jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

GO GO 終焉


昨日、数日前から調子の悪かった掃除機が稼働中、突然、蛍のように光を点滅させながらご臨終・・・とあいなりました。

 

おしゃれでシンプルデザイン、軽くてコンパクト、コードレスでと、とても重宝していたのですが、猫さま達の落とした毛を吸い込むためにヘビーユーズしていた為、もう疲れてきました、と言う体で、徐々に筒の部分が外れ易くなり、容器の蓋も取れかけ、充電もすぐに切れるようになり、と年老いて息切れをしていく競走馬のようになって参りました。

 

それをなだめすかして人参をぶら下げるように、奮起させ、働いてもらっておりましたが、最期は「申し訳ございません。旅立たせてください」と申し訳なさそうに逝ってしまいました。

 

享年9か月(2020年11月27日購入ですからちょうど!9か月!)

 

なんと短い命・・・

 

やはり外国製のジェネリック電化製品は弱いのかも知れません。そんなに値段は安くなかく、恰好良くて良かったのですが、やっぱり家電は日本製に限る、とあらためて思います。

 

外国のものは、土足文化の掃除機が多く、カーペットに残る土埃や砂利をガリガリとブラシで叩き出して強力に吸い込むタイプが多く、日本の繊細な畳、床には合いません。

 

ちなみに、英語圏の国で私の名前が英語っぽい発音で紹介されると、「まあ!掃除機の名前!」と吹き出す方が多くいました。わざわざその掃除機の広告を切り抜いて手紙で送ってくださる方もいたほどです。大きなお世話です!

 

名前から派生した小話で、やはり英語圏の国で私の名前が英語っぽく紹介されたある会で、皆、急に、万歳をしながら、私の名前を連呼し、その内、皆腕を組んで輪になって踊り出す、という一幕があり、私はただ茫然として、その不思議な踊りの輪の光景を眺めていたことがあります。その輪の中の一人が私に説明して「あなたの名前は、コロンブスが大陸を発見した時に叫んだ雄叫び声なのです。私達は何か面白いこととか、新たな発見があった時、この雄叫びをあげて皆で騒いで祝福する習慣があるのです」とおっしゃってくださいました。

 

それから、自分の名前は英語圏では結構人を陽気にさせる、ギャグに使える、のだな、と味をしめてしまい、最初から私の名前は面白いのです。と言って自己紹介していたものでした。

 

と、話は逸れましたが、その外国製の掃除機はお亡くなりになってしまい、今度は初心に戻ってコード有りの日本製のものに致しました。

 

やっぱり吸引力が、けた違いに違います。

 

舞い上がって空中を漂っている毛までどんどん吸い込み、かなり空気までもが、きれいになりました。

 

猫さま方が来る前は、実は掃除機を使わず、はたきとモップだけで済んでいたのですが、脱毛発生装置である猫さま方が降臨してからは、掃除機は必需品となりました。

 

掃除機だけではなく、最近、急激にいろいろなことが終わっていきます。

 

天界より、今年は「5」の年であるから、「Go Go」というように後ろを振り向かずに前に前に進みなさい、と言われておりました。

 

しかし、自分だけは何もほとんど進んでおらず、止まってしまっていて変化もなく、猫活動ばかりをさせられており、これで良いのだろか、と思うこともしばしばあったのですが、今日なんとなく天界から

 

「あなたが止まっていても、周囲が激流のように変化している。あなたは、川の激流の中洲の上にいるようなものである。止まっていても時代も、物事も激変していく。それを静観し、受け止めゆだねているだけで良い・・・」

 

と聞こえてきた気が致しました。

 

それを感じて、まあこれで良いかな、と思えて参りました。周囲が勝手に激しく動いては終わって行く時は、それに飲み込まれずに自分のスタンスは変えずにいよう、と思います。

 

まるで今のパラリンピック・オリンピックのようですね。取っている新聞ではそれを「パラレルワールドで起きていること」と評していました。

 

本当に別次元で起こっている仮想のような出来事をテレビだけで見ている、みたいな感じです。

 

周囲で起きていることや世界の出来事が、同じ地球にいても、別次元で起きていることのように思えます。

 

 

またあまりにも自分に動きがない為、出張もなく、つい、「個人事業主の支援金」に応募してしまいました。

 

支援金を頂くことは、なんとなく物乞いをするような卑下する気持ちになり、最初は、はばかれましたが、数人の市議員の方々と接していて、こんな(失礼ながら)百害あって一利なしの(役立たずな)人達が血税で平均年収1300万円ももらっているなんて許しがたい、それだったら、自分が払っていた税金を返して頂くことは、なんでもないこと、と市議員のおかげで罪悪感を払拭できて、それだけでも、接していた時間は無駄ではなかったと自己暗示をかけております。

 

いつの世も官僚、政治家は悪ばかりです。

 

時代劇でも「悪代官」が悪だくみをして成敗されるのが、お決まりのパターンですね。

 

良い政治家などきっといつの世にもいないのでしょう。

 

「仕置き人」のように仕置きをしてもらいたいものです。

 

密かにイメージの中で仕置き人になり切って、天界に上昇し悪代官たちをルシフェルのプラチナの剣でたたっきって成敗しています。

 

しかし、悪官僚が世の中にいてくださるおかげでバランスが取れている、と思うとあの存在方も必要悪なのだと思えて参ります。

 

また良いこともありました!

 

かつてのアラミスの兄弟の2匹を家族にしてくださった方々が、仔猫達にとご寄付フードをこんなにたくさんお送りくださいました。

 

f:id:jupesjupes:20210827132141j:plain

カルカンパウチ!こんなにたくさん!

f:id:jupesjupes:20210827132129j:plain

                 有難いです!

 

 

またうつっぽかった、白黒ママの「ムーちゃん」も心優しいご近所の方にもらわれていくことが決まりました!

 

 

f:id:jupesjupes:20210827133235j:plain

疥癬が酷かった当初

 

f:id:jupesjupes:20210827133242j:plain

こんなに美猫ちゃんになりました

 

 

 

 めでたし、めでたし!!