jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

おしん考・・・


 

先日、ふと深夜につけたTVで、この間お亡くなりになられた橋田寿賀子さんと代表脚本「おしん」の特集が放映されていました。

 

その番組をぼんやりと見ていて感じたことがいくつかありました。

 

橋田寿賀子先生は、地球人に対して、重要な使命を持って降りてこられた高次元の宇宙界の存在

 

高次元の宇宙界のある古い星から見て、未だに気付きと目覚めのない未熟な人間達を目覚めさせるように、ミッションを与えられたある星の代表の古い魂のアース・スター

 

高次元の宇宙界のある古い星とは?

 

亀型の顔を持つ宇宙の存在?!

 

レプティリアンの存在でしょうか?!

 

レプティリアン型宇宙人は強面で性格もきつい感じがしますから、亀型の方々はもっと優しく高い叡智を持つ存在の星と感じます。

 

タートル Turtle 星 かも知れません・・・(勝手に命名) 

 

 ウミガメさん達、亀のお仲間達も高次元の宇宙界から降りてきたアース・スターの存在ではないかと日々感じております。

 

亀さん達は長生きでいらっしゃるから、タートル星の方々もご長寿のようです。

 

その番組内で、瀬戸内寂聴さんが出演されていましたが、この方もタートル星の方と感じました。

 

また時間がほぼ重なった他の番組で畑正則さんが出ていらっしゃり、シンクロを感じ、このお方もタートル星から降臨されたお方と感じました。しかし女性と男性に分かれた時点で、お役目が分かれた気が致します。

 

(男性の方はアダムであり、単純で気が優しい天使系、女性の方はエヴァでルシファー系、女性の方が複雑かつ鋭く強く賢く、最後は母のように大きな愛で受け止める優しさがある・・・)

 

橋田寿賀子先生のミッションの中に地上の修羅界の巫女になることがあったと感じます。

 

(畑正則先生は、動物界と人間界を結ぶ、神官とも呼べるかも知れません。

動物さんを主役にして、全面に押し出してくださり、人間と比較すると動物さんの方がずっと尊い高いレベルである、とやはり易しく分かりやすい描写で、指摘し教えてくださっていると感じます)

 

タートル星から降りて来られた橋田先生のミッションはきっと、戦争中という、究極の争いの世に産まれ、人間界の9割以上の人間が所属すると言われる「修羅界」の中に飛び込み、自らを律し、ストイックさを貫き、人間界の泥沼のような激しさや厳しさを体験させ、その体験したことを、人間に伝えるということであったと思われます。

 

橋田先生のたぐいまれなる観察力と分析力で人間の表面を美しくきれいに取り繕っている部分をはぎ取り、奥底に潜んでいる部分をえぐり出し、万人に、噛み砕くように分かり易い表現方法で、それらをストレートに描写していらしたという、他の誰も成し遂げなかった偉業を成し遂げたと思われます。

 

先生はつまり、

 

あなた達は内側に隠して取り繕っているでしょうが、

 

本当は怒りと憎しみの感情にあふれ、起伏も激しいのです。

 

人間は矛盾と理不尽に満ちているのです。

 

本当はこういう人間達なんですよ!

 

心の中に鬼を育てているのです。

 

自分勝手な生き物です。

 

我がまま放題です。

 

そんな自分に気付きなさい

 

認めなさい

 

それをも愛しなさい

 

そして

 

同じものを持った他人にも慈愛を持ちなさい、優しくなりなさい。

 

とおっしゃっていらした気がします。

 

 私も「おしん」の脚本が素晴らしい、と思ったことは、人生の成功者とも見られていたおしんさんが冒頭から、自分の人生を振り返り、反省と贖罪の為、巡礼の旅に出たことです。

 

番組でも言っていましたが、おしんさんがこれまで、身の丈を超えて無理をし続けてしまい、失敗しそうになったことで、もう一度、人生を振り返り、どこで道を外れてしまったのか、という振り返りの旅をし、最後は、もう一度、身の丈にあったところに戻る、というストーリーになっています。

 

それは番組でも、バブル景気で有頂天になっていた日本人に警告を与えていた、それが予言のように数年後に日本はバブルがはじけ、日本人もまたようやく魔法から覚めたように身の丈にあった生き方をし出した、と言っていました。

 

おしん」さんからのメッセージとして、「人間よ、反省しなさい、修復しなさい、そしてやり直しなさい。人間はいつでもやり直しができるのです」

 

