jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

家猫になったまおこちゃん達


この数週間は、何が起きたのか覚えていないほどのスピードで駆け回っておりました。

連日の捕獲作業で不眠不食不休の日々に加え、そこに追い打ちをかけるように次々に仔猫がいるというご相談の数々を受け、ハートが圧迫されて押しつぶされそうになっておりました。

ちょっとこれは自分でもまずいと思うくらい脅迫観念に陥りそうな精神状態になり天界からの試練もひどすぎる!と天界に苦しみを吐露しておりました。

その度に、天界を仰ぎ「天界のマスター達よ、大天使ミカエル、ルシフェル、大天使ラファエル、聖フランチェスコよ!最高最善の奇跡を!すべてをゆだねます。すべて最高最善の結果になりますように!」と唱えておりました。

ひとりでは抱えきれないと思う、どうしようもないほどの状態がふっと緩くなり、支援者が突如現れ、不思議にするすると解決に導かれるのでした。

まだまだ私も天界からお試しを受けていると感じます。

「本当にお前は天界を信じ切れるのか?委ねきれるのか?傲慢になっていないか?自我が強すぎるのではないか?自信は過信になっていないか?」などと問われている気が致します。

自分ではもう柳のようにゆらゆらとされるがまま、来るものは拒まず、去るものは追わず、のスタンスでいたと思うのですが、天界からはまだまだ精神的にダメージを受けさせられる修行をさせられます。

それが私の一番の弱点である、動物さんのこととなると、いてもたってもいられなくなるという、そのピンポイントの弱点を天界は突いて参ります。

その弱点を克服していくように、いかに冷静に対処できるか、そこを試されているとつくづく感じます。また人に甘えることが苦手、という部分も試されていると感じます。

しかし、委ねきると徐々に事はスムーズに進んでいくようです。

自分で全部背負い込もうとするのではなく、多くの人達の助けを借り、皆で苦しみをシェアし合えば、ずっと軽やかになる、と教えられている感じがします。

それにも増して、身体は不思議とパワー全開でどんなに寝ていなくても健康そのものでどこも悪くなりません。そして家族の煩わしい問題も少なくなって参りました。

猫の恩返し、とつくづく思います。他の猫活動をしていらっしゃる方々にも猫の恩返しと思えるような不思議な奇跡が次々に起きています。

スピリチュアルなことを信じないような方々でさえも、猫の恩返しだけは信じ切れる、と皆さんおっしゃっております。


そして、大きな試練であった、仔猫がいつのまにか母猫になってしまっていたまおこちゃんご一家が先日、無事に全員、お優しい聖母マリアさま方の家族になって旅立っていきました。

5月の連休中に起きた大騒動がひとつ終焉を迎えました。

こちらも連日、怪我をしたまおこちゃんの治療に通い、仔猫ちゃん達をお世話をした甲斐がありました。

しかし、一番の功労者は、毎日毎日ご飯を運んでくださったご近所のYさまです。Yさまはまおこちゃんが仔猫の頃からずっと餌を与えていて、知らずに子供を産ませてしまったという罪悪感もあり、必死になって、里親様方を探してくださいました。

目が赤い膜が張っていて、目がつぶれるだろうと言われていた仔猫2匹も、Yさまの毎日の献身的な介護と点眼のおかげできれいな目がぱっちりと開き、可愛いお顔になりました。

その間に、2回、まおこちゃんが突然、仔猫達全員を連れていなくなってしまった大騒動もありました。

その時は、2回とも、私も必死に捜索をして、がれきの下から仔猫ちゃん達を引きずりだして、連れ戻すという作業をお手伝い致しました。

この2か月あまり、ご近所半径一キロくらいの方々多くを巻き込んだ大騒動でした。

しかし、皆、まおこちゃん一家を眺めていると心が温まり、慰められ、癒されておりました。

駐車場を提供してくださったYさんご夫妻のお孫さまは少し引きこもりがちであったようですが、まおこちゃん達の健気な姿に心を打たれ、外に出られるようになり、学校に復学できたそうです。

まさに猫の恩返しです。

またこの間にYさんお奥様がご自分で会社の駐車場に車をぶつけてしまうという事故にも遭われましたが、大事には至らず、きっとこれも「大難が小難になり」という猫の恩返しであったはずです。


すべてを天界にゆだねて、できる限りの行動をすれば、天界の奇跡のもと、すべて良い方向になります。

結果はすべて良いものになります。まおこちゃん達が証明してくださいました。


イメージ 2

        すっかり家猫になってご主人に甘えるまおこちゃん


イメージ 1

     泥と埃にまみれていたまおこちゃんは優雅なお姿になりました。

  (数日間は仔猫ちゃん達を探し回って鳴きやまなかったようです)

  以下、これらの姿がもう見られないと思うとちょっと寂しい感じもします。

イメージ 3
    
イメージ 4




イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

しかし、ノーランズの母猫ちゃん達において、まおこちゃんのような幸せになるケースはまれだと思います。

皆がこんなに幸せな結果になるのだったら、本当に嬉しいのですが・・・

もう仔猫ちゃんは見たくございません!

やはり人の手を猫ちゃん達に差し出し、人工的な方法で不妊去勢手術をしてあげるしかないのです。。。

今晩も捕獲を続行します・・・