jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

満月とイースターの日・ネコ道 必修選択科目

以下、昨日、書きかけていたところのものです・・・

 

今日は暖かい太陽の日差しが、新規オープンしたベランダに注がれて、気持ちの良い朝を迎えられました。

 

この数日間、どんよりとした空が続き、せっかくのイースターと満月が重なった日も残念ながら、黄金のお月さまは臨めませんでした。

 

しかし、何か大きなエネルギーは動いた感じがありました。

 

満月の日は、何かに突き動かされるように、どこかを大掃除したくなります。

 

今回も、大人しく不平不満をいっさい言わないミケルちゃん一匹になったことを良いことに、猫ちゃんハウスの大掃除では大音量で掃除機をかけまくり、ケージも全部拭きまくり、クッションも洗い、エアコンの内部掃除をしようと開けてみると、おぞまじいほこりだらけに、なぜかフードまでも詰まっていたことを発見し、大慌てで洗浄し、隅から隅へと2時間余りの大掃除を致しました。

 

それでも飽き足らず、午後は餌場のごみ拾いをし、分別して、ごみ置き場に運びこみました。

 

その翌日は待ちにまった1か月に一度の燃えないゴミの日でした。

 

この日を心待ちに待っておりました。この日は朝から、ワクワクし、たまりにたまった燃えないゴミを「今まで有難う!さようなら!」と声をかけて処分させて頂きます。

 

ものを処分できることは本当に気持ち良いものですね。

 

どうしても捨てられない症候群の方はお気の毒になります。手放す恐れと執着で苦しんでいらっしゃいますが、いったん手放すと、その気持ち良さが病みつきになるのですがね。

 

満月の日に、不要なエネルギーもさようなら!そして新しいエネルギーに感謝でした。

 

そして、翌日は餌やりの時間に合わせてくださったような大雨に見舞われました。

 

うーん。浄化のおきよめの雨よ、有難う。

 

以前は雨の日は心が清まり、落ち着いた穏やかな気分になれて好きだったのですが、この猫活動の一環で、餌やりを始めてから、雨の日はどうしても天界にむかって思わず悪態をついてしまうみじめな自分を見つめております。

 

なぜか、私が餌やりスタートに合わせるかのように雨が激しく振り出します。54444444エ45737//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////777777777777777777777777777777*6

 

 

これはジェルちゃんが後足で打った文字です!

 

これが答えかも知れません・・・

 

私に試練を与えてますます強くさせる魂磨きのためと、心と魂を磨くための雨なのですね。

 

すべては

 

「ネコ道(どう)」

 

です。

 

猫活動を通じて心と体と魂を磨くという、天界からの修練です。

 

感謝して続けると

(時にあまりの過酷さに怒りが爆発しそうになりますが、それは少しずつ小出しに爆発させて・・・)

 

 

大きな大きな恵みを頂けます。

 

見返りを求めて活動しなさい、ということではないのですが、「ネコ道」が、大学みたいに、天界学の中の必修選択科目のひとつ、と思うと、これを修めたら、他の「ヒト道」のいくつかを修めなくても良い、という科目免除を頂けるようです。

 

ネコ道の方がヒト道より、ずっと心軽やかに立ち向かえると思います。

 

ネコ道には必ず付随する、嫌な人達が襲い掛かって参りますが、それもすべてルシファーちゃん達がその人たちに入ってやらせていること、と心得てスルーしていくしかございません。

 

 

すべては天界のマスターであられるキリスト(天界の名誉教授)が試験官となって授けてくださるテストであり、採点されているのですね。

 

しかし、キリストが受けた天界の試験よりはずっと楽です。

 

あんなに弟子達全員から裏切られて殺されたのに、その方々を許す為に、生き返ってその方々の前に現れて「いいよ。許すよ」と言われたなんてすごい!偉すぎます。

 

 

4月20日 今朝は昨夜から、天気予報ではなかった雨模様・・・またまた試練の日です・・・

ミケルちゃん まだ家族が決まりません。 ちょっと腎臓が弱っているかも

ふーちゃん(この子のことはまた書かせて頂きます)