jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

続き・・・

昨日は2件のお宅に仔猫ちゃん達をお届けして参りました。

 

午前中は、東京大学博士課程の研究員さん 26歳 女性 (国籍は中国、思うところはございましたが、長時間話し合い、日本人の保証人をつけて頂くという条件で、黒ちゃんとキジ君をお譲りすることになりました)

 

午後は、千葉県の素人お笑い芸人さん 28歳 男性 (沖縄ご出身、もう一匹お迎えした仔猫はブリティッシュショートヘアでブリーダーさんから15万円でお譲り受けたそうです。ここも思うところはありましたが、この子も売れ残ったらどうなるのか、と案じられ、その子のパートナーにこちらのキジちゃんをお譲り致しました)

 

 

朝から晩までずっと電車移動をしておりました。

 

仔猫ちゃん達も健気にじっと耐えており、本当に良い子達でした。

 

 

しかし、その後、中国籍の女性から急に猫アレルギーでぜん息を発症し、救急車で運ばれた、と連絡があり・・・

 

またも、試練が・・・

 

もうどうにでもなれ、という感じでお任せです。

 

そして、昨日の朝、インスタグラムを偶然に見ていたら、王子に2ヵ月前にお届けしたさび猫姉妹の小さい方の子の容体が急変して亡くなったという記事がありました。

 

なんという悲運

 

こちらに連絡がなく、インスタグラムに載せるとは、と憤り、電話をしてもつながりません。

 

ようやく連絡が取れたと思うと、泣きじゃくりながら死の間際の説明をしてくださいました。

 

しかし、その死因にものすごく不審な点があり、今度、お悔みに伺い、追及してこようと思っております。

 

その小さい子は、この間、脱走したサビちゃんにそっくりな子であったのです。

 

まるで姉妹のように似ていました。

 

脱走したサビちゃんは、王子に行った子に異変があったことをお知らせしてくれたような気が致します。

 

すべては私の魂を磨くための試練でしょうけれども、猫ちゃんを犠牲にすることだけは止めて頂きたい・・・

 

天界よ・・・

 

なぜに・・・・

 

すべては天界の総代マスターであられるイエス・キリストからの厳しくも愛ある試練ではあると思います。

 

ただただ有難くお受け致しますが、本当に次から次へと参ります。

 

しかし、もし猫のことをやっていなければ、他のことでもっと激しい試練が訪れたでしょうから、大難が小難になった、ということでしょう。

 

仔猫ちゃん達を天界に昇天して頂き、天使になって頂きます。

f:id:jupesjupes:20210922161212j:plain

仲良しなお二人

f:id:jupesjupes:20210922161206j:plain

東大前

f:id:jupesjupes:20210922161243j:plain

マチュアお笑い芸人さんとお姫様達

f:id:jupesjupes:20210922161328j:plain

帰ってきたさびちゃん

f:id:jupesjupes:20210922161558j:plain

亡くなったさびちゃん

 

9月21日の満月おめでとうございます!

以下、昨日書きかけていたものです。

 

途中で気を失っておりました。。。

 

 

 

 

921日の  は、収穫を意味する「ハーベストムーン」とも呼ばれ、さらに今年は8年ぶりに「中秋の名月」と重なる。

 

 

とのことです。

 

今朝の8時AM頃、満月であったようです。

 

とても強いエネルギーを感じます。

 

 

この一か月ほど、日々の動きが激しく天界からの学びが次から次へと起こり、今までになく、思考がストップしてしまっておりました。

 

たぶん、神経内科に行ったら完全なる「うつ症状」と診断されることでしょう。

 

猫ちゃん達のお世話と仕事の時だけは、チャンネルが切り替わり、軽やかに身体も動き、思考も動くのですが、それが終わると死んでいるような状態になっておりました。

 

この1週間ほどほとんど食事を摂ることができず、しかし、まったく痩せていなく、エネルギーだけで動いているのだと思います。(すぐに体重は取り戻せます)

 

そう思うと天界の奇跡で生きております。

 

しかし、満月の日は朝からいつも大掃除をし、今朝はやろうとしてやれなかった換気扇の中のクリーニングに水場の大掃除をして、かなりクリアリングができてエネルギーを切り替えました。

 

この一か月間は、いったい何が起きていたのか、記憶が薄れてきそうですが、大変なことが次々に起きていたと思います。

 

9月15日未明、お預かりしていた1か月半のさび猫ちゃんが、私が帰った後で、部屋から消えてしまいました。

 

最初に報告を受けた時は、まだすぐ近くにいる、と感じました。

 

