jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

天界の法則の追加

ふと思い出したことがあります。

 

90年代、故・ロビンウイリアムさん主演で、こちらの「メディアムシップ講座」でテキストの補足に使わせて頂いている

 

「奇蹟の輝き」

 

という映画があります。

 

その映画の後半、魂の世界で再開した夫婦の二人が交わす会話の中でなんの脈絡もなく、

 

「何かを得るには何かを失う」

 

とうなづきながら発した言葉がありました。

 

その謎のセリフがずっと心に引っかかっておりました。

 

きっと人間界の重要キー・ワードであったのだと思います。

 

ちょっと天界にうかがってみたところ、今までもやもやとしていたものが、すーっと消えて参りました。ちょっとご参考に・・・

 

<天界の法則> 追加

・何かを得ると何かを失う

・何かを得るには、何かを代償にする

・・・すべてのものは公平である。バランスを取るためにそうなっている。

 

<天界の人生選択肢・特別なものを得るための代償>

・学力優秀になるため

・才能豊かになるため

・容姿端麗になるため

・有名になるため

・お金持ちになるため

・・・などの代償として

・自分の問題を選ぶ(紆余曲折激動の人生、心身の病気、けが、事件、事故、法的問題 等)

・家族の問題を選ぶ(家族の起こす問題、家族の病気、家族間のあつれき、家族の遺産問題 など)

<天界学の必修科目と選択必修科目>

天界の学びの必修科目:人間として生きること(男女人種問わず)

天界の学びの選択必修科目:

<ヒト道>を選択した場合の必然的な家族の学び例 

「親」・幼少期、成年期、老年期の関係の中で克服すべき試練として、傷ついたインナーチャイルド、自立、介護 等を経験させられる。

「兄弟姉妹」・幼少期、成年期、老年期の関係の中で克服すべき試練として、仲違い、競争、遺産争い 等を経験させられる。

「伴侶」・一般的な人にとって結婚ができるか否かも人生の問題である。結婚した後も、その関係の中で克服すべき試練例として、新たな親類親戚との関係、ご近所との付き合い、伴侶との性格の不一致、伴侶の不貞問題、お金の問題 等を経験させられる。

子ども・一般的な夫婦にとって、子どもを授かるか否かも大きな問題である。子どもが生まれた後の克服すべき試練例として、子どもの成長、子どもの健康、子どもの病気、子ども同士の付き合い、親同士の付き合い、子どもの進学問題、子どもの自立への試練、子どもの起こす様々な事件 等を経験させられる。

<ヒト道を選ばず、その他の選択肢を選ぶ場合は、ヒト道で受けなければならない試練を回避できる>

例:地球貢献、社会貢献の活動(環境を良くする活動、精霊救助、特にネコ道(猫は人間界に一番近い精霊の具現化した存在であるから)

満月おめでとうございます!

本日、5月16日は「満月」です!

 

しかも今日は、ウエサク満月と呼ぶらしく、天界と地上階の扉が開く、と言われているそうです。

 

特別な日をお迎えできた皆さま、おめでとうございます!

 

しかし、僭越ながら天界の仕事をさせて頂いております私としましては、毎日が天界と地上階の扉を開かせて頂いている(気がする)ためにあまり特別な感じが致しません。

 

ただ古代の神官は高次元の宇宙界から叡知を頂いて、民の為に暦を作ったのでしょうから、心の底からすごいこと!と思います。

 

現在の地球のすべては高次元の存在から教えて頂いて、出来上がっているのですから、本当に気が遠くなるほどの時間を掛けて、これほど便利な世の中になっている、と思うと、意識なく共に過ごさせて頂いている地上のすべてに有難く申し訳なく、高次元の存在と古代からの先人に感謝しかございません。

 

現代人の目には見えませんが、私達は多くの存在達に支えて頂いております。

 

天界のマスター達、天使達、ルシファー達、高次元の宇宙界の存在達、ご先祖様方、精霊さん達のサポートに感謝感謝です。

 

すべてに感謝しかなく有難く思います・・・

 

 

今朝、ジェルちゃんがゲホゲホ言いながら何かを吐き出しました。

なんと床のマットの1センチくらいの破片を3つも。

もしかしたら他の破片も食べていて胃腸に詰まっていたらどうしよう、と思い、焦って病院に電話をするととても混雑しているようでした。

 

そのうちに雨が酷くなり、これは行かない方が良いのではというメッセージを頂きました。

 

