jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

仔猫ちゃん騒動

先日、群馬県のお近くにセラピールームをお持ちの生徒さまのお宅まで伺った時のことです。

 

その向かいのお宅で多頭飼育崩壊をしている旨を伺っておりましたので、一時間早く赴き、お宅にTNRのお話をするべく意気込んで行ったところ、玄関にかごが置いてあり、その中に瀕死状態の4匹の小さい仔猫達を発見してしまいました。。。

 

そのお宅の若奥様が出て来られ、この家で代々、皆、野良猫にご飯だけは与えて何もしてこなかった、自分自身もそれを疑問に思っていたけれども、何も言い出せなくて、いつもこのように仔猫が産まれてしまう、と涙ながらに語って来られました。

 

そんなお話は後にし、とにかくこの呼吸困難に陥っている仔猫達を病院に連れて行かななければ、ということで、生徒さまにお車を出して頂き、一番近くの動物病院に連れて行ってもらいました。

 

4匹の仔猫達は今まで見たことがないような酷い状態でした。両目は膿でつぶれ、鼻もつまり呼吸困難になっており、全身ノミダニシラミだらけでありました。

 

その汚れきった瀕死の仔猫達を女医の獣医さんは厭わず、全身全霊を掛けて、ノミダニを櫛ですいて、両目の膿を取り除き、一時間ほど掛けてきれいにしてくださいました。

そして抗生物質の注射を打ち、ノミダニ回虫駆除の薬をつけてあげて安静にしてあげ、更に天界のヒーリングを生徒さまと共に施術してあげたところ、数時間後には、4匹とも元気に遊んだり走りだしたりするという奇跡が起こりました。

 

台風前に救出できて本当に良かったと安堵致しました。

 

その動物病院の女医さんはご自分の年老いた母親も同じように庭で野良猫を増やしてしまったという経緯があり、ご自分で全部捕獲し、去勢不妊手術をさせていたそうです。

 

そんな獣医さんはめったにいらっしゃいません。私の家の近くの動物病院の獣医さんなど、野良猫と聞いた途端にイヤな顔をし、飼い猫と明らかに差をつけた処置をしておりました。

この女医の獣医さんも聖フランチェスコから見込まれた、正義感のお強い、心が純粋でまっすぐな方と感心してしまいました。

 

その4匹の仔猫を保護していた若奥さんも病院について来られ、始終ずっと涙を流しっぱなしでした。若奥さんもきっと天使の生まれ変わりの方なのでしょう。

 

そして私に対して、なぜ関係のないこちらの野良猫にそんなにしてくださるのですか?と聞いて来られました。私にとっては、最近は、病気やけがをしている辛そうな猫をみたら、当然のように助けていたので、そんな質問すら新鮮に聞こえてしまいました。

 

なぜ?野良猫ごときにそんなにしてあげるのか?どうしてでしょう?

 

十年くらい前の私であったらスルーしていたことかも知れません。

ずっと以前、会社の方々と旅行に行った先で、その旅行に参加していた女性の方が、皆と離れて散歩をしていたところ、目の前に交通事故に遭った野良猫を発見してしまい、思わずご近所に訊いた動物病院に連れていき、一命をとりとめたとおっしゃっておりました。

 

それを後から聞いた私は、自分だったらそんなことができるだろうか、旅先で出会った縁もゆかりもない野良猫に対して高額な治療費を出し、その後、保護することなど、もし自分だったら絶対に無理と思っておりました。

 

しかし、今なら、その女性のお気持ちや行動がとてもよく分かります。

命あるものを見殺しにはもうできないのです。もし、これを見殺しにしてしまったら、このあとの人生でずっと後悔の念に苛まれることでしょう。

 

この間の不妊手術をさせた野良猫ちゃんの乳がんの発見の時もそうでした。

 

他の方々は、その野良猫に掛けるお金があったら、他のもっと多くの猫を救えるでしょう、自分だったら、そんな野良猫はスルーして、野に放つ、なぜそうしないのか、とあきれ果てられて訊いてこられました。

 

私にとって乳がんの手術を受けさせなかったら、その余ったお金を、という考え方自体に行き着きません。余るお金などないと思います。

 

乳がんの手術の治療費と、他の野良猫のTNRの手術費は全く別のものと感じております。

 

私に対して偽善者だ!自己満足だろ!と非難する人達があとを絶ちません。その非難する方々は苛立ちと怒りを隠せないように怒りながら私に説教をします。それはきっと私のことを思って言ってくれているのかも知れません。

 

しかし、私は自己満足でもなんでも良いのです。

ただ、淡々と天界からやれ、と言われていることをやっているのみなのです。別に良いことをしようとしているのでもなく、天界のミッションはやらざるを得ないのです。

 

もし、これをやらなかったら、もっと違う形で、更にもっとハードな方法で目の前で起きてくることでしょう。

 

その天界の法則を知ってしまった限り、与えられたミッションはこなさないとならないのです。

 

それを仔猫が奇跡的に元気になったとか、乳がんの手術が成功して元気になったとか、猫達を受け入れた里親さんが幸せを感じたとか、結果は悦びとなって返ってくるのです。

 

本当にすべては感謝で受け入れていきたいと願います。

 

また群馬の近くの生徒さまも、目覚められました。

https://ameblo.jp/lulua808/entry-12534883641.html

 

すべては天界の思し召しなのですね。

 

f:id:jupesjupes:20191012150840j:plain

乳幼児の捨て子ちゃん

f:id:jupesjupes:20191012203601j:plain

一番状態が酷かったマリアちゃん