jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

5月も今日で最後。

この数日間、私自身、なんだか現実世界にいるのか、非現実世界にいるのか、ふわふわとした感覚で、何かに惑わされておりました。

 

昨日は「新月の日」でした。

 

いつも満月と新月の日は大掃除をしたくなります。それで大いに拭き掃除をして、宇宙エネルギーを振り落としましておりました。

 

ジェルちゃんもその犠牲になってもらってしまい、可哀そうでした・・・このことは後程・・・

 

 

最近、こちらの猫ちゃん達の家族になってくださった方々が、まるで商品の返品のように可愛く懐き始めた猫ちゃん達を返してこられたことも、意味のある必要なことであったと感じます。

 

返してこられた方々はまるで異次元世界にいらっしゃるような、非現実世界に住んでいらっしゃるような感じがあります。

 

私にも、この現実世界の中で、その方々の生きている非現実的な不思議な世界を見せてくださったと感じております。

 

最初は返してこられるということに、振り回される猫もこちらも迷惑!なんと身勝手、自己中心的!無責任な!と、少々憤りを覚えてしまいましたが、今は、猫ちゃん達が短い期間でもそのお宅に派遣され、エネルギーを運んだに違いないことにも意味があり、帰ってきたことも大いに喜んだ方が良いと感じております。

 

猫ちゃんがいなくなって、その方々の行く末が案じられております・・・

 

天界の愛と光を!

 

 

この数日間の間に、わがエンちゃん&ジェルちゃんに起きたことも、私に襲いかかってきていたあらゆる要らないエネルギーから守ってくれたことと感じ、その自己犠牲的な愛には感謝しかありません。

 

仕事柄、そして猫活動をしている柄、生霊からも死霊から常に狙われている身です。

 

24時間、天界の光と天使達の翼に守ってもらい、防御をしており、そして、時々襲いかかってくる存在を光に返してはおりますが、時にふと気が緩み、油断をしている隙に、オーラを破って入り込んでくるものもいるようです。

 

この一か月くらい、どうも足元がおぼつかなかったり、体のあちらこちらが痛んでいたのは、クライアントさまに襲い掛かってくていた亡くなった方々がこちらにも来ていたと、最近分かりました。

 

我がエンちゃん&ジェルちゃんは身を挺して私を守ってくれていると強く感じます。

 

 

まずエンちゃんがベランダからあり得ない方法で脱走したことも、意味があったのだと思います。

 

エンちゃんはまず、格子パネルの柵をよじ登り、大風が吹いてカバーがめくれていたところから、隣のベランダに降り立ち、そこから3メートル下の玄関前に飛び降りて脱走したのだと想像できます。

 

「解放!」

 

ショーシャンクの空に!』

ばりに牢獄からの脱走のように解放感を味わって楽しかったことでしょう。

 

私の中の何かを解放してくれた感じがありました。

 

エンちゃんの脱走中、ジェルちゃんの身にまた大きなことが起こりました。

 

ジェルちゃんはエンちゃんが脱走してから、ずっと6時間以上も外に向かって大声でエンちゃんに呼び掛けていました。

 

それが狂ったような鳴き声であったのです。

 

大雨の音で掻き消えて良かったのですが、かなり近所迷惑になっていたような感じがします。

 

エンちゃんの脱走があまりにもジェルちゃんにとってショックで悲しかったのか、それが引き金になったかのように、その日からジェルちゃんは、私やエンちゃんの姿が見えないと、狂ったような大声をあげ、近づくと床に転がり身もだえて喜びます。

 

つい、「もしかしたら、この子はショックで発情が始まったのかも知れない」と思ってしまいました。

 

ジェルちゃんは埼玉県のボランティアさんが「足が折れている子猫がいるんだけど、もう骨が固まっているようだから、引き取ってくれない?」と言ってこられ、連れて来られた子です。

 

いつもそのボランティアさんは、子猫でも去勢不妊手術済みの子達だけを連れて来られるために、当然、その子も手術済みであると思い、それを確認しておりませんでした。

 

しかし、足の方は、もう固まっているとは聞きましたが、再度病院に行くと手術をすれば、骨をつなげるとうかがい、3人の獣医さんによって骨の結合手術を受けてもらったのでした。

 

その時は、治ったら家族を見つけるつもりでおり、しばらくの間、保護してくださるという方のお宅にあずかってもらう予定でした。

 

しかし、その保護してくださる、とおっしゃっていた80代のご婦人が直前になって「血圧が200になってしまったから引き取れない」とお断りをしてこられた為に、仕方がなく、私のペット不可アパートでしばらく保護することになってしまったのでした。

 

その時はすでにエンちゃんもおり、気が荒く意地も悪い、いじめっ子エンちゃんの洗礼を案じておりましたが、案の定、その足の悪い子に対しても、エンちゃんは容赦なくいじめを繰り返しておりました。

 

しかし、それがその子にとってリハビリになっていたようで、みるみるうちに、その子は足が動かせるようになっていったのでした。

 

今では、悪さをするエンちゃんにダメ出し猫パンチを食らわし、エンちゃんの定位置であった、キャットツリーのトップを占領して、時に登ってくるエンちゃんを威嚇して落とすまでになったのでした。

 

しかし、いつのまにか2猫はまるで姉妹のように仲良くなり、いつもぴったりとくっついて遊んだりとなくてはならない存在になっていたようです。

 

それで今回、エンちゃんが急にいなくなったことで、ジェルちゃんがおかしくなってしまいました。

 

ジェルちゃんも、とんだとばっちりだったかも知れません。

 

エンちゃんが帰ってきても、少しの間でも、エンちゃんや私がいないと不安症のよく通る鳴き声を発したり、またはこちらがいるのが見えると異常な身もだえ甘えをするようになってしまったのでした。

 

ジェルちゃんが、不妊手術済みであるかどうか、ジェルちゃんを連れてきたボランティアさんに訊いたところ、

 

「覚えていない、手術してないかも・・・」とおっしゃいます。

 

この子は最初からすごく甘えん坊ちゃんで子どもっぽく、未手術を疑ったこともありませんでしたが、今回のこの異常な変貌ぶりに、一度、足の手術をした病院で診てもらおうとなり、昨日、またHさまご主人様のお車搬送で、超怖がりでびくびくしているジェルちゃんを連れて、大西動物病院さんに連れていったのでした。

 

ついでに足の骨折も診てもらうと、とっても良い状態であり、埋めてある金具は取らなくても良いでしょう、ということで安心しました。

 

不妊手術の跡を診てもらうと、開腹してみないと100%分からない、という獣医さんの判断で、気の毒ではありましたが、開腹手術をして頂きました。

 

帰ってくると死んだようにぐったりとしているジェルちゃんでした。

 

しかしあのうるささが今はなくなり、静かな部屋になりました。

 

エンちゃんもジェルちゃんのことを心配して大人しくなっています。

 

お腹を切らせてしまったことを後悔しましたが、天界は「過去を断ち切り、要らないものを断ち切り、未来を切り開いてくれるために必要なことだった」とおっしゃった気がして納得致しました。

 

一見、無駄なことに見えて、すべては必然である、と。

 

おかげでジェルちゃんも大人しくなりました。これで性格まで変わるかも知れません。

 

または大人になるためのイニシエーションであったのかも知れません。

 

新月の日の大事件

シンクロカエル姿


でした・・・