ジェルちゃんは元気いっぱいで跳ね回っておりますので、きっと大丈夫だと思います。

 

これも満月の日の奇跡だと思います。

 

 

今、ちょうど猫が0になってホッとしておりましたが、今週くらいからまた続々と来そうです。。。

 

先ほども親子4匹のご相談が山梨から・・・

 

まあ、仕方がないですね・・・どんなボランティアでも、やっていると際限がありません。

 

生きて健康を頂いている限り、地球に貢献しなくてはいけませんね・・・

 

感謝感謝

 

ちくわ君

 

天使とルシファー

ちょっとエンジェルガイドのテキストを補足してみました。

 

ルシファーと天使の役目補足:

 

人間界においてルシファーほど大きな役目を担っている存在はない。天使はルシファーが与えてくれた学びを穏やかに補填する役目でもある。

 

ルシファー:

 

・パワフルでエネルギッシュそして激しく分かり易く美しい。

 

・地上において時に美しく甘美なものとして現れ、人間を誘惑し、そして翻弄する存在。

 

・人間の弱点を刺激する。

 

・人間の欲望を刺激する。

 

・人間の本性を暴露させる。

 

・身近な人間がルシファー役となっている。

 

・人間関係においては常にルシファー役を交互に担い、相手に気づきと学びを与え合う。

 

・知らず知らずに人は誰かのルシファー役を担っている。相手も自覚なくルシファー役を担っている。

 

・あなたも相手にとってのルシファー役、相手もあなたのルシファー役。役目を交互に交代をしているだけなのである。

 

・窮状に陥っている人は、手を差し伸べてくれるルシファーを救いの天使であると勘違いをする。

 

・ルシファーとは視覚において、明確な分かり易い高貴な魅力的なものとして、人間を誘惑する。

 

・ルシファーは、人を褒めたたえ、いい気にさせて調子に乗らせる。ルシファーの甘露な罠にはまり、最初は甘い汁を吸わせてもらい、狂ってしまい墜ちるところまで墜ちた人間を認めると、ルシファーは、後ろから人間を蹴り落とし、地獄に堕とし去っていく。

 

・ルシファーの存在に気付いたらしばらくそれを静観し、ルシファーの効能と力を利用するという方法もある。

 

・ルシファーに救ってもらった場合、窮状を救ってくれた事に心から感謝をする必要がある。そしてルシファーに入られ、欲望によって最後はおかしくなってしまったルシファー役をしている相手を責めず、事が甚大にならないうちに去ることが肝心。

 

・最初は純粋な心に引き寄せられた天使が入り、天使役を担っていた人が、その本性である欲望が芽生えた時、天使とルシファーが交代しルシファー役に転じる。

 

・人は知らず知らず、ルシファー役と天使役を交互にさせられている。

 

 

天使:

 

・天使とは、淡く美しい、そしてまぶしすぎて見えない光であり、人はそれに気付かないことが多い。

 

・天使とは、ルシファーによって傷ついた人間達を温かく優しく慰め、癒す、諭し、そして気付きを与え、やり直し、と再生を促す存在である。

 

 

問診票を整理して・・・

 

今日は、少し時間が空いたため、乱雑になってしまっていて、以前からずっと気になっていた「クライアントさまの問診票」を整理しておりました。

 

44項目入るというフォルダーを買ってきており、10年以上リピートしてお越しくださっているクライアントさまの問診票などをまとめて整理して入れていると、すぐに足りなくなってしまいました。

 

そんなに多くいらっしゃらないと予測していたら、50名以上もの方々が10年以上、何度も何度もお越し頂いたりお電話でのご相談を受けてくださったりしていたのでした。

 

本当になんともったいなく有難いことでしょう。

 

思わず問診票に手を合わせて拝んでしまいました。

 

この皆さまに支えられながら現在の私が生きている、と感じます。

 

私など、天界にサポートを頂いてセラピストになっていなかったら、単に霊感が強すぎの引きこもりの、世の中に対して暗い皮肉ばかり言い放ち、不平不満、陰険陰湿、意地悪極まる人間で終わっていたでしょう。もしくは、その前に早々に死んでいたかも知れません。

 

それがある時、天界からいきなり指名されてしまい、天使達から毎日サインとメッセージを頂いて、これは何が起きたのだろう?というくらいの出来事があり、あれよあれよという間に、セラピーをするようになっていたのです。

 

