jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

6月に・・・

 

6月に入っても全力ダッシュの日々が続いております。

 

捕獲作業は皆さんがだいたい家の庭でやってくださる為に、赴いて行かなくて済み、それは有難く楽をさせて頂いております。

 

しかし、餌やりを度々いろんな方に頼まれたり、新入りの猫ちゃんのお世話などしていると、猫に取られる時間が毎日4,5時間と、本当に猫一色に振り回されております。

 

そして、水星が地球に近づいている影響の為に、身体の中の鉄分がまるで砂鉄になって磁石に吸い取られるように、強力磁石の水星に吸い取られているようで、時々、貧血気味となります。

 

毎日かなりの鉄分を摂り、鉄剤を飲み、鉄瓶の中に水を入れて冷蔵庫で冷やし飲むようにしております。それでもまだ足りないようで、最近、摂っていなかった乳製品を摂るように心がけると少し体調が戻ってきたようです。乳製品は人間の身体に良くない、という説もありますが、100人いたら100通りの健康法と合うものがあるでしょうから、関係ないと思います。私は前世牛であったことがあるようで、牛さんの恩恵を受けることに致しました。

 

牛さんのお乳は血液が乳化したものですから、本当に命を頂いている気が致します。

 

新入りアメリちゃんは私がダウンしていると、「大丈夫?」というように顔の近くまで接近してきて息をふーふーと吹きかけて癒してくれます。

うちのエンちゃんも、へちまだわしのような舌で私の顔を舐め回し、拷問級の優しさをくださいます。ジェルちゃんも私の上に飛び乗り、ふんぎゃ~!と叫びながら、踏み踏みマッサージをしてくれます。

 

皆、この子達はやんちゃですが、本当に天使です。

 

 

どんどん記憶が飛んで行ってしまう為に、備忘録として記しておくと・・・最近起きたことと言えば

 

・玄関に蛍が現れたこと。

まったくそこから飛ぶこともなく離れようともしません。そこで精霊さんが来てくださったと有難く思いましたが、ちょうど蟻よけの薬を撒いた直後であった為に、大丈夫だろうか、と案じてしまいました。

 

しかし、精霊さんであったら、それも問題はないのだろうと思い、そっとしておくことにしました。

 

・新人議員さんから連絡があり、活動の話をインタビューさせて欲しいという依頼がありました。

 

この数年間の間に、議員さん達から同じような依頼が何度もありましたが、その都度こちらは真剣に、多くの資料を用意し、時間を割いて熱弁を振るうものの、その後、なんの成果もなく、進展もなく、ただ、こちらの時間とエネルギーの消耗であったという残念なことばかりであり、しかも、こちらから議員さんにヘルプを依頼しても、まったく何も動いてはくださらず、むしろ、こちらの非を批判されるばかり、ということで、議員という存在に疑問を大いにもつだけでした。しかし、今回の方は、補欠初当選したばかりのお若い方ということで新鮮な穢れなき状態である為に、少しは何か良い方向に行くかも知れない、と、期待は絶対にしてはいけませんが、その議員さんの研修レポートの為であろう、インタビューに付き合うことに致しました。

 

しかし偶然にもお住まいが餌やりの現場のすぐ隣であったことや、議員に立候補した目的が、動物さんとの共存を図りたい、というものであった為に、嫌な感じはありませんでした。

 

天界に委ね切ります。すべて良い方向にいくことでしょう。

 

・凶暴猫「ジョフィー」あらため、「ジョディ」ちゃんの爪切りをして参りました。

 

里子に出した先の里親さまから、時々、爪切りの依頼が参ります。

 

もちろん、里子ちゃん達の近況が分かる為に、喜んでどこにでも参ります。

 

ジョディちゃんは、まるまるとなって、とても元気そうにしていました。まだ里親さまが触ると「う~う~」とうなってはいますが、とても好奇心旺盛で甘えん坊のお茶目な女の子になっていました。

 

里親さまが触れるくらいになるまであともうちょっとでしょう。

 

・生徒さまのお母さまが闘病9年の末にお亡くなりになられました。ずっとお付き合いをさせて頂いていたお母さまであった為に、ようやく辛い人間界と痛む肉体を離れて軽やかな世界に飛び立たれたことを喜びました。

 

生徒さまのお母さまに対して、長年抱えていらした執着心や罪悪感がようやく取れた時に、終わった・・・という感じがありました。

 

もう思い残すこともなく、軽やかに昇天されたようです。

 

アメリちゃんが、ようやくうんちゃんをしてくださいました!

 

5日ぶりの大成果でした。

 

獣医さんから、これ以上、便秘が続くようだったら、掻きだすしかない、と言われていたのですが、きっと嫌がるであろうと思い、下剤か浣腸しかないかな、しかし、浣腸で命を落とす動物さんもいる為に、慎重に扱わないと思案しておりました。

 

すると天界から、「猫砂を変えなさい」と言われた気がし、大きめのトイレを探しだし、そこに鉱物系の砂を入れて、その場を離れたところ、すぐに砂を掻きだす音が聞こえ、直後に排出したようでした。

 

小さいトイレから、アメリちゃんは身体がはみ出していた為に、心もとなかったのかも知れません。

 

 

まだまだ他にも細かいことが起きていたと思います。

 

あまりにもスピーディにことが始まり過ぎ去って行くためについていけないほどです。

 

でも、いつも天界から手厚い守護を受けている感覚があり、本当に有難く嬉しく思います。

多くの存在達に天界の最高最善の愛と光を

 

感謝

 

f:id:jupesjupes:20210526094556j:plain

この方々のパワーにも救われています。