jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

12月の新月おめでとうございます!

12月4日は今年最後の新月ですね!

 

すべての存在に天界の最高最善の愛と光を!

 

新月の日に最初の猫お見合い会を開催させて頂きます。

 

あまりにも応募が多く、今回は募集を打ち切らせて頂くことになりました。

 

また12月12日の「天界の瞑想会」の募集も、申し訳ございませんが、応募多数の為に、募集を締め切らせて頂きます。

 

また開始時間を

 

正午、12時からとさせて頂いても宜しいでしょうか?

 

猫のお世話の関係で申し訳ございません。

 

どうぞどうぞ宜しくお願い致します。

 

皆さまに天界の最高最善の愛と光を!

 

 

エンちゃん&ジェルちゃんのぼうこう炎

一昨日、早朝にジェルちゃんがぼうこう炎になったと思ったら、夕方になり、エンちゃんまでがうつったように何度も猫トイレに行って何も出ないという症状を見せ、明らかにぼうこう炎であると判断し、同じ動物病院に連れていくことになりました。

 

ちょっと高額になり、保険額を超えてしまいましたが、背に腹は代えられません。

 

動物病院に行くと、なんとその日はエンちゃん&ジェルちゃんと同じ症状の猫ちゃん達がずらっと待っており、一時間以上も待合室で待たされてしまいました。

 

やっぱり、急な冷え込みのせいで家猫ちゃん達のぼうこうが縮んでしまったのでしょう。

 

外猫ちゃん達も心配ですが、案外、外猫ちゃん達の方が元気に見えます。

 

エンちゃんは病院ではとてもおりこうさんで良い子でした。

 

 

しかし、ぼうこう炎よりももっと驚いたことは、エンちゃんの体重が「4,7キロ!」にまで達してしまっていたことです。

 

4キロちょっとくらいであったはずが、こんなに横綱級になっていたとは!

 

獣医さんに「太り過ぎですか?」と訊ねたところ、気を遣ってくださり、「いえいえ、これは個性です。人間でも背が高い人もいるのと同じです」と仰ってくださり、少し安心いたしました。

 

最近、フードは少ししか与えていなかったはずです。

 

しかし、エンちゃんが、時々こっそりとあちこちに下がっている手提げ袋の中に、頭を突っ込み、さぐっておやつを見つけて盗み食いをしていた現場を見てしまいましたから、それが原因であったかも知れません。

 

エンちゃんは、動物病院にいたどの子よりも顔がきれいだと誇らしく思いましたが、首から下が「あざらしのごまちゃん」様式になっており、おデブタレントまっしぐらになっております。

 

 

その中で、私もエンちゃんジェルちゃん達につい、「ポンポン痛い?」と口走っており、はっと致しました。

 

以前はペットさんに幼児語を用いている人々を軽視しておりましたが、自分も気が付くと赤ちゃん言葉で猫ちゃん達に話しかけております。

 

エンちゃん&ジェルちゃんも人間でいうと、もう中学2年生くらいになっていますから、大人扱いにしなくてはいけない、と反省です。

f:id:jupesjupes:20211202092023j:plain

                 

                だからなんじゃ!

f:id:jupesjupes:20211202092047j:plain

義姉妹

 

 

ロッシーちゃん達

おっちゃんの「ロシアン・ブルー・ミックス」の仔猫をペットサイトに掲載したところ、案の定!やっぱり!思った通り!(3回同じ意味を繰り返す)、何千件もの閲覧数になり、応募も殺到してしまい、対応に大わらわです。

 

その中で真面目な文章の方々だけえりすぐり、面談通知を致しております。

 

それでも20件程あり、その方々とのやり取りだけで一日つぶれてしまうほどです・・・とほほほほ・・・。

 

以前、エンちゃんの募集をかけた時も、似たような現象になりましたが、今回はそれを上まわるクレイジーぶりです。

 

しかし、これまで黒白ちゃん、黒ちゃん達を募集しても一向に動きがなかったにもかかわらず、見た目や種類で、こんなに人の気持ちが変わるとは、なんと現金な人間達・・・と少々憤っております。

 

動物愛護のお気持ちがあるのなら、どんな種類であっても見た目であっても、家族となってしまえば関係なく愛情を注げるではないですか!と言ってあげたいものです。

 

