jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

次から次へ

 

今、ある場所での捕獲作業を毎日させて頂いております。

 

以前から気になっていた多頭飼育のお宅(失礼ながらごみ屋敷)でご主人が亡くなり、8年間、別居していらした奥様が帰って来られたそうです。

 

奥様は以前は猫の保護活動をしていらしたそうで、とても知識もご理解もあるようなのですが、なぜか、ご主人の方は、猫達に餌をやりっ放しで不妊去勢手術もせずに8年間も猫の出入り自由にさせて放置していたそうです。

 

その結果、ご近所でも問題の猫屋敷と化し、庭の草もぼうぼうの荒れ放題、外は蚊の温床で、猫達も蚊のアレルギーで皮膚病が酷く、身体も弱く、見ていても気の毒なくらいの状態になっています。ご主人が病気の時はろくに餌もあげていなかったようで、皆、やせ細っていました。

 

そこに通りかかった中国人の猫愛好家のMさんが、その子達を見つけて餌をあげ始めたとのことです。

 

私も以前そこで別の方から、捕獲の依頼があり捕獲保護したマリアちゃんは乳がんを発症し、更に酷い皮膚病も持っていました。

 

今はそのマリアちゃんは、「アドちゃん」と呼ばれ、2度目に行った里親さまのところで穏やかに平和な暮らしを手に入れております。

 

その因縁の場所で、中国人のMさんとその奥様の手伝いも加わり捕獲作業を再開したところ、今まで現れなかった仔猫達まで次から次へと現れ、しかも、もうかなり大きい子達になっていたのです。

 

 

次から次へと出てくる仔猫達・・・

 

こちらができることは、保護して里親を探し、また保護しては里親を探し・・・

 

しかし、これ以上は受け入れが難しくなって参りました。

 

マックス17匹の猫達・・・

 

同居しているSさんもお世話が死にそうになっています。(死なないでください、サンちゃん達が悲しみます)

 

天界は試してくださいますね~

 

でも、これも楽しい歓びとして軽やかに受け止め、学びと経験を感謝していたら、次なるステージへと上がっていける気がしております。

 

まだ猫の子どもだから良かったものの、これが人間の子どもだったら、と思うと・・・

 

猫だからまだ可愛いものです。

 

トイレの始末も嘔吐の始末も小さいし。

 

この大騒動が少し治まったら、天界の仕事をせねば・・・

 

やらなければならないことが滞っており、やろうと思うと何かが起こり、遅々として進まず、時々「なぜに!」と思いますが、これも天界の思し召しと思い、頑張ります。

 

しかし、猫活動をしていると、心身の状態だけは最高に良く、この3年間一度たりとも風邪をひくこともなく、24時間稼働できております。

(人間的で普通の生活も寝食の時間はなくなりました。消防士並みにいつでも稼働できるように外着を着て床に寝転んで、食事は夜だけ立ったまま、というスタイルに陥りました)

 

体重だけは5キロは減り、10年前の生徒さまも私に気が付かなかったほど、げっそりとしていたようです。

 

でも無駄なものが落ちて良かったのだと思います。

 

今日も保護活動頑張ります。

 

すべてのものに天界の最高最善の愛と光を!

 

f:id:jupesjupes:20200915100157j:plain

おまけ。どうぶつ病院で出会った他の団体さんの仔猫ちゃん

f:id:jupesjupes:20200915100253j:plain

ちっこいね~