しかし部屋の中のどこを探してもまったく見つかりません。

 

こちらは、心臓停止するほど生きた心地がなく死に物狂いで探し回り、100枚チラシを刷り、ご近所にチラシを張ってポスティングをして、警察に届け、動物愛護センターにも問い合わせをしておりました。

 

生徒様方にも、天界のチャネリングをお願いしたところ、とても愛あるお優しいメッセージを頂きました。

 

私も自分の身に起こったこととなると、どうにも自我が入ってしまい、左脳も動くために、第三者に天界につながって頂き、チャネリングをお願いしております。

 

お二人のメッセージは、共に家の中にいる、外にいたとしても近くにいる、とても守られて元気でいるから大丈夫、賢い子だからこちらが安全な場所と分っているから遠くにはいかない、という有難いメッセージを頂き、勇気づけられました。

 

有難いことです。

 

私も天界のマスター達を総動員し、特に天界の探し物を見つけてくれる聖アントニウス、動物とのコミュニケーションを助けてくれる大天使ラファエル、そして天界のあらゆるサポーター達に祈りまくり唱えまくっておりました。

 

また、サビちゃんの心と魂に訴えかけて「戻っておいで!」と唱え、そして紙に「さびちゃんは無事に健康で戻ってきました!有難う」と書き出して、最後はさびちゃんを抱きしめ「帰ってきてくれてありがとう!」と言っているとてもポジティブなイメージを繰り返しておりました。

 

そうしていると、心ある方々からたくさんの情報が集まってきて、2件のお宅から、お庭を行き来していると伺い、行ってみると確かにそこにあのさびちゃんの写真そのものの姿がありました!

 

さびちゃんは、まるで子リスか、子ザルのように植木をよじ登り、庭を跳ね回り、生き生きと楽しそうにしておりました。

 

ほっとしたものの、複雑な気持ちになりました。やはり外の方が楽しいのかも。

 

しかし、このまま未手術のまま、すくすくと野性的な猫となって仔猫を産み続けていたとしたら、不幸の連鎖を起こします。

 

その後、4台の捕獲器をかき集め、さびちゃんの同線上に設置させて頂き、脱走から4日目にしてようやく捕まえることができました。

 

天界のすべてのサポーター達を総動員して4日目にして捕まったのです。

 

本当にこの脱走劇は多くの学びをくださいました。

 

この脱走がある前は、私のうつうつとした負のエネルギーが高まっていたのだと思います。

 

次から次へと容赦なくやってくる仔猫達、捕まらない母猫達、理解を得られないご近所の人達への焦りと苛立ちなどがうっ積していました。

 

何か嫌な予感も四六時中しており、そしてついに負のエネルギーが爆発した時に、さびちゃんが逃げたのだと思います。

 

しかし、しかし・・・余談があります。

 

やっと捕まったにもかかわらず、再び、さびちゃんは私が猫のお届けしている間に脱走してしまったそうなのです。

 

その脱走した箇所は換気扇の穴でした。

 

換気扇の穴から、閉じていた外の蓋を無理矢理こじ開け、2階から屋外に飛び出て逃げたそうです。

 

なんとなんと今回は、松本さまが、身を投げ出し、タックルして首根っこを捕まえてくださり、難を逃れました。

 

凄すぎます!

 

奇跡の捕獲劇でした!

 

月を司る、大天使ガブリエル、ハニエル、イシス、ラクシュミークレオパトラ

鳳凰よ、無限の豊かさを地球に・・・

 

f:id:jupesjupes:20210922154746j:plain

捕獲器でつかまったサビちゃん

f:id:jupesjupes:20210922154732j:plain

観念したさびちゃん




 

妄想の勧め

以下、10日前に書いたブログです。。。。

 

なかなか更新できずに申し訳ございません・・・

 

 

ここ数日、ようやく秋空らしい乾燥した日が戻ってきて、夜の餌やりをしていると濃紺の夜空に赤味の少し掛かった金色の三日月とその真下に金星が見えるようになりました。

 

三日月、クレッシェンド・・・その下に金のピアスのような星・・・

 

なんと美しい幻想的な夜空

 

思わず吸い込まれそうになり、あの星に帰りたい・・・

 

と妄想の世界に入ってしまいます。

 

いや、違う、私はあの宇宙界にいた頃、重圧的な苦しい世界であり、見下ろすと小さい惑星である地球があまりにも完璧に美しく憧れていた為に、天界に願いを申し出て、人間にして頂いたに違いないのです。

 