今でも自分は人にアドバイスをするような器の人間では決してないと分かっており、私は単なる天界の通訳師の立場を貫いているだけです。

 

自分のお役目はただ、天界のお言葉をお伝えするだけのストローであり、自分の意見などまったく伝えない、無色透明、言い換えたら、無責任な立場を通しております。

 

天界の仕事をしていると奇跡の連続です。

 

かなり天界からお試しがあり、厳しい修行とか試練はありますが、それを上回るほどの有難い奇跡的な出来事も星の数ほど体験させられます。

 

猫ちゃん活動でも、他の個人ボランティアさんはたくさんの難しい猫を多く抱えてしまい、多頭飼育を悩んでいらっしゃいますが、こちらも、最初は問題猫などで困難で心が折れそうになりますが、最後は有難く良いご家族のもとにもらわれていきます。

 

もちろん、その間には難しい問題がやって参りますが、最後はいつも最高最善の結果となり、天界を信じ切って良かったと、再認識させられます。

 

最近も、老猫でちょっと体が心配であったミケルちゃんの新しいご家族さまも毎日のようにミケルちゃんの容態をお知らせするメールが参ります。

 

有難く感謝でいっぱいです。

 

また今日も西宮の生徒さまから定期便のご寄付が届きました。

 

天使からの贈り物です。

 

感謝感謝

 

 

エンちゃんも幸せと言っております。

 

 

 

 

とんびにあぶらあげさらわれ症候群

今日は朝から大掃除をしながら、最近起きていたことを振り返っていた時に、

 

自分は

 

「とんびに油揚げさらわれ症候群」

 

だった・・・という言葉が聞こえて参りました。

 

とんびに油揚げさらわれ・・・ということわざの意味はきっと、

 

「必死に努力してがんばってきたものを、最後の最後でふっと誰かに持っていかれてしまう」

 

という意味ですね。

 

うちの母は私を

 

「あんたはいっつも損ばかりしている!自分で損な方を選んでいる」

 

と厳しく評価して参ります。

 

たしかに幼少期の頃から、おやつでもなんでも、美味しいものを大事に最後まで食べないでとっておくと、兄か弟がさっと手を出してささっと奪って瞬間に口に放り込んで消えてしまう、ということを繰り返し、その度に、母が

「あんたは損な子」

とため息まじりに首を振っておりました。

 

このパターンは大人になっても変わりません。

 

すべては自分の思い癖、魂の癖、思考パターン、行動パターン

 

です。

 

この数年間の猫活動でも、こちらががむしゃらに身を粉にして時間もお金も精神力も体力も使って必死でやってきたものを何もしない方々が、最後にさっとやってきて、まるで最初から最後まで全部ご自分でやったかのように振る舞い、知らない他人からは評価をされ、しかも報酬まで取っていく、というパターンが繰り返し起こって参りました。

 

(例:市議の人々も自分が活動したかのように、都に報告していました。他団体さんも捕獲の数を自分の数として市に報告していました。他にも保護と譲渡に際しても良いとこどりばかりされています・・・)

 

こんなことを母が知ったら卒倒するでしょう。しかし、そんな母も、私から見ると、良い人ぶって、良いことをしているけど、最後に他人から良いとこ取りばかりされてして損ばかりしている、同じパターンではないですか!と言いたくなってしまいます。

親子そろって損な大馬鹿人生です。

 

しかし、こちらは猫のためだけにやっていることであり、評価も報酬もまったく欲しい訳でもなく、考えたこともありません。

 

しかし、あまりにも周囲の方々が露骨にこちらを利用し続けるというのは、おかしいのかも?やってはいけないことなのかも?と思えて参りました。

 

ルシファーが人を替えて、手段を変えて、私に同じやり口を仕掛けてきて、私に気づきを与えてくれている、とも分かっております。

 

 

しかし、そんなルシファーを呼び寄せている人達の性質がもともとルシファー的であり、良くない人達なのだと思います。

 

「行き過ぎた自己犠牲はいけない」

 

と天界はおっしゃっています。

 

 

しかし、

 

「とんびはしょせん一生とんびだ!」

 

「ワシにはなれないのだ!」

 

「字は似ているけど!」

 

鳶(とんび)

 

鷲 (わし)

 

漢字は読めても書けない!