と伝えていたと思います。

 

そう、書いていると、旧約聖書の中にあったヘブライ語のティムシェル timshelという言葉を思い出しました。

 

カインとアベルの話もしかり。


怒りと憎しみによって神様から楽園を追い出され、修羅界に身を堕としたカインが、何度も人間に生まれ変わって生きのび、そして、今の人間に行き着く・・・

 

 

つらつらだらだらと書いていましたが、

 

やはり橋田先生は偉人であった、というところに行き着きます。

 

今は、高次元の宇宙界のより高いところに戻られて、再び人間界を見下ろし、ご自分の遺された功績がどのような効果を残し、更に広がりつつあるのかご覧になっていると感じます。

 

 

 

  

f:id:jupesjupes:20210518164230j:plain

遊び疲れた~

f:id:jupesjupes:20210518164259j:plain

アンモナイト

 

Mother Mary & Jesus Christ

 

母というものの存在を考えていた時、ふと

 

現在の

 

「すべての女性の中には聖母マリアの要素がある」

 

すべての男性の中にはイエス・キリストの要素がある。

 

という究極のメッセージが参りました。

 

それは良い部分も悪い部分も持ち備えている人間的なもの。

 

聖母マリアイエス・キリストはすべての人類の象徴的なもの、と思えて参ります。

 

 

聖母マリア

 

マグダラのマリア

 

イエス・キリストの母

 

良いと感じるところを列挙すると、

 

「大事に思うものに対して情熱的で慈悲深く優しく同情心にあふれ世話好きで行動力がある、信念が強く忍耐強い辛抱強い底力がある、正義感にあふれ悪を憎み屈せず不正を許さない、美しいもの可愛いものが好きである」 などなど

 

反面

 

「愛するものを守る為や目的の為には手段を択ばない、嫌いなものはとことん嫌いである、頑固、嫉妬深い、執念深い、怒りが強い」

などなど

 

私が感じたキリストの良いところを列挙すると

 

「正義感が強く不正を許さず悪に屈しない、信念があり情熱にあふれている、不憫で可哀想なものには慈悲深い、集中力にすぐれ行動力がある、忍耐強く我慢強い、カリスマ性にあふれている、信じることを伝える能力に優れている、統率力、リーダーシップ力、カリスマ性がある、才能豊か」

  などなど

 

 

反面

 

現代でいう、発達障害系か、ボーダー系か、または本当に精神疾患を持っているような(聖書の中でも描かれているイエスの行動と性格では疑わしきところは、旧アスペルガー症候群、パーソナリティ障害、双極性障害、そううつ病パニック障害 かな?)

などなど

 

 

この母と息子は、現代人の中にも息づいている良いところと悪いところを両方を持ち合わせていると感じます。

 

我が両親と兄と弟を見て観察していても、感じるところ、思うところがあります。

 

きっとすべての人の中に同じ要素があるのだとつくづくと感じる今日この頃です。

 

 

f:id:jupesjupes:20210515141710j:plain

お隣のバラが侵入してきています

f:id:jupesjupes:20210515141711j:plain

人間て馬鹿だと思わない? By イーグル&ガネちゃん



 

 


(かくいう私も超越発達障害

 

 

 

 

ストーンパワー

 

天界のストーンが届いてから、エンちゃんとジェルちゃんのパワーが3倍くらい高まり困っているくらいです。

 

初日は、あまりにもストーンのパワーが強かった為に、エンちゃんは猫トイレに駆け込んで「おえー」としておりました。

 

エンちゃんはまるで人間のように気を使ってトイレで吐いてくれます。一方、ジェルちゃんは猫らしい猫でどこでも構わず吐きまくります。

 

今朝など、エンちゃんはキャットタワーに突進してタワーをへし折り、タワーがまるでピサの斜塔のようになってしまいました。

 

買ったばかりなのに・・・と折れた棒を交換して修復するとなんとか復活致しました。

 

本当にエンちゃんは女の子の猫なんだろうか、と疑問に思ってしまいます。

 

ワンワンくーんくーんと鳴き、犬のように散歩を強要するし、新聞紙をうさぎのように引き裂いて食べるし、プラス、ロシア人の貴族の男性?のような顔をし、こちらをじっと見つめてきます。

 

