jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

見えない存在・・・

餌やりをしていると怖いもの知らず(怖いもの好き)な子どもたちから、無邪気(有邪気!)に質問をぶつけられることが度々あります。

 

「なにやってるの~?なんでそんな恰好しているの~?」

 

などなど・・・

 

しかし、それにかかわっている余裕はない為に、

 

「あなたの視界に入っているいるものは、存在しない幻であって、他の人からは見えていないものです」

 

と質問には答えず、いない振りをしてササっと去ることにしております。

 

子ども時代の11歳までは、顕在意識と潜在意識のフィルターが薄く、また3次元以外の世界との境も緩いようです。

 

それで小学校5年生くらいまでは、大人になると見えないものも見えてしまい、怖いもの世界に興味があり、大好きであるようです。

 

私も小学生の時は、いろいろなヴィジョンがやたらと見え、聞こえておりました。

 

現代の多くの子どもたちも同じだと思います。

 

今は、私自身が幻の存在(精霊)である振りをして、子どもたちを回避しております。

 

そしてその子たちが大人になった時、

 

「昔、公園でネコ人間の妖怪をよく見かけていた」

 

と不思議な思い出話のつまみにでもなれたら幸いです。

 

 

でも本心を言うと、

 

「たちの悪いガキどもめ!ネコを追いかけまわすのやめろ!親の顔が見たいものだ、と思ったら親もそこにいる、なんとしつけができていない!」

 

そして

 

「皆さん家の庭で餌やりしてくれないかな・・・」

 

とひそかに願っております。

 

 

 

良いことあるよ