jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

またまた怒涛の日々・・・

 

エリザベスさまの聖なる葬儀が終わり、仔猫達の行く先が決まりほっとしたのも束の間、また仔猫が産まれて困っているという情報を頂き、捕獲保護に赴きました。

 

しかし、今回はお庭で何年もご飯をあげていて、3回目の出産を許してしまった、という方からのご依頼であり、道端の仔猫達を保護するよりも少しは気持ちが楽であると思っておりました。

 

しかし、捕獲器に慣らす為に3日ほど置いておき、ちょうど良いところで母猫と仔猫達を捕獲する予定であったのが、私が他の雄猫を捕まえようとしていた捕獲器に母猫が入ってしまい、仔猫が分散してしまったことで、保護がかなり難しいものになりました。

 

本当に天界は試練をくださいます。

 

その夜も片道自転車で30分くらいの場所に行き、夜中の2時から、畑の中でひとりうろうろと5台も捕獲器を仕掛け、本当に侘しい気持ちになっておりました。

 

いい年をして、何をやっているのだろう?と疑問がわいてきてしまいます。

 

やっぱりそのご近所も猫活動や猫には後ろ向きで、こちらの活動の説明をしても他人事で目を向けてくれません。

 

近所中に猫忌避剤が撒かれ、異常なくらいのペットボトルが置かれていました。

 

もう世の中全体の意識が変わらなければ、私ひとりうろうろとやっていても何も変わりません。

 

また仔猫達が産まれ続け、不幸な猫達が増え続け・・・

 

怪我をしたり交通事故に遭っている猫達を数多く見てしまいます。

 

根本的に変革を起こさねば・・・

 

 

しかし、今回も天界の奇跡がありました。

 

仔猫達、3匹はその後、すぐ捕まり、里親候補をあっという間に現れました。

 

天界は試練と奇跡を交互にくださり、飴と鞭で脅したり喜ばせたりして参ります。

 

ひかりさんがおっしゃるには、動物愛護を大いにうたっている私もひかりさんもが、しなやかに強くたくましく成長するためにくださる神様の試練だとおっしゃってくださいます。

 

もう十分過ぎるくらいたくましいのですが・・・でもこれを一生続けるわけには参りません。

 

本当にもうそろそろこの虚しい日々を終わりにしたい、というか終わりにします。

 

f:id:jupesjupes:20200605175558j:plain

ご近所のオーストラリアのハーフの兄弟が欲しがっています。

f:id:jupesjupes:20200605175723j:plain

可愛い子達です!