 

はらいせに

空に向かって虚しく叫びます。

 

 

仕方ないよ。あきらめよ

 

感謝・美・手放し

以下も先日、書き掛けていたものです・・・

 

 

今日は自分の住みかのこともできました・・・

 

洗濯層のクリーニング。

 

時間は掛かりましたが、おかげさまで10年選手の洗濯機がよみがえりました。しかし、漂白剤の刺激臭がなかなか消えず困っております・・・

 

衣替え。

 

少ない衣類をちょっと移動しただけです。

 

実は、この間、かなりの服を手放しました。

 

ほとんどの服が同じ方から頂いたお下がりです。

 

その方は、身内の方がアパレル業界にいらっしゃるということで、ご自宅に大量の衣類がほとんど着ずにしまってあり処分に困るそうで、いつも譲ってくださっていたのでした。

 

その方は、白黒兄妹のご家族になってくださったご近所の方だったのですが、ある出来事が、ついに、私の逆鱗に触れてしまい、その方のエネルギーが残るすべてのお下がりに「さようなら」をさせて頂いたのでした。私は許容量を超えるほど怒ると言葉が出なくなって無言になり、それまでのすべてを瞬時に終わらせてしまうのです。仏の顔も3度、いえ10度くらい忍耐をした後です。まだ心が狭いのです・・・。

 

その出来事というのは、その方の放った一言でした。

 

(家族のことがたいへんで)「猫をまた逃がしたけど、猫なんかにかかわっている暇なんかない」

 

「なんかに」

 

とおっしゃいました。

 

その言葉で培ってきた関係が終わりました。

 

「あなたの受け入れた猫はあなたの家族ではないのですか?」

 

と問いたくなります。

 

その方は、譲渡契約書にご記入いただいた時に、絶対に脱走させない、脱走させたらペット探偵に依頼する、という文章を熟読して納得し捺印までされたにもかかわらず、です。

 

その方は、譲渡したその夜から白黒兄妹を交互に何度も何度も脱走させ、こちらがその度に赴いてチラシやポスターを貼り、捕獲器を仕掛け、つかまってもまた脱走させてしまい、その都度、「ここにペットゲートをつけてください」と願ってもなんだかんだ理由をつけて無視をし、そしてそのペットゲートがない場所から、また逃げられ・・・数えてみると兄妹交互に脱走させた合計は6回にも及びました。最後はようやくペット探偵を頼んで現在、また逃げられた妹の方を捕獲中だそうです。

 

(いったいどういう意識なのか・・・お譲りしたこちらが悪いのですが・・・相性も悪かったのですね・・・猫ちゃん達はその家が嫌だったのですね・・・)

 

そしてこちらとやり取りをしている電話口で、その方の放った一言が、私の中で終わり、を告げました。

 

(意識が足りない、というより人間的におかしい方々なのかも・・・)

(あなたなんかに、猫を飼う資格はない!)

 

そして「捕まったら兄妹ともお返しください」とだけお伝えしました。

 

その方が今まで、たくさんのお下がり服を譲ってくださいました。

 

数えてみるとなんと33着・・・それらはブランドの服で独特のデザインであり、素敵ではありましたが、自分で選んだセンスのものではないため、着るのが難しくほとんどが吊るしたまま、クローゼットにプレッシャーを与えていたことが判明しました。

 

ちょうど資源ごみの日が近づいておりましたので、ごみにはならず、どこかのどなたかが着ることになるに違いありません。

 

世の中で

 

「断捨離」という言葉が定着しているようです。このネーミングは素晴らしいのですが、私には少々きついなと思えるのです。

 

断って捨てて離れる!という言霊が非常に強く、きっぱりと潔い決意が感じられて良いとは思うのですが、それまでその「ひと・もの」に宿っていた魂を切り捨てる!というのは、少々気の毒に思えて参ります。

 

それは過去にその人にとってなにかしら必要であったからやってきて、しばらくその方のもとに居て、お互いに愛着と愛情もあったはずなのです。

 

すべてのものにはエネルギーがあり、魂が宿るそうです。

 

それまでそこに居てくださったことに感謝し、手放し、過去や、そのものから卒業し、そして新たなものを受け入れてステップアップをする、というプロセスの方が良いと感じます。

 

私は勝手に音韻をマネして「感謝・美」と名付けております。

 

捨て去るのではなく、「手放す」時に、「今までありがとう!さようなら!」と声を掛けて(ごみとして)葬ります。

 

そしてそのものにつながっていたエネルギーと自分を切り離します。

 

 

いままでありがとう!

 

服さん達!

 

ウエルカムバック!白黒兄妹!

 

まだ逃亡中・・・