。

 

サーカス小屋にした甲斐があったというものです。

f:id:jupesjupes:20200713141004j:plain

ちょっとまだ緊張気味なジョー君

 

f:id:jupesjupes:20200713141329j:plain

たくさん食べてますね!

 

あと、里親探し、3匹残っています。

 

頑張らねば

 

f:id:jupesjupes:20200713141525j:plain

可愛いですよ

 

仔猫ちゃん達

愛しのエイミーちゃんが天使界に戻ってから、3日経ちました。

 

もう3年くらい経ってしまったかのような、あの日々は幻であったかのような感覚があります。

 

確かに、あの手のひらサイズで羽根のように軽く、ぬいぐるみのようにつぶらな瞳の愛らしい顔の仔猫はここに16日間、存在していたはずなのですが、ずべての痕跡を消して去ってしまった為に、あの怒涛の日々は夢であったような感覚に陥ります。

 

一時は動物園のような獣臭が漂っていて、エコロジストの方には申し訳ないほど、消費した汚れたペットシーツのゴミの山であったはずなのですが、捨ててしまうとすべてが一瞬のうちに消えてしまったようで、あとには、私のハートチャクラに小さく温かいハートをひとつ残しただけとなりました。

 

やはりエイミーちゃんはもともと天使であったのでしょう。

 

もうすでになんの思いも感情も感じません。

 

人間の死に際しては、ものすごいほど、重たいものを残していくと感じるのですが、動物さんの死の際、魂は清らかで純粋で軽く、地球にまったく何も残さないのです。

 

生徒さまのFさまもがおっしゃった「動物さんはまるで木や葉っぱのように呼吸するように生まれて死んでいくのですね」という言葉が素敵でぴったりだと思いました。

 

 

亡くなった動物さん達とは反比例して、旅立たれた方の人の思いや感情は強く残る為に、ペットを亡くした方々の精神的な苦痛というものは、深く傷つき辛く悲しい重苦しいものとなりますね。

 

亡くなった動物さん達は、天界の光で清まった後で、もれなく愛する飼い主さまの守護天使となり、飼い主さまを温かく見守り続けるのですが、飼い主さんがいつまでも嘆き悲しんでいると、困った顔をしながら、そっと寄り添い続けることになります。

 

愛するペットさまを亡くした方々が、ペットロスになって精神を病んでしまうことがよくありますが、亡くなったペット様達が、もれなく守護天使となって側に寄り添ってくださっていることを知ったら、もっと楽になるでしょうね。

 

動物さん達にとっても地球で3次元の肉体を持ち、食べて生きていかなくてはならないということは、本当に大変なことです。

 

亡くなってしまえば、光の中でまったく重みのない軽やかな魂となりますから、ずっとずっと幸せです。

 

ただ、仔猫ちゃん達を見ていたら、この地球に生まれ出たことが嬉しくて嬉しくて仕方がないという感じで、跳ね回って全身全霊で悦びを表わし、自らの誕生を祝福しているかのように見えます。

 

目の前にある、すべてのものが新鮮であり、遊ぶおもちゃであり、とにかく楽しくて面白くて興味津々でワクワクで仕方がない、地球のすべてのものが自分にとっての贈り物、という感じに見えます。

 

見ているこちらが楽しくなってしまうような、穢れなき疑いのないものたちです。

 

そのまま何もなく楽しいまま一生を過ごせたら、なんと地球は尊い場所なのだろうと思います。

 

あの仔猫達のような感覚を、少しでも見習って真似できたら幸せだと思います。

 

また人間界に疲れた人達は仔猫を保護して育てたら幸せを頂けるだろうな、とも思います。

f:id:jupesjupes:20200713134611j:plain

エイミーちゃん

 

f:id:jupesjupes:20200713134714p:plain

ジョー君と

 

 

天使になったエイミーちゃん

 

皆さまにも応援して頂いていましたエイミーちゃんが昨晩21時40分、天使の世界に戻って行きました。

 

とても安らかで軽やかな最期でした。

 

今にも壊れそうにはかない小さな小さな命でした。

 

一週間ほど前に天界から「あと一週間、1週間。買ったおむつはもう要らない・・・」というような声が聞こえてきていました。

 

私はそれをなんとかポジティブに思いたく「あと1週間で、エイミーちゃんのお腹の調子が良くなりおむつが取れる・・・最高最善の方向に最高最善の方向に・・・」と唱えてできる限りのお世話をしておりました。

 

それがちょうど本当に1週間後に天使になることなんて、考えたくないことでした。

 

なんとなく、エイミーちゃんは私を気遣って私をお世話から解放してくれたのでは、と感じます。

 

確かに、エイミーちゃんのお世話はこれまでにないほど大変なものでした。

 

大腸も小腸も筋力がないのか、来た時からずっと排泄がうまくできず、ずっと尿も便も自然に出てしまうようで、部屋中、あちらこちらに水たまりができてしまっていました。

 

