jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

またまたすごい数が。。。

2月になりました。

 

節分の時期はこれまで沈黙していた鬼ちゃん達がむくむくと土の中から地上に這い出して暴れ出している感じを受けます。

 

先日、ある方からご相談があり、うかがってみると、いるわいるわ・・・

 

可愛い鬼ちゃん達がわんさかと・・・

 

その地域では、昔から優しい地主さん達が地元の猫を愛でながらたっぷりと好きなだけご飯をあげ続けているそうです。

 

つまり、都合の良い、いい加減で身勝手で無責任な餌やりをし、不幸な猫達を増やし続けているのです。

 

まさに優しい拷問です。

 

増え続けていた猫達は車道にあふれ出して数え切れないほど車の犠牲になったそうです。

 

また人間から場所を奪われた野生のハクビシンや狸やカラスそしてアライグマからも、その猫達は襲われ怪我がたえないそうです。

 

更に適当に餌やりをし、猫天国を創設していたその地主さんは、猫の住みついていた土地を無計画に切り売りし、猫の居場所を突然、奪い取り、新たに越して来られた住人の方々からの猫苦情の大洗礼をもらい、ようやくこのままではいけない、と少し気付かれたようです。

 

しかし、ご相談をして来られたのは、そのお隣の気持ちのある若干お若いご夫婦でした。

 

そのご夫婦はある日、死にそうな猫が玄関に現れ、猫を救う活動に目覚められたようです。

 

きっとその地主さん達だけだったら、苦情を受けながらも何も行動を起こさなかったことでしょう。

 

 

またもや人間達の身勝手さにため息しかありません。

 

でもまだこのように依頼があっただけましであると思います。

 

のように言って来られず、そのまま放置されている場所はがきっと星の数ほどあるのでしょう。

 

 

更にこの地域近くで、国の研究所が猫を実験台に使用するために、下請け業者に依頼し、実験用の猫をかき集めているという噂をつい最近、ボランティアさんからうかがいました。

 

この耳を疑うようなお話も真実に違いありません。

 

国の利権が絡んでいる為に、警察に訴えても、警察は動いてはくれないようです。

 

確かに、これまで見ていた地域猫達が突然いなくなるという現象があちらこちらで見受けられます。

 

これに関しましては、もう個人の身では対処することは不可能です。

 

巨大なる影の権力が絡んでいるはずであり、個人がどう抗っても仕方ないと諦めるしかない気がしております。

 

こちらで下請け業者の猫捕りをその場で追い払っても、その業者達は全国の猫の集まっている場所に必ず出没し、巧妙で妖怪のような手口(睡眠薬と網を使用しているという噂)で猫をさっと捕まえていきます。

 

増え続けて、餌場を失い事故や病気で死んでいく外猫達。

 

実験台になり解剖で刻まれた挙句にごみとして処理される猫達。

 

どちらにしても外猫が産まれ増えて良いことは一切ありません。

 

すべては人間の身勝手さの果てに犠牲になる動物さん達・・・

 

左脳で考えると怒りと悲しみしかありません。

 

もう最近は無感情無感覚、瞑想状態で動くようにしております。

 

今日もその20匹近

f:id:jupesjupes:20210201112858j:plain

無邪気に戯れる猫達

 


くいるという猫達の対処に動いております。

 

 

 

 

 

 

デブ猫&汚い猫

 昨日、母が荷物を持ってやって参りました。

 

電話口で、「にゃ~」という声を聞きつけ、小さい仔猫がいると期待大でやって参りましたが、出て来たエンちゃんを一目見るなり

 

「まあデブ猫!」

 

そして洗濯機下に逃げ込んでいたジェルちゃんを引きずり出して見せたところ

 

「きったない猫!」

 

「両方とも外にいた方が幸せなんじゃないの?」

 

と口の悪い母はのたまわりました。

 

猫好きな方がこの2匹を見ると

 

「まあ、なんてきれいな愛らしい猫!」

 

と180度異なるコメントをくださいます。

 

本当に見る目が違うとこうなるのですね。。。あきらめ・・・

 

 

しかし、確かに以前の私もさび猫を見た時、気の毒なほど汚れた色、という印象を持っておりました。

 

その後、母に掴まれたエンちゃんは目を伏せて、仕方なく母の膝の上で微動だにせずに耐えており、やはり捕まえられたジェルちゃんは怪我をした足を振るわせ下から母を見上げておびえておりました。

 

両方ともまさに借りてきた猫状態で、いつものやんちゃさは一切消えておりました。

 

昔の人である母にとって、猫はネズミを獲る家畜のような存在であるようです。

猫は外にいるのが幸せ、と思い込んでおります。

 

母に託したら、必ず外に出される危険があり、絶対に信用できません。

 

母が帰った後は、2猫ともしばらく放心状態で、凍り付いたように動きませんでした。

 

しかし、夜になって、その分大暴れをして発散しておりました。

 

「うちらはデブで汚い猫か!」

 

と怒っておりました。

 

 

[http://:title]

 

白ちゃん・チロちゃん・ダイアさま のその後

 