人間はしょせん、見た目で心が動くものですから仕方がございません。。。

 

 

 

本日おっちゃんの仔猫達とお母さん猫を引き取って参ります。

 

しかし、おっちゃんの奥様が一番、可愛いミルクティー色の子を手放したくないと駄々をこねています。それを説得せねば。

 

奥さま・・・おっちゃんが数年前に橋の下で3人の子どもを育てているホームレスであったシングルマザーの女性を「家に来るかい?」と聞いて連れてきた、とのことです。

 

饒舌なおっちゃんがペラペラと身の上話を軽やかになんでもしゃべってくれます。

 

まるで子連れの猫ちゃんを拾うように家に連れて来て、夫婦となったとのこと。

 

そして夫婦1人ずつ、生活保護を受けているとのこと。なんと。

 

つい、こちらではその奥さまのことを「橋下さん」と呼んでしまいます。

 

おっちゃんは、情の厚い方で、その3人の中の女の子がまたシングルマザーになってしまい子を産み、その血のつながらないお孫さんのお世話を毎日、通いでしているとのこと。

 

団地の中では、まるで非日常的人情ドラマ映画のようなことがよく起きています。

 

仔猫達のお問合せでは、結構セレブに思えるような方々が多く、おっちゃんの仔猫達も橋下よりもずっと出世することでしょう。

 

 

f:id:jupesjupes:20211129150833j:plain

この子をどうやって連れてこよう・・・

 

 

宇宙怪獣の弟の誕生日でした。

 

12月になりました!

 

明け方まで激しく降り続いた雨も止み、土からはふんわりとした暖かい霧が立ちこもり、柔らかい太陽の日差しが地上に降り注がれています。

 

11月を浄めるような大雨でした。

 

12月1日は、宇宙のある惑星から落ちてやってきてしまった弟の誕生日でした。

 

本当は11月30日の深夜12時前に出現していたらしいのですが、手続きが面倒であった為に、12月1日になっているとのことです。

 

11月30日でも12月1日でも、皇室の方と同じ誕生日、というのは何か意味がありそうです。同じ惑星の同胞たちが、日本を混乱させるためという同じ課題ミッションを頂いてきたのかも。同じ月日に生まれると設定して、お互いにお互いが認識でき、お互いにやっていることを確認し合えるようにしたに違いありません。

 

やはり皆、周囲に発しているエネルギーというか、オーラが銀色で似通っています。

 

ウルトラマンになりたい、という果てしない野望をものごころついた時から、ずっと抱いている宇宙人の弟・・・。

 

もうウルトラの星に帰りなさい。あなたの地球でのお役目は充分果たしました。と心から言いたい。

 

しかし、ウルトラマンという存在は、よく思い出してみると、天界の天使のお役目をしていると思えます。

(昔の初期の頃のウルトラマンの物語しか知りませんが・・・)

 

 

地球に間違えて落ちてきてしまった宇宙の怪獣たちを地球防衛隊の方々が見つけると、ウルトラマンに祈りを捧げ、ウルトラマンにやってきて頂きます。

 

ウルトラマンは得意な脅しのチョップと光線を手加減をして出しながら、怪獣たちをちょっとだけ、脅して、懲らしめてから

 

「地球は怖い惑星なのだよ、人間は怖いのだよ。君はここに居てはいけないのだ。もと居た惑星に戻りなさい」

 

と説得致します。

 

ユニークな個性的なルックスの怪獣たちは、たいてい、「やだやだ!ここにいたいよ!僕の星はひどいんだ!こっちの方がずっとましなんだもん!ここにいさせてよ!」と駄々をこねて大暴れをします。まるで人間の幼児のようにです。

 

しかし、厳しいウルトラマンは、自分達の守りに必死な人間達の思いを背に受け、

 

「ダメだ!ここは残念ながら、人間がはびこって支配している星なのだ。お前のサイズと持っている力が大き過ぎて、人間達に脅威を与えてしまうのだ。もう帰りなさい。そして自分で新たな場所を見つけなさい」

 

と怪獣たちを優しくも厳しく抱きかかえて宇宙に放り投げてしまいます。

 

「嫌だよ~あれ~!!!」と悲痛な叫びを発しながらも、怪獣たちは有無を言わされないまま、宇宙に放り投げられてしまいます。

 

その後、怪獣たちは、無限に宇宙空間を漂い、放浪しながらも新たな居場所を探し続けるのです・・・たぶん。

 

我が宇宙人の弟もきっとそうやって、宇宙に放り投げられた宇宙怪獣であったのでしょう。

 

なんとかしてまた地球にたどり着け、あわよく人間の容器を頂きましたが、やはり地球人からは疎外され、居場所がなかなか見つからないのです。

 

自分を放り投げたウルトラマンに対しては恰好良かった、と憧れを抱いているようです。

 

Happy Birthday! 宇宙怪獣の弟よ!