元飼っていた「犬のボン」と「うさぎのうさぎ先生」プラス、「ロシア人の誰か?」が入っているとしか思えません。

 

ジェルちゃんは私がいると2時間ごとに遊びを強要してくるし・・・

 

2匹で10匹の仔猫をお世話しているような騒動の日々です。

 

そんな中、エンちゃんジェルちゃんの邪魔攻撃をかわしながらディヴァイン・ストーンも完成に近づいて参りました。

 

ラジエルの魔法のランプは手放すのが惜しくなり、家宝にしようかと欲望が沸き起こってしまいましたが、それは打ち消し、これは人さまのもの、どなたか最高最善の素晴らしい方が所有するに違いないと思っております。

 

無計画に始めてしまった4年近くの猫活動で気が付くと、ひと財産使っており、中古のマンションを購入するくらい猫ちゃん達に費用が掛かってしまいましたから、背に腹は代えられません。。。

 

当時、仕入れた時のドル高円安であった為と、元値が非常に高価なものであり、やはり高額になってしまいます。

 

これも天界からの贈り物、と思っております。

 

f:id:jupesjupes:20210515131938j:plain

もう少しで完成

f:id:jupesjupes:20210515132012j:plain

f:id:jupesjupes:20210515132010j:plain

新聞紙を読むのも包まれるのも大好きエンちゃん

f:id:jupesjupes:20210515132021j:plain

寝ている時は穏やか

 

 

f:id:jupesjupes:20210515132153j:plain

ついでに天貝も作っております

f:id:jupesjupes:20210515132138j:plain

一匹の虫さんを1時間も凝視できる集中力

 

 

Happy Birthday Mother Mary

5月14日は母の誕生日です。

 

しかし何もできません。。。

 

母は私が知っている中でも最強の人です。

あらゆる試練を乗り越えてきています。

その中でも母親にとって生きている間に最愛の息子の死を迎えるというのは、人間にとって一番の苦しみだろうと想像できます。

 

キリストの母のマリアも、この世で一番愛する息子を目の前で十字架に架けられるという地獄の苦しみを味わいました。

 

その苦しみを乗り越えてこそ、人間を完成させられる、というMother Mary と同じように究極の学びを頂いたのですね。

 

f:id:jupesjupes:20210514073238j:plain

魔法のランプ

f:id:jupesjupes:20210514073229j:plain

魔法のランプから愛と光を



遠くから天界の最高最善の愛と光を送るのみです。

 

 

Happy Bithday Mother Mary?!

 

f:id:jupesjupes:20210514073245j:plain

ラジエルの魔法のランプ もう少しで完成です。

 

新月おめでとうございます!

5月12日は新月です。

 

天界の月を司る

 

大天使ガブリエルよ、大天使ハニエルよ、大天使ジョヒエルよ、イシスよ、ラクシュミーよ、鳳凰

 

私の正しき願いを叶えたまえ

 

今朝、私に天界は「猫セミナー」を独自に開催しなさい、というメッセージをくださいました。

 

早速動こうと思います!

 

皆さまにも天界の最高最善の愛と光を

 

 

f:id:jupesjupes:20210512174333j:plain

新月の日に、アラジンの魔法のランプの蓋?、金箔塗布 

 

祝!戻ってきてくださった Divine Stone 

 

今日は、また精霊さん達のいたずらか、何だか、用事の日をいろいろと勘違いしていて、ぽっかりと時間が空いてしまいました。

 

これもきっと何かをしなさい、というサインに違いないと思い直し、先日、あるお方から送って頂いた貴重な貴重な「天界のディヴァイン・ストーン Divine Stone」の浄化の仕上げをすることに致しました。

 

かつて、ピラミッドストーンと呼んでいました、この貴重なストーンは、しばらくの間、私の手元からすべてなくなってしまい、もう2度と手に入らないと諦めていたのでした。

 

それが数日前に天界から

 

「以前、預けていたお宅から戻して頂きなさい」

 

と、ふっと言われた気が致しました。

 

思い起こしてみると、2006年からずっとお世話になり続けていたあるお宅の方に、そういえば、いくつかストーンをお預けしていたことに気が付いたのです。

 

お返し頂くことには、少々はばかれたのですが、天界は、

 

「ディヴァイン・ストーンに一度でも触れたものは、そのエネルギーはそのものの中で、消えることなく、一生の間、効果を発揮し続ける。故に、ディヴァイン・ストーンを手放しても問題はない」

