jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

奇跡の捕獲劇



昨夜は、4月下旬とは思えない5度の極寒の中、久し振りの捕獲作業に参りました。

これまでずっとヘルプとサポートをしてくれる方が現れないか、天界に願っていたところ、

突如、3名の素晴らしい女性達が現れたのでした。

おひとりは10年くらい以前からの生徒さまで小平に引っ越してこられ、動物愛護活動にとても興味を持っていらっしゃる方。

もうひとりは、すぐご近所の主婦のお方で、とても社会活動に熱心でたくさんボランティアをしていらっしゃるお方。

最後のおひとりは、セラピストのひかりさん。

真夜中の12時から、朝の8時まで入れ替わり立ち替わりで作業をしておりました。

その間に数々の奇跡が起きました。

一匹目は居酒屋さんの裏でこっそりと餌付けをされていた大きな雄ちゃんを捕獲しました。

その大きな雄ちゃんを私の部屋まで自転車で運ぼうとしていたところ、思いがけないことが起きたのです。

朝方の4時くらいに、突如、ひかりさんの携帯電話に、着信があり、20年以上前から友人であったというタクシードライバーさんが、新宿から小平までお客さんを乗せてきたので、会いたいと言って来られたのです。

天使のようなおじちゃん(失礼)でついでにその猫ちゃんを運んでくださると申し出てくださったのでした。

その猫ちゃんは推定6キロくらいある大型猫ちゃんで、運ぶのに苦心しそうな子でした。

その子の捕獲器をすんなりと私の自宅玄関まで運んでくださると、天使のおじちゃんドライバーさんは、朝のさわやかに澄み渡った空気の中で、再び音もたてずに、タクシーを発進させて去っていったのでした。

ありがたやありがたや

捕獲前に聖フランチェスコと聖クリストファーに捕獲の無事を祈っていたおかげでしょう。

また、真夜中に、ひかりさんがお世話をしている遊歩道の精霊のような猫ちゃん達とも初顔合わせをすることができました。

なんと愛らしい猫ちゃん達。毎晩、一匹ずつの餌に入れるサプリメントの調合に一時間を費やして与えているというひかりさんの愛情をたっぷりと受け、ノーランズ猫ちゃんとは思えないほど、つやつやな毛並みとキュートな容貌の猫ちゃん達でした。ひかりさんの毎日の努力のおかげで、遊歩道のアイドルキャッツとして皆活躍中のようです。



イメージ 3

まっくらな中の真っ黒な猫ちゃん達よく見えません。

 この精霊ちゃん達のおかげで、ひかりさんの精神と肉体は保たれているそうです。
 この子達を見ていたら、すごく分かります。


その後、早朝にご近所の主婦の方のお宅でも、捕獲器を仕掛けると一時間も経たないうちに2匹を捕まえることができました。

そしてその主婦のお方のお車で、動物病院に直行しました。

いつもは30分くらい掛かる道のりが、遅咲きの桜並木を通っていくと20分も掛からず到着したのです。その道中では私たちの活動を祝福するかのように、降雪したばかりの輝く富士山が目の前にドン!と現れたのでした。

イメージ 1

           すぐに撮れなかったので、イメージ

まるで「もう一人で苦しみながらする必要はない。多くの心ある人々と楽しみながら軽やかに行いなさい」と天界から苦行卒業のお達しを受けたような、一連の奇跡の出来事でした。

イメージ 2

            やったね。おめでとう!