 

 

 

東村山のTNR

今朝は、また団地のおっちゃんが、頑張って早朝に捕獲器を仕掛けてくださり、

 

「掛かったよ!」

 

という威勢の良い電話がくるものの、Hさまのお車でお迎えに行ってみると、なんと2日前に入っていたさくら耳のさび猫ちゃんが、再び捕獲器の中に鎮座していらっしゃいました・・・残念無念。

 

この猫ちゃんは、この間、捕獲器に入ってしまってから、病院で麻酔薬を打たれ、再度耳をきれいにカットされたり、2日間も病院に隔離されていたにもかかわらず、なんとなんと懲りない子でしょうか。

 

すぐに放すと、余裕で駆け出し、近くからこちらを見ておりました。きっと美味しいおやつを食べられて、しばし暖かい場所にいられるし、また懲りずに入りそうです。。。

 

この子は!!

 

その前の出来事

 

ジェルちゃんが早朝3時くらいから何度も猫トイレに通い、ふんぎゃ~!と私を呼びつけ、異変を訴えてきており、これは、以前のエンちゃんに引き続き、ぼうこう炎になったに違いないと判断し、すぐに近くの動物病院が開いた途端に予約に行き、また帰ってきてすぐに嫌がって抵抗するジェルちゃんを洗濯ネットに頭からつっこみ、手提げに放り込むと、通学途中の3列でだらだらとしゃべりながら歩く中学生たちを自転車の前輪で蹴散らし(「ぎゃお~!どけにゃー!」とジェルちゃんも洗濯ネットに入ったままの頭を手提げから突き出して叫ぶので、なんの物体か?と、中学生たちは驚いていました)、病院に駆けつけ待たずにすぐに診てもらえました。

 

その間、7時55分から8時25分の30分間ですべてが済みました。

 

私は顔を洗っている暇も歯も磨く余裕もなく、ぼさぼさぼろぼろでしたが、それを見て見ぬ振りをしてくれる、とても親切な獣医さんで懇切丁寧に診断してくださり、3本の注射を打ち、1週間の飲み薬を頂きました。

 

しかし、普段行っているおおにし動物病院さんの約3倍の診察医療費でありました。

 

一回の診察料でだいたい1万円近くの医療費が掛かってしまいますから、やはり100%全額保証の保険に加入していて良かったと思います。

 

エンちゃんジェルちゃんは保護猫ではなく、私が面倒を見ている子ですから、格安保護猫価格のおおにし動物病院に連れていくのは、病院さんに申し訳なく思うのです。

 

たぶんですが、ぼうこう炎の原因は、急激な冷え込みではないかな、と思います。

 

今朝の室温は10度になっておりました・・・外気は4度でした。しかも畑の土に霜が張っていました・・・

 

ジェルちゃんは食欲も元気もあり問題もなく、ヒーリングでも大丈夫だとは思いましたが、心配するより、行動してしまえ、と思い、病院に行ったのでした。

 

しかし、外にいる猫ちゃん達には、医療を掛けてあげることがなかなかできずに、本当に可哀想に思います。

 

昨日、おっちゃんが捕まえてくれた雄猫ちゃんの片目はつぶれていて、見えなくなっていたようです。

 

そんな子を外に放す時に、心が痛みます。

 

もうこんな猫ちゃん達は見たくありません。

 

これ以上、外猫ちゃん達が増えませんように。

 

おっちゃん頑張れ!東村山の猫ちゃん達のために。

 

 

すべての猫ちゃん達に天界の最高最善の愛と光を!