こちら側に降りて来て、また我がままを言ってはいけない、と我を戒めます。

 

しかし、逃避の妄想は自由ですから、いくらでも妄想空想は良いことだと思います。

 

目の前の現実があまりにも理不尽で悲惨極まる時は、私はいつも意識が遠いところに飛んでしまいます。

 

この妄想癖は子どもの頃からのもので、小学校時代は授業中も窓の外をぼんやりと眺めながら、どこか自由な世界に飛んでおりました。

 

今も、猫活動をしていても火星人のような姿形の人々が口汚く大騒ぎをしてまくし立てているのを遠い世界から見下ろしているように見るようにしております。

 

こんな気が狂ったようなもの達にまともに対応していたら、すぐに精神を病んでしまうでしょうから、この妄想癖があって良かったと思います。

 

いまだに捕まらない仔猫達の母猫あと6匹・・・どこに行ってしまったのか、また産んでいるのか・・・考えると病んでしまいます。

 

思考をストップして天界にお任せするしかございません。

 

赤毛のアンの物語の中でも、アンちゃんはいつも悲惨な現実を目の当たりにしながら、自分は悲劇のヒロインになった夢物語空想をして乗り越えていましたね。

 

私も、子どもの頃に住んでいた社宅があまりにも嫌でたまらず、家のドアを開ける前に、ここは石の城、私は捕らわれている貴族・・・と妄想を繰り返しておりました。

 

 

妄想は自由です。

 

人間に与えられた贈り物です。

 

大いに妄想を致しましょう。

 

ただし、人に迷惑を掛ける妄想はよくありません。

 

 

 

現実逃避、天界の光

 

毎朝、なにか言い知れぬ大きな不安感のようなものが襲って参ります。

 

巨大な宇宙の重く苦しい分厚い暗闇のようなものが心臓に圧迫してくるような感覚です。

 

自分の不安というよりも人類の不安感のようなものだと感じます。

 

そういう時は、天界に逃避して天界の無限で無償の愛と光を浴びてリセットして戻って参ります。

 

 

人は皆、多くの不安を抱えていると思います。

 

どんなに満たされている、はたから見て何の不自由がない生活を送っていると思える人でも、得体の知れない不安感が四六時中襲ってくるようです。

 

それは万人が抱えている魂の闇の部分であるようです。

 

皆さんはよく「今の世の中はおかしい、狂っている、どんどん悪い方に向かっている、この時代が一番良くない・・・」などとおっしゃいますが、それは幻想であり、歴史を見ていると、過去に平和な時代などなく、どんな時代も地上はあらゆる苦しみに満ちていたと思います。

 

今の日本は比較したら、これまでにないほど平和で穏やかである時代だと感じます。

 

それでも人は皆、不安でいっぱいになりますね。

 

その不安感から逃れようとするために、皆、いろんな娯楽を求めてきたようです。

 

それは一種の現実逃避のもののようです。

 

子どもの頃は、まだ苦しみを受け入れる準備ができていないために、無責任に大人のせいにしていたら許されていましたが、自分自身が成人となると、苦しみを受け入れるキャパシティの準備ができてしまう為に、生きている中では9割の苦しみが続き、時々ふっと訪れるささやかな歓びが一割となるようです。

 

天界は飴と鞭のように大人になった人間を操作しているとしか思えません。

 

それがずっと続くと精神に異常をきたしてしまう為に、天界は古来から人間に、息抜きと娯楽、つまり現実逃避の方法を与えてきたようです。

 

それは健康的なものでいうとスポーツ、ゲーム、旅行、趣味を見つけるとか、ペットを飼うとか・・・ありとあらゆる楽しい逃避方法を発見してきているのでしょうね。

 

しかし、魂と精神力が弱い人にはルシファーの横やりが入り、不健康な方に行かせてしまうことがあります。

 

それが飲酒、喫煙、ギャンブル、いじめ、良くない恋愛などにおちいって、依存症になってしまうようです。

 

またその負の渦巻きの中から逃れる為に、人はもがき苦しみますが、なかなか抜け出せないのが現状です。

 

そこで、天界は時々、恩情として、ブッタが極楽から救いの蜘蛛の糸を地獄に垂らしたように、一筋の光を、苦しみもがく人に、そっと注ぎます。

 

その一筋の光を見出し、必死でしがみつきその光を信じ切り、放さず、吊り上げてもらうと、魂の癒しと救いがもたらされるのです。

 

その一筋の光に気が付いて頂きたいと願います。

 