 

とおっしゃいました。

 

そして、

 

「この地球上にはこのストーンを必要としているものがまだまだ数多くいる。そのものたちに、分け与えなさい」

 

ともおっしゃられました。

 

そこで恐る恐る、保管してくださっている方にお訊ねすると、とっても快く「今まで十分にエネルギーを頂いたから」とおっしゃり、こちらにほとんどをお返しくださったのです。

 

このストーンには本当に不思議な力があり、このストーンを持った方々から頂いたエピソードは数え切れないほどあります。

 

しかし、最初の頃はいろいろとトラブルがありました。

 

これまで高価な石をこんなにたくさん仕入れたのには理由があります。

 

仕入れた当時は、私はちょっと羽振りが良く(なんてね!)ラスベガスまで2回も仕入れに行ったのでした。

 

2004年にカリフォルニアで行なわれたドリーン・ヴァ―チュー博士のエンジェル講座で同じホテルに宿泊し、そこで深いご縁がつながったロシェルさんが、私にプレゼントとして、最後の日にひとつくださった、当時「ピラミッド・ストーン」と呼ばれていたその石は、帰国してから、数々の奇跡を起こしてくださいました。

 

その石にものすごくパワーを感じた、ある北海道の霊能者のような方が、自分のショップで売りたいから仕入れて来て欲しい、と何度もお願いをしてこられ多くを仕入れに行くこととなったのでした。

 

その方はかなり手広くご商売をしていらっしゃるやり手の方であり、芸能人の知り合いも多くいるとおっしゃっていました。

 

また私の生徒さまのお一人でご主人があるプロ野球チームのスポンサー会社の方がいらっしゃり、その霊能者の方が加工したピラミッドストーンのブレスレットを試しにある有名野球選手に送ってみようか、という企画案が沸き起こりました。

 

ちょっと面白そうな企画だと思い、北海道にあるチームのその有名選手に、生徒さまのご主人が直接手渡しに行ってくださったのでした。

 

その後、どうなったのか、活躍を注目していたのですが、その選手が、ストーンを手に入れた直後から、飛躍的に活躍され世界に羽ばたいて行かれたという事実は目を見張るものがありました。

 

ピラミッド・ストーンはエジプトが原産地であり、その石が採掘されたところは、ピラミッドのある砂漠地帯からのものだそうです。そして、そのストーンが粉末となり、ある特殊な焼き方で加工され、ピラミッド内と同じエネルギーに仕上げられるそうです。

 

フランスの数学者が発見したという、その計算式はとても複雑な数字の羅列であり、見せて頂いた私には、まったく宇宙の数字?というように理解はできませんでした。

 

しかし、エネルギーは、とっても感じ、明らかに効果も感じておりました。

 

その野球選手もDNAの中に中近東のものがあり、そのストーンとエネルギーがぴったりと当てはまり、最高の相性で効果を発揮できたのでは、と思いました。

 

しかし、ピラミッド・ストーンは良い作用をする反面、人間の本性をあからさまにさせるという効果も同時に発揮し、魂の浄化作用をさせる、ということも大いにありました。

 

ストーンを大量に発注して来られた北海道の方は、こちらのすべての在庫を持って行ってしまい、その後音信不通になってしまったのです。

 

注文したものの支払いをお願いしても返事がなく、姿をくらましてしまったのです。

 

あまりにも不誠実な対応であった為に、最後には「法に訴えます」とようやくつながった電話口でいうと逆切れをされ、激しい口調でものすごくこちらを責めてきた後に、やはり訴えられることを恐れたのか、一部を除いてほとんどこちらに返却して来られました。

 

その後、その方がどうなったのかは知る由もありませんが、たくさん裁判を抱えて四苦八苦しているという噂は聞いておりました。

 

こちらは、多くのストックを抱えることとなりましたが、それらのストーンをすべて浄化し、天界の光を当て続て、純金とプラチナ加工を施し、ピラミッド・ストーンを「天界のディヴァイン・ストーンDivine Stone」に進化させて、皆さまにご披露し、販売をすることとなったのでした。

 

歴史上でも、宝石が起こす奇跡や悲劇の物語は数多くあると思います。

 

石は人間の魂の本性を出させるのでしょうね。

 

Divine Stoneは魂が清らかでレベルが高い方が持つと、その周囲へも素晴らしい癒しの力を発揮し、最高最善の方向に導いてくださいます。

 

石を使って儲けようとか、自分だけが幸せになろうというような強欲で傲慢な人が持つと、大浄化が起き、持つものと周囲に、すごいほどのクリアリング作用が起きるようです。

 

やはり神秘の力のある石は、多くの不思議なことを起こすのでしょう。

 

祝! Divine Stone!