先日、白ちゃんこと、ダイアさまが新たな里親さまのお宅に引き取られて行かれました。

 

新な里親さまは、なんとこのダイアさまを13年前からお世話をしていらした紳士でした。

 

最初にこの方がダイアさまを見つけ、餌やりをはじめ、そしてダイアさまが産んでしまわれた2匹の子を保護していらっしゃったとのことです。

 

その後、このダイアさまは伝説の白猫として駅前に君臨し、多くの方々に癒しと励ましのエネルギーを与えていらっしゃいました。

 

私もこのまま伝説の猫として君臨させたままの方が良いのかも知れない、と思っておりましたが、去年のクリスマスイブの前日、天界から「保護しなさい」という命令を受け、近寄ってきたダイアさまをふわっと抱き上げ、そのまま自転車に乗せて連れ去ってしまったのでした。

 

その後、案の定、多くの白ちゃんファンが大騒ぎをしていらしたそうです。

 

私はその場所にポスターを張り、「白ちゃんを保護して治療していること、もし里親さま候補に名乗りをあげたいと思われた方はご連絡ください」という旨の書いておきました。

 

しかし、いい加減な里親様候補が来たら困ると思い、譲渡金を「3万円」と明記しておきました。

 

すると、ダイアさまファンの方々からは、いっさいお問合せが来ることはありませんでした。

 

結局、皆自分達が通勤中に立ち寄る道端にいる猫を目で愛でて適当になでていたら良かったということです。

 

ダイアさまが病気をしようと怪我をしようと、歳をとって弱っていようと、誰も勇気を持って助けようとすることさえなかったのです。

 

人間は本当に身勝手だ、とまた憤慨しておりました。

 

そして最後に名乗りをあげてくださったのが、最初の餌やりの方でした。

 

その方は、奥様が長年、白血病乳がんを患い治療中でいらっしゃるそうなのですが、旦那様共々、外猫達を助け続けていらっしゃる為に、致命的なものには至らない、これぞ猫の恩返しではないかと常々おっしゃっていました。

 

今回も、ダイアさまが保護されたことを噂で聞きつけ、感謝してくださり、そして保護の名乗りをあげてくださいました。

 

ダイアさまの最初と最後に、ダイアさまファン&餌やり倶楽部の創始者の方が携わってくださり本当に良かったと思います。

 

きっとこれが天界の最高最善の結果なのだと思います。

 

ジモティーに掲載していたところ、先日こんなメッセージを頂きました。

 

◆問合せ者の家族構成
20代女性と60代母です。

◆投稿者による自宅訪問可否
ペット不可の住宅のため、引き取りができません。。

◆その他
残念ながら引き取ることはできないのですが、高校時代仲良くしていた猫ちゃんを偶然発見してしまったので、メッセージを送りたいです。。
白ちゃん、長い間お疲れ様でした。たくさんの癒しをありがとう。
いつも学校帰りに長いこと戯れたり、動画を撮りまくっていた私を覚えているでしょうか。
2011〜2013年頃なので、当時は2,3歳だったんですね。
友達の少なかった私の数少ない友達?でした。。
いつも遠くから私を見つけると近寄ってきてくれて嬉しかったです。
いつも缶詰をあげていた自転車の老紳士も元気かな。
ご高齢とのことで、素敵な飼い主さんのもとで余生を過ごせることを願っています。
ちなみに、YouTubeで「lovepfm0309」というチャンネルを検索していただけると、当時のガラケー画質ではありますが、白ちゃんをはじめとした青梅街道駅前の猫たちの動画が残っていますのでよろしければご覧ください。
尊い保護猫活動に感謝いたします。

 


 


chat blanc

 

 

心がある方もいらして良かったです。

 

ダイアさまの8年前、やはり若いですね。

 

お幸せに

 

白ちゃん・チロちゃん・ダイアさま のその後

 

先日、白ちゃんこと、ダイアさまが新たな里親さまのお宅に引き取られて行かれました。

 

新な里親さまは、なんとこのダイアさまを13年前からお世話をしていらした紳士でした。

 

最初にこの方がダイアさまを見つけ、餌やりをはじめ、そしてダイアさまが産んでしまわれた2匹の子を保護していらっしゃったとのことです。

 

その後、このダイアさまは伝説の白猫として駅前に君臨し、多くの方々に癒しと励ましのエネルギーを与えていらっしゃいました。

 

私もこのまま伝説の猫として君臨させたままの方が良いのかも知れない、と思っておりましたが、去年のクリスマスイブの前日、天界から「保護しなさい」という命令を受け、近寄ってきたダイアさまをふわっと抱き上げ、そのまま自転車に乗せて連れ去ってしまったのでした。

 

その後、案の定、多くの白ちゃんファンが大騒ぎをしていらしたそうです。

 

私はその場所にポスターを張り、「白ちゃんを保護して治療していること、もし里親さま候補に名乗りをあげたいと思われた方はご連絡ください」という旨の書いておきました。

 

しかし、いい加減な里親様候補が来たら困ると思い、譲渡金を「3万円」と明記しておきました。

 