それは万人に与えらている天界からのギフトのようです。

 

f:id:jupesjupes:20210912114413j:plain

無邪気な子達はいつも光の中にいます

 

 

 

 

 

 

北風と太陽

 

ふと、クライアントさまとお話をしている時に

 

『「北風と太陽」の方法でいきなさい』

 

と天界からのメッセージがありました。

 

たいていの事柄は、この方式で解決すると聞こえました。

 

イソップ物語って奥深いですね。

 

世の中の争いごとは、お互いが自己愛に満ちていて、自分だけが正しい、と主張

し合っていますが、どちらかが、包み込むように寛大になったらふっと緩み許し合えるのでしょうね。

 

地球上では、北風同士ばかりですが、太陽になりたいものです。

f:id:jupesjupes:20210912110121j:plain

来てから3日で卒業してしまったくうちゃん

f:id:jupesjupes:20210912110133j:plain

私のお気に入りだったもくちゃん、くうちゃんと旅立ちました!

f:id:jupesjupes:20210912110206j:plain

お優しい里親さま かい君のお母さまです。

f:id:jupesjupes:20210912110224j:plain

大人しいアメリカンショートヘア柄の女の子のご家族さまになってくださったお父さま、お兄さま、キジちゃんはトイレにこもっています



 

 

 

 

 

 

アヴァンダンス

 

私は、今世ではお金持ちになる、ということにブロックが掛かっているようで、お金が入り出すと必ず全部出て行くという現象が起こります。

 

魂の中に刻み込まれてしまったものであり、今世の計画の一部、プログラミングのようで、どうすることもできません。

 

クライアントさまや生徒さま方にも、そのような方々が多く、「もし宜しければ、そのブロックを解錠しましょうか?」とお尋ねし、解かせて頂くことがあります。

 

しかし、過去世ではなんども裕福で恵まれていた時代があり、その度に物質的には豊かであっても、満ち足りていない部分があったり、また権力があった為に、命を狙われたり、危険な目に遭うことも度々あった為に、もうそんな目には遭いたくない、それ故、名誉欲、物欲などは排除して生まれてきたような気が致します。

 

しかし、天界は、あふれるほど裕福ではないけれども、生き延びられるだけの豊かさはくださる、という条件はくださったようです。

 

それで、有難いことに、過去も現在も、着るものはお下がりをずいぶん頂いたり、食料も度々差し入れがあったり、と本当に有難く、天界からのお恵みを感謝で押し戴いております。

 

最近も、生徒さまがたから旬の果物やお野菜をたくさん頂いてしまいました。

 

ほとんど野菜と果物しか食べない私は日々、食糧難に陥っており、頂く貴重な食材は本当に天からのお恵みだとつくづく心から有難く思います。

 

 

また猫ちゃんフードも最近はご寄付も増え、感謝感激です。

 

毎日、どんな天候の日でも正座をして待っている猫ちゃん達を思うと、行かないわけには参りません。。。

 

どうしても私は人や動物さんが飢えていると思うといてもたってもいられず、与えすぎてしまいます。

 

自分の食量は買わなくても、人さまへのお菓子や、猫フードだけは大量過ぎるくらい買い込み、与えすぎるくらいに与えてしまい、私の周囲にいる人も動物さんも皆、ふくよかになってしまいます。

 

これもきっと魂に刻み込まれた思い癖なのだと諦めております。

 

f:id:jupesjupes:20210907122747j:plain

高級有りの実さま!感謝です。商品券まで頂いてしまいました。なんと・・・申し訳なくも感謝でいっぱいです!

f:id:jupesjupes:20210907122918j:plain

f:id:jupesjupes:20210907122859j:plain

無農薬お野菜!たくさん頂いてしまいました。最高に美味でした!

猫フードは

 

ジャンヌ・ダルクの過去世セッション

先日、お電話によるセッションで生徒さまの過去世と未来世を拝見させて頂きました。

 

そのお方も現在、猫の活動を一生懸命なさってくださっています。

 

万人を勇気づけてくださる、素晴らしいものでした。

 

聞いている私へのメッセージかと思えてしまい、素の自分がうるうると来ておりました。

 

ご本人さまが書き起こしてくださいましたので、そのまま掲載させて頂きます。

 

天界から感謝申し上げます。感動的なメッセージを頂き有難く感謝申し上げます。

 

