jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

新たな問題が・・・

仔ネコちゃん達の旅立ちでつかの間の喜びが、次に来た大きな試練で、ぐったりがっかり・・・としばし寝込みそうになっておりました。

 

私はショックがあまりにも大きい時、睡魔が襲ってきて、倒れそうになります。

 

ショックの回避には、思考を停止し、寝るのが、現実逃避には一番良いようです。

 

今回、他の猫団体さんから、軽くふられた現場が、とんでもないネコ島仕様の場所であったのです。

 

ある大きなマンションに仔ネコ5匹と母ネコが現れたために、保護して欲しい、と頼まれたところ、そのマンション内ではまったくネコの姿が見られなくなり、その後をたどっていくと、なんと去年の11月、ムタちゃん一家を捕獲した現場に行き当たってしまったのです。

 

その現場は、近所の方が一生懸命、捕獲作業をしてくださった為に、もうその方から、一匹もネコを見かけなくなったと伺っていた為に、安心していたところでした。

 

しかし、今回、その現場にあらためて行ってみると・・・・卒倒しそうなくらいにネコたちがうじゃうじゃと目の前に現れ・・・

 

近所の方のお話によると去年の暮れに、発情の声がひどく、その後、今年の一月くらいには、あちらこちらで仔ネコが現れた、どうしようもなく、追い払っていた・・・

 

というような発言をされるのです。

 

なぜにどなたも市役所に相談にいくとか、保護猫団体に相談するとか、されなかったのですか?と訊くと、

 

「昔からここはネコがいるもんだと思っていたから、特に動かなかった」

 

とひょうひょうとおっしゃいます。

 

私にこの案件をふってきた他団体さんは「忙しいから私はできないよ。やっておいて」と丸投げをしてこられ「自分一人で抱えないで地域の人を動かさないとダメだよ」と他人事のようにおっしゃり去って行かれました。

 

私はその方のあまりにも酷い無責任丸投げの発言に、思わず怒りと虚しさで頭の中が真っ白くなり、しばし現実逃避し、天界に行ってしまいました。

 

しばし、ショックの為に、数日間は力が抜け、天界に旅立っておりました。。。

 

そのおかげで今は思考も体力も復活し、地域の方々に働きかけ、頑張ってもらうことになりました。

 

 

しかし、かなり範囲が広く、無限にネコがいるようです。

 

なぜに、こんなになるまで放っておいたのか・・・

 

過去を問い正しても仕方ないですね。

 

前を向いていくしかございません。

 

まずは、自治会で話し合ってもらい、ネコ好きでも嫌いでもなんでもとにかくご協力をください、ということになりました。

 

すべては必然でしょう・・・

 

やるしかございません。

 

Hさまご夫妻にもMさまにもご協力を頂いております。

 

感謝感謝

 

天界よ、この子達を助けて!