jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

警察沙汰・・・

三が日の日に電話セッション中、5回も不在着信があり、掛け直してみると

「小平警察署です」との応答がありました。

 

どの警官が掛けたか分からない為に、折り返し電話すると言われて待っていると

婦人警官から電話があり、

 

「ボランティアを強要され捕獲器を置いておかれて困っているから持って行って欲しいとおっしゃる方から通報がありました。捕獲器を持って帰ってもらえませんか?」

 

とおっしゃいます。

 

なんと。

 

こちら側も捕獲器の経緯を説明すると婦人警官の方も

 

「そうですよね。そんなことで警察を使うなんてね。ご自分で言えば良いものを」

 

と笑って呆れていらっしゃいます。

 

私を警察に訴えた方は、この数か月間、こちらに猫の捕獲の手伝いを依頼して来られ、こちら側で松本さんのお車で足の悪い子を病院に搬送し、仔猫はこちらで保護し里親探しをし、その他の猫もT.N.R.をしたという依頼主です。

 

最初の頃その方は

 

「私はこの小平の行政を変えてやる!猫問題を政治で取り上げてもらう!私がリーダーとなって革命を起こしてやる!」

 

とこちらが引いてしまうほど意気込んでいらした方です。

 

それがだんだん面倒そうになり、最後はなんと自分でこちらに電話をせずに、警察を使って伝言を伝えてくるという、手のひらを返したような異常な行為をされました。

 

以前脳梗塞を起こして手術をしたということも伺いましたから、きっと脳の疾患をお持ちで異常行為をされるのでしょう。

 

それにしても、恩をあだで返す、と言葉通りの行為をしてくださいました。

 

 

この猫活動を始めてから、生まれてこの方経験したことがないことばかり起こります。

 

猫活動で関わるうちの7割強の方々が異常性を持っているように見受けられます。

 

自分の仕事上で多くの精神を病んでしまった方々と関わらせて頂きますが、その方々は皆様、純粋な天使系高次元の宇宙系、精霊系の方々であり、接していても心地良く美しい清らかな気持ちになるのみです。

 

しかし、猫を介して関わる異常な方々は、こちらを地獄界に突き落としてくださるような方々ばかりです。

 

その一つが、警察に通報され犯人扱いをされることです。

 

猫活動を始めてから3年余りで多分、10回以上は警察に通報され何度も調書を取られています。

 

その度に私の個人情報を何度も何度もメモをされ、きっとどこかに私の情報が雑なメモで残っているのでしょう。

 

しかし、以前から警察の方々に感じる印象は、残念ながらあまり警察官の威厳や脅威やパワーも感じない、そして役にも立たない・・・な、ということです。

 

これまで完全に気が狂ったような例の鬼婆さんが私を5,6回通報してくださいましたが、毎回来られる警察官の方々は自転車でのんびり来たり、またパトカーでぞろぞろと何人もの男性警察官が来られますが、皆さん、一様に、下腹が出っ張っているいわゆるメタボのだらしのないお身体でいらっしゃいました。

 

制服のお腹の辺りのボタンがはじけそうで、こちらはそればかりに目が行ってしまい、どうにも威厳が感じられず、むしろユーモラスな印象を受けました。

 

この方々は日頃、犯罪者の逮捕の為に鍛えているのだろうか、と疑問に思ってしまいます。

 

昔よく見ていたテレビドラマの刑事ものでは、警察官の方々は敏捷でたくましく鍛え抜かれていたお姿であった記憶があるのですが、実際はそうでもないのですね。

 

きっと業務後のビールを楽しみに日々お仕事されているのだろうと推測されます。

 

また失礼ながら漢字の知識があまりございません。

 

こちらが言ったことをメモを取られるのですが、誤字がはなはだ多く、思わず、この方は本当に公務員試験を受けて合格した方?と、まあ、自分も最近漢字をよく忘れますから、自分を棚に上げてしまいますが、公務員なのに、とつい思ってしまいます。

 

また驚いたことに、感情をむき出しにして、暴言も吐きまくります。

 

大騒ぎをして籠城を決め込んだ鬼婆さんに向かって、

 

「このばばあ!出て来いや!お前が猫を出すのが悪いんだろ!首輪しろよ!ちゃんと飼えよ!馬鹿やろ~!」

 

と、ご近所の方々が見ている前で叫んでいらっしゃいました。

 

思わずこちらが

 

「まあまあ、そこまでおっしゃらなくても・・・」

 

と、止めに入ったほどでした。

 

一般市民に対して、そんな態度をとって良いのかも、また疑問に思うことのひとつになりました。

 

交番にはよく道を訊ねることがあり、そういう時はとってもご親切に対応してくださり有難いと思います。

 

しかし、自分自身も過去に通り魔に殺されそうになったり、盗難に遭った時はまったく何も動いてくださらず、頼りにならない、とがっかりしたものです。

 

警察官には、「大天使ミカエルの守護」があると言われています。

アメリカの警察機関のエンブレムには大天使ミカエルが彫られているそうです。

 

大天使ミカエルは正義の味方の象徴です。

 

日本の警察にももちろん大天使ミカエルが守護しているはずです。

 

しかし・・・

 

平和ボケなのでしょうか・・・

 

ただ、有難いことに、こちらの猫活動に対してはとても好意的で理解を示してくださいます。

 

これもすべて学び、経験と捉え、感謝して進もうと思います。

 

逮捕されて牢獄行きの経験だけは、結構でございます。

 

f:id:jupesjupes:20210106163820j:plain

人間て。くだらないわ By 女神のダイアさま