そして身体じゅうべっとりとそれをつけてしまい、部屋中に小さい足跡をつけていました。

 

その匂いが結構、野性の獣のような臭いで部屋が動物園臭で満ちてしまっていました。

 

また圧迫しないと固まった便の排便ができず、3時間おきにお腹を押し出して排便させないといけないのでした。

 

でも私は結構その作業は嫌ではなく、押すとにゅるっと出てくる便を見て、達成感を覚えながら楽しんでやらせてもらっていました。

 

しかし、これをこの子の一生涯できるのか、と言ったら、正直にいうとちょっと将来に不安も覚えてもおりました。

 

エイミーちゃんは、いつも申し訳なさそうな瞳で、じっと私を見上げて、か細い声で

「ごめんなさい」と言うように「ミーミー」と鳴いて、私の膝に飛び乗ってはゴロゴロと喉を鳴らし甘えながら寝てしまうのが常でした。

 

 

 

そんなエイミーちゃんは、亡くなるちょっと前にエイミーちゃんはものすごい奇跡を起こしてくださっていました。

 

 

4匹の仔猫が産まれてしまって困っていたおじいさん宅の仔猫達の募集をしたところ、すぐにとても良い感じの方からのお問い合わせがありました。

 

しかし、もう仔猫を一匹引き取っている為に、どうしても一匹だけ譲って頂きたいとおっしゃいます。

 

おじいさん宅の一匹だけを選ぶのはなかなか難しく、ふと、ジョー君を見ると、目で何かを訴えて参ります。

 

「もしかしてジョー君が行きたいのですか?」と訊くとジョー君は何度も目を閉じて「行きたい」と言っているかのようでした。

 

ジョー君は体力が有り余っており、エイミーちゃんとでは遊べずにストレスが溜まっている感じがしました。

 

私もジョー君と一日中遊ぶのですが、きっともっと仔猫同士のかけっこのような遊びもしたかったのでしょう。

 

その晩、エイミーちゃんはジョー君にそっと寄り添い、今までにないような抱き合って甘噛みをし合ったりしており、なんとなくお別れをしているような感じがありました。

 

f:id:jupesjupes:20200710103241j:plain

いつになく寄り添っていました

 

翌日、早速、里親様候補の方が連れてきて欲しいという連絡があり、まだ完全に人に慣れ切っていな状態で、少し不安もありましたが、天界に委ねて、松本さまのお車で、ひかりさんの同行で共に、里親さま候補のお宅に伺いました。

 

少しの間、エイミーちゃんをケージに入れて出かけることになりました。

 

「お兄ちゃんが幸せになる為にエイミーちゃん、宜しくね」と言って、ジョー君を里親さま候補のお宅に連れていきました。

 

連れて行く前もあっさりと洗濯ネットに入ってくれて、まったく抵抗がありませんでした。

 

もうすでにジョー君は旅立ちを悟っているかのようでした。

 

その里親候補のお方は、シングルマザーのお若いお母さんでしたが、しっかりとした感じで、猫の知識も豊富であり、お子様方も小さいのに悟っているお顔でお部屋もきれいに整頓されていて、信頼できるお方と感じておりました。

 

またお名前も松本さんとおっしゃり、ブランコの松本さんと同じという奇遇、またお子さまのお名前が私と同じという、2つの奇遇で、これも運命かと思っておりました。

 

先住猫ちゃんもとっても可愛らしい長毛の穏やかな男の子で、ジョー君の遊び相手にはぴったりな感じがしました。

f:id:jupesjupes:20200710102922j:plain

しっかりとしたお母さん

f:id:jupesjupes:20200710102938j:plain

かわゆい小鉄くん


ほっとして帰ってくると、エイミーちゃんはすでにぐったりとしていました。

 

抱き上げると何度か痙攣を起こし、もうすでに危篤状態であると感じておりました。

 

私は外で餌を待っている猫達がいる為に、ひかりさんにお世話をお願いして、雨の中、餌やりに出かけました。

 

実は2週間前に、団地の庭でエイミーちゃんを捕獲保護したのが、ひかりさんでした。

エイミーちゃんは最期のひとときをひかりさんと過ごして、捕獲保護してくれたお礼をしたかったのではないかと感じました。

f:id:jupesjupes:20200710102720j:plain

ひかりさんの膝の上で

 

 

 

 

餌やりの間、なんだか、私を待ってくれていると何度も感じておりました。

 

そして一時間半後に戻ってくると、見てくださっていたひかりさんが、「あれ?今までカクカクと呼吸していたのが止まっている」とおっしゃいます。

 

抱き上げてみるとその瞬間にエイミーちゃんが完全に天使になったことを感じました。

 

本当に最期の瞬間まで私を待ってくれていた、と感じました。

 

やはり何をしても「もっとこうしておけば・・・」というような後悔は残ります。

 