すると、ダイアさまファンの方々からは、いっさいお問合せが来ることはありませんでした。

 

結局、皆自分達が通勤中に立ち寄る道端にいる猫を目で愛でて適当になでていたら良かったということです。

 

ダイアさまが病気をしようと怪我をしようと、歳をとって弱っていようと、誰も勇気を持って助けようとすることさえなかったのです。

 

人間は本当に身勝手だ、とまた憤慨しておりました。

 

そして最後に名乗りをあげてくださったのが、最初の餌やりの方でした。

 

その方は、奥様が長年、白血病乳がんを患い治療中でいらっしゃるそうなのですが、旦那様共々、外猫達を助け続けていらっしゃる為に、致命的なものには至らない、これぞ猫の恩返しではないかと常々おっしゃっていました。

 

今回も、ダイアさまが保護されたことを噂で聞きつけ、感謝してくださり、そして保護の名乗りをあげてくださいました。

 

ダイアさまの最初と最後に、ダイアさまファン&餌やり倶楽部の創始者の方が携わってくださり本当に良かったと思います。

 

きっとこれが天界の最高最善の結果なのだと思います。

 

ジモティーに掲載していたところ、先日こんなメッセージを頂きました。

 

◆問合せ者の家族構成
20代女性と60代母です。

◆投稿者による自宅訪問可否
ペット不可の住宅のため、引き取りができません。。

◆その他
残念ながら引き取ることはできないのですが、高校時代仲良くしていた猫ちゃんを偶然発見してしまったので、メッセージを送りたいです。。
白ちゃん、長い間お疲れ様でした。たくさんの癒しをありがとう。
いつも学校帰りに長いこと戯れたり、動画を撮りまくっていた私を覚えているでしょうか。
2011〜2013年頃なので、当時は2,3歳だったんですね。
友達の少なかった私の数少ない友達?でした。。
いつも遠くから私を見つけると近寄ってきてくれて嬉しかったです。
いつも缶詰をあげていた自転車の老紳士も元気かな。
ご高齢とのことで、素敵な飼い主さんのもとで余生を過ごせることを願っています。
ちなみに、YouTubeで「lovepfm0309」というチャンネルを検索していただけると、当時のガラケー画質ではありますが、白ちゃんをはじめとした青梅街道駅前の猫たちの動画が残っていますのでよろしければご覧ください。
尊い保護猫活動に感謝いたします。

 


 


chat blanc

 

 

心がある方もいらして良かったです。

 

ダイアさまの8年前、やはり若いですね。

 

お幸せに

 

ジェルちゃん

一昨日の夜からジェルちゃんが何度も戻し、まったく何も食べなくなってしまいました。

 

しかし見た目は元気で、エンちゃんと跳ね回っています。

 

その前日から、ジェルちゃんは異様なほど私の顔や頭や手を舐め回していて、何かを吸い取ってくれているように感じました。

 

私は

 

「私の負のもの、毒素は吸い取ってはいけませんよ!絶対に身代わりにならないように!」

 

と強く訴えていたにも関わらず、ジェルちゃんは私の身代わりを買って出てくれてしまったようです。

 

ヒーリングをしても、出そうとはせず、苦しみを飲み込んでいるように見えました。

 

3次元的には胃腸不良に見えましたのでとりあえず、一番近い動物病院に連れていくことに致しました。

 

以前はジェルちゃんを里子に出そうとも考えていたのですが、足の手術後でも背骨も歪んだままであり、びっこも治らず、そういう子はやはり見た目を重んじる里親さま方には受けが悪く、残る可能性があった為に、まずは私の部屋でしばらくは保護することにしたのでした。

 

保護するにあたって、マイペットであったなら、徹底してと思い、マイクロチップを入れて、全額保証の保険に加入しました。

 

保護猫であったら、お車ボランティアをお願いして、おおにし動物病院に連れて行ってあげても良いのですが、マイペットであったら、通常より3分の1くらいの受診料の保護猫価格のおおにしさんに申し訳ないとも思ってしまうのです。

 

ジェルちゃんは食の細い虚弱体質のようですので、近くの主治医が必要と感じておりました。

 

そんなジェルちゃんなのに、私の負のものを小さい体で健気にも吸い取ろうとして、自分がダウンしてしまいました。

最近、おおにし価格で慣れてしまっている私には、

f:id:jupesjupes:20210118135353j:plain

エンジェルちゃん

どうぶつ病院ではもしかしたら誤飲による吐き気かも知れない、ということで超音波検査もして頂き、点滴を受けて参りました。

 

最近、おおにし価格で慣れてしまっている私には、普通のどうぶつ病院の受診料は恐ろしい程高額で、ショックでもありました。

 

しかしいつもその病院の待合室はペットと飼い主さんであふれかえっています。

 

そこで、昨日は偶然待っていらした優しそうなご婦人に声を掛けられたのですが、その方は庭で餌付けをしている外猫ちゃんが具合悪そうであり、タクシーでご夫婦共々、連れてきたとおっしゃいます。

 

よくお話を聞いてみると、以前より気になっていたO町のとても外猫