 

f:id:jupesjupes:20210511121254j:plain

エンちゃんジェルちゃんも大興奮

f:id:jupesjupes:20210511121214j:plain

触らないで!

 

f:id:jupesjupes:20210511121254j:plain

エンちゃんジェルちゃんの寝ている間に作業を

 

猫を飼う理由 2

やはり、自分の為に猫を飼うという方々は、結局は自己愛に満ち溢れた自分勝手な方々が多いと感じます。

 

・孤独で寂しいから慰めとして猫を飼いたい(パートナーと別れたとかの理由で)

 

・ちょっとした気まぐれで仔猫の見た目が可愛いから飼いたい

 

とかとか・・・

 

そういう理由から飼い始めた方々でも、一緒に生活をしている間に、徐々に命の重さを真摯に感じられて考え方が変わってくださったら、それは「終わり良ければすべて良し」、「メデタイメデタイ」ことなのですが、気まぐれの無責任な方は、急に気持ちが変化し、ゲームのような感覚で「リセット」「終了」というように猫まで外に放り出したり致します。

 

一人暮らしであるとそれを止める家族もいなく、ただ猫ちゃんはごみのように捨てられます。

 

どちらかというと血が通っているのかと疑問に思うような宇宙系の人々は、猫に対しても人に対しても面倒になるとふっと責任放棄するのでしょう。

 

人間界的な症状でいうとレベルの重い「脳の発達障害系の方」に多いと感じます。

 

以前は、そんなことが実際にあるのか疑問でしたが、この3年半の間でこの近所で保護した猫ちゃん達ほとんどが、その捨て猫であったということで真実を目の当たりに見せつけられました。

 

エンちゃん、ジェルちゃんを見ていると、こんなに人が大好きで懐っこい子達が、交通量の多い交差点に放置されていたと思うと、こういうことをする人間がいるということに、未だに胸が痛みます。

 

私も本来は、猫を飼いたくありません。

 

命が重すぎて、独り身で不安定な自営業の私には無責任な立場であり責任が取れないのです。

 

以前はメダカですら命が重すぎて飼えないと思い、何も飼いませんでした。

 

うさぎ先生は実家に突然現れてしまった為に、仕方なく飼うことになりましたが、それで、できる限り100%保証の生命保険に入ったり、「うさぎファンクラブ」に加入して勉強致しました。

 

今のエンちゃん、ジェルちゃんも本当は飼う気はありません。

 

飼うという言葉よりも、「仕方ないからしばらくおいている同胞の同居人」という感じの方々です。

 

そして発達障害(人間はすべて発達障害である、とある精神科の医師がおしゃっていました)であるからといって、そういう軽はずみなことをする人間は本当に許せません。

 

発達障害でも、人間界で経験を積んで学んでいけば、魂が成長し修正していくはずです。

 

この間深夜番組でふとつけたNHKでやっていた「透明なゆりかご」を一気に見てしまいました。(テレビはジョー君に去年壊されましたが、その後、ビデオのスクリーンとして使う為に購入済みです)

 

その透明感がある主人公の女の子は生まれつきの脳の障害のある子で、幼少期から集中すると周りが見えなくなる、人の気持ちが分からない、という問題があり、自分のせいで離婚してしまった母親との確執に悩んでいましたが、婦人科のクリニックの看護インターン生として現実の人間の生死を体験していくうちに、「分からないから考えて考えて努力する」ということで魂の成長がみられる、という素晴らしい物語でした。

 

そうそう、宇宙人でもなんでも、自らを知り、より良い人間になろうと努力して学んで自分を反省していけば人間になれるのです。

 

 

貴重な人間の容器を頂いているのですから、それを感謝して人間になりましょう!

 

そして弱く受け身的な動物さん達に手を差し伸べて助けましょう!

 

それが自由に器用に動かせる手足と自由に発せられる声と自由な発想ができる脳をお借りしている人間の権利であり、義務です。

 

 

f:id:jupesjupes:20210509112305j:plain

そうだ~!