しかし、不思議とエイミーちゃんとの約2週間の間、私はすべての外出をキャンセルでき、ほとんど24時間共に過ごすことができたのでした。

 

いつも後ろについて来るために、カンガルーのように抱っこ袋を作って、その中にカンガルーの赤ちゃんのように入れていろいろと作業をしておりました。

 

できることはただ抱っこして、天界のヒーリングをずっと施してあげることだけだったと思います。

 

エイミーちゃんの魂は本当に無色透明の軽やかな天使になっていると感じます。

 

温かいぬくもりの愛をいっぱい残して、天使になってくれました・・・

 

地上の天使だったエイミーちゃん

 

守護天使になってくれてありがとう

 

 

 

 

f:id:jupesjupes:20200710102515j:plain

天使になったエイミーちゃん

 

 

 

 

 

 

天使になりそうなエイミーちゃん

f:id:jupesjupes:20200709142648j:plain

めずらしくぴったり寄り添っていましたね

 

昨晩からエイミーちゃんの容体が急変し悪くなっています。

 

嘔吐と下痢で何も食べられません。

 

 

f:id:jupesjupes:20200709142510j:plain

昨日までのエイミーちゃん

f:id:jupesjupes:20200709142532j:plain

f:id:jupesjupes:20200709142521j:plain

お兄ちゃんに寄り添っていました



しかし、天界のヒーリングを施していると、魂が軽やかで明るく何も苦痛も感じません。

 

エイミーちゃんは最初から小さい天使のような子でした。

 

私の方は、エイミーちゃんの選択肢にお任せしようと覚悟はできております。

 

ただ、生きている間は出来うる限りのお世話をさせて頂きたいと思います。

 

午前中にブランコさまの松本さまがお車を出してくださり、4兄弟姉妹の母猫は、不妊手術の病院にお連れし、エイミーちゃんは今までかかっていたおおにし動物病院にまでお連れくださいました。

 

院長先生が診てくださり、ひとこと

「もう期待はできないね」

とおっしゃいました。

 

ただ便の検査をしてくださりパルボウイルスではないことは分かりました。

 

院長先生によると、先天的な発達不全であることです。

 

それは見た目でもよく分かります。

 

肝心かなめな腸の発育不全のようです。

 

普通は1,5キロくらいないとならないところを、いまだに600グラムしか体重がありません。

 

これまで外で3か月の間、よくぞ生き延びられたと思い、そのことの方が奇跡であると思います。

 

「これは、天があなただけに与えたお試し。エイミーちゃんが生きていくとしたら、この子の大きなお役目がある、亡くなったとしたら、この子はあなたの守護天使になる」

 

と松本さまがおっしゃいました。

 

本当にまったくその通りであると思います。

 

こちらはエイミーちゃんの負担にならないように気持ちを軽やかにし、最善を尽くして見守ってあげようと思います。

 

 

 

 

 

 

子育て中・・・

 

7月7日の七夕おめでとうございます。

 

ジョー君とエイミーちゃんの子育ては結構大変でございます。

 

24時間目が離せません。

 

今回は、最高にハードルの高い仔猫ちゃん達でした。

 

エイミーちゃんはひよこのように私のあとをついて回り、やたら膝の上に乗っかって参ります。

 

それは可愛いのですが、お腹がゆるく、ずっと垂れ流し状態で、おむつがこれほど重宝するとは思いませんでした。

 

f:id:jupesjupes:20200708181500j:plain

浮き輪ちゃん

 

 

f:id:jupesjupes:20200708182709j:plain

七夕の奇跡で、なんとかこのお腹が治りますように。

 

最高最善の里親さまが見つかりますように。

 

天界の最高最善の愛と光を

 

 

7月の満月おめでとうございます!

7月5日は満月です。

 

天界の無償の恵と豊かさをすべての存在に!

 

昨晩餌やりをしている工場に行くとなんと、ぞろぞろと倉庫下から洗井ぐーま君が現れたではございませんか!

 

おお!と思っていると、なんとなんとぞろぞろと後から2匹のそっくりな顔が現れるではございませんか!

 

猫ちゃんのように、あとから来たものを「うー」と威嚇してキャットフードを独占しようとしています。

 

フードが減ると猫ちゃんのように近寄ってきて、「もっともっとちょうだい!」と手をすり合わせて懇願されました。

 

 思わず、大量のフードを地面に撒いてあげてしまいました。

 

いつも来る猫ちゃん達は遠めにその3匹の新井さん家族を見つめていました。

 

なんと言ったらよいか・・・

 

切ないですね。

 

この子達にはまったく罪はございません。

 

もともと人間が海外から輸入して販売し、飼われていた子達が凶暴化し、きっと捨てられ繁殖してしまったのでしょう。

 

見た目はキュートで愛らしいのですが、やはり野生の感じが致します。

 

f:id:jupesjupes:20200705184159j:plain

最初に現れた洗井君

 

f:id:jupesjupes:20200705184147j:plain

2匹目