 

 

f:id:jupesjupes:20211130152142j:plain

おっちゃんのワンちゃんは幸せになっていますよ!

f:id:jupesjupes:20211130152157j:plain

おっちゃんの猫ちゃん達を応募してみると20数件もの問い合わせが殺到し、嬉しい悲鳴を上げております。

 

 

しかし、東村山の猫ボランティアさまとたくさんお話をする機会が持て良い副産物もありました。

 

結果が良ければすべて良しです。

 

 

今、ジェルちゃんは順調にトイレに行っています。

f:id:jupesjupes:20211130152908j:plain

日向ぼっこのエンちゃん・ジェルちゃん

f:id:jupesjupes:20211130152851j:plain

エンちゃんジェルちゃん

 

 

今のTNR現場

 

今朝は、都営団地のおっちゃんも頑張ってくれて、団地では、これまでの捕獲2匹目となりました。

 

しかし、やはり素人さんであり、捕獲器の餌が踏み台に引っかかっていたり、と少々心配になります。

 

おっちゃんもこちらがおっちゃん宅のワンちゃん猫ちゃん達すべてお世話をすることになって、人依存症の厚かましいおっちゃんでも、多少は引け目を感じているに違いありません。

 

ご親切なHご夫妻のおかげで、猫ちゃんの搬送がとてもスムーズにいき、本当に有難いことです。

 

猫のTNRは搬送が一番大きな課題です。

 

しかも、捕獲現場が遠く、病院も車で30分も掛かる場所にある為、自転車では到底、困難極まりないことです。

 

その現場には、ボランティアさんのお話によると、精神病を患った男性が、狂ったように外猫を異常なほど溺愛し、捕獲を邪魔し、警察沙汰を何度も起こし、裁判にまで発展している困難極まる大変な場所であるそうです。

 

可能ならそのような問題に巻き込まれたくはありません。

 

はやくこの現場を解決できるように天界に願っております。

f:id:jupesjupes:20211129150844j:plain

おっちゃん宅の仔猫達に罪はありません。

 

f:id:jupesjupes:20211129150833j:plain

ロシアン・ブルーミックス

 

f:id:jupesjupes:20211129150844j:plain

f:id:jupesjupes:20211129150838j:plain

ロッシーちゃん達・ご家族大募集中


 

 

Gone with November

11月もあとわずかで終わってしまいます。

 

あと残り一枚のカレンダーが薄くはかなくひらひらと風にたなびいております。

 

11月の尊厳意義を守る会の会長?としては、日本よ11月を軽視せず、重んじてください!と主張したく思います。

 

10月の華やかなオレンジに満ちたハロウィーンが終わる日、ショーウィーンドウの明かりが消えた途端に、店内ではそそくさと飾りが撤去され、赤と緑と白いクリスマスの3色に7変化させられます。

 

しかし、外は紅葉まっさかりの樹木に、すっきりとした暖かく穏やかな空気と澄み渡る青空の下に流れるクリスマスソングが不釣り合いに思えます。

 

毎年思うのですが、クリスマス当日の12月25日になると、人々は2ヵ月余りこれでもかと押しつけがましいクリスマスデコレーションとクリスマスBGMに疲れ果てて、飽き飽きとした感があり、気分はもう翌年のお正月に向いていて、クリスマスはもう終わっている、といった感がぬぐません。

 

アメリカであったら、11月はサンクスギビング感謝祭の飾りとなり、商店街は七面鳥とか、野菜果物の飾りに満ち溢れます。

 

この豊穣祭のような飾りつけは、実りの季節の秋にふさわしいとワクワクします。

 

11月の映画ではキアヌ・リーブス主演のスウィート・ノヴェンバ―というものが哀愁漂うもので良い感じでした。

 

ヨーロッパだったら、12月に入ってから翌年の1月中旬くらいまでが、クリスマス期間であり、きりっとした冷たい空気とちらつく雪に、中世から引き継いでいる、古びた石の教会と石だたみの街中のクリスマスデコレーションがとても魅力的に良く似合います。

 

やっぱり日本はキリスト教文化は似合いませんから、11月の秋を大事にして頂きたい!紅葉祭りや豊穣祭をもっと大々的にやって頂きたいと思います。

 

11月は和太鼓のカラカラとした軽い音とずしっとくる低音が似合うと思います。

 

f:id:jupesjupes:20211129145559j:plain

うさぎ先生の栄養が入ってたわわに実るみかん