jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

生徒様からのメッセージ


生徒さまからの猫さまに関するメッセージ



先生、私ずっと不思議に思っていた事があったのですが…
エステや、セラピーに来られたお客様が猫ちゃん達と、触れあう事で普通の人間となって帰って行くのです。
メス猫のマロンとオス猫のアンジは、お客様が来られると「待ってました!」と言わんばかりに、エステ&セラピールームに入ってきて、普通にお客様の膝の上に座り、あげくのはてに熟睡するのです。
なので、最近は来られたお客様に「猫が居てますが、大丈夫ですか?」と聞きます。
でも、これも不思議なのですが、軽い感じで来られた方は、猫ちゃん達はセラピールームには入って来ないのです。
しかも、マロンとアンジには役割分担があるみたいです。
まず最初に、メス猫のマロンちゃんかお客様の膝に、そこで癒されたお客様はセラピーが終わるまでマロンは膝の上でゴロゴロと言いながら寝ています。
でも、マロンだけの手におえないお客様は、アンジも後から出てきて2匹が膝の上に…。
お客様は、とても癒され普通の人間となり帰っていくのです。
この間は、宇宙系の20才の娘様が、お母様に連れられてサロンに来られました。
この日は、2匹いっぺんにセラピールームに「待ってました!」と言わんばかりに入ってきました。が、娘様は猫や犬、というか生き物全般的に苦手な方でした。
そこで私は、「この子達は、不思議な力があるんですよ。2匹いっぺんに入ってきたという事は何か意味があると思います。」と言いました。
するとお客様は、恐る恐るメス猫マロンを、そっと撫ではじめました。
マロンも、いつものように膝の上でゴロゴロと…
そして、セラピー開始です。
2時間マロンは、ずっとお客様の膝の上で寝てました。
そして、セラピーも終わり帰るころには、普通の20才の娘さんに戻り、とても顔色も良くなりました。
そして、あれだけ生き物嫌いな方だったのに帰るころには「マロンちゃん、バイバイまた来るね」と言い帰られました。これには、お母様もビックリされていました。
マロンとアンジは私の出来ない、何か不思議な力があるようです。
本当に、セラピーキャットです。」