ジャンヌ・ダルクの過去世

長い金髪をうしろに一本の三編みをした彼女は鎧をつけ男装をしていました。
これでもう家族に会うのは最後だと、そう思いながら、両親とお別れをします。

後ろ髪がひかれる思いの中、馬に乗り剣を持ち戦います。「こんなことしたくない、もうやめたい」何度も引き返したい思いでいっぱいになります。
「私が決断をしなければならない、この決断によって多くの人が亡くなる。苦しい。逃げたい。私はただ天の声を信じただけなのに。」

作戦をねりながらも、彼女の心は揺れます。

「もういっそのこと死んでしまおう。」
そう思い、ひとり無茶な戦いに挑みます。
首の近くを刺されたように思いました。

「これではいけない、私はリーダーである。率いらねばならない。やるべきことをしなくてはならない」と強く思い返します。

でも本心は「家族に会いたい。私は田舎で可愛い奥さんになりたかった。どうして私がこんなことをしなければならないのか」と途方にくれていました。

好きな人にも出会います。両思いで相手から思いを伝えられますが、お断りをします。

若き少女にとっては、胸が引き裂かれるような思いでした。

家族ともお別れをし、好きな人とも一緒にならない人生を選んだ彼女。その頃から彼女の心の迷いはなくなりました。何を言われても、ぶれない気丈な心をもっていました。

お国のために戦う。戦争を終われせたい。ただそれだけのために戦います。


群衆の中から、「あいつは魔女だ!」と叫ばれました。周囲はざわめきそうかもしれないと疑いの目を向けられます。

そして囚われてしまいます。

吊り下げられたり、暗い部屋に閉じ込められる日々。

でもそばに天使の存在を感じていました。

辛く苦しくても、天の存在を信じていた彼女は強く、この一生を受け入れていました。

死刑となり火刑台に立ち、火に包まれる彼女は「全てのものを許します。」そう言い、煙を吸って亡くなりました。

苦しみは一瞬でした。すぐにたくさんの天使たちが来て、天へ連れて行ってくれたからです。


彼女が天に帰り悔いていたことは
「多くの人が亡くなってしまった。
自分自身を全て犠牲にしてしまった。」というものでした。







未来世での龍との対話。

綺麗な穏やかな川に家族ときていて
そこには龍が嬉しそうに泳いでいます。
私にだけ龍は見えて心の中でも話が通じるようでした。
私とは昔の仲間のようで懐かしく感じました。

以下は龍からのメッセージです。

水を大事にしなさい。人々の生活にとって必要なものだ。
人間たちはわかっていない、こんなにも川を汚して。このことを伝えなさい。

あなたは、わかってくれた。ありがとう。
ここ最近の地震も雷も私のサインです。
テレビで70年程前の大水害で川の洪水により
被害があったことを見せたのも私です。

あなただけが気づいてくれた。
そして自然を汚したり猫などの生き物のことを重んじない人間たちに対して一緒に怒ってくれてありがとう。私の思いをわかってくれて嬉しかったよ。

あなたが川の近くに住む〇〇さんの家で猫が増えていると知り、誰かが声を上げなければ精霊たちが怒って洪水をおこすかもしれない、そう気づき、不安な中勇気をもって話しに行ってくれた。

もしあなたが行動しなければ、洪水をおこしただろう。あなたはわかってくれた。

毎年川で人が亡くなっているのもサインだ。
あなたは気づいてくれた。
今年は人が亡くなっていないだろう?
わかってくれたからなんだよ。

人々は誰も気づかない。気づいてくれない。
私は洪水や地震を起こすことができるのだよ。


あなたは猫活動において誰も分かってくれないと孤独を感じているかもしれない。しかしあなたの周りにはたくさんサポートする存在がいるのだよ。あなたは光っている。(精霊からも目立っている)
前へ。勇気をもって進みなさい。
大丈夫。我々もサポートします。
思考でがんじがらめになっていると我々はサポートできない。委ねなさい。
間違った時はお叱りがあります。
(それはあなたを愛しているから。)
前へ進みなさい。
猫活動のリーダーとなりなさい。声を上げなさい。一人ではできない。周りを巻き込んで行うのです。

あなたにとっては小さな一歩だったかもしれない、しかし我々にとっては大きな一歩であった。

あなたには人と精霊たちの仲介役の天使となってほしい。

自然災害などのサインを通して人々に知らせてきたが、本当は人と手を取り合っていきたい。仲良くしたいのだよ。恵みを与えている自然に対して敬意を払って感謝をしてほしい。

がんばって。だいすきだよ。



たしかこのようなことを言っていたように思います‥。


今世はジャンヌ・ダルクのように全てを犠牲にしなくてもよい。家族や出会いを大切に過ごしなさい。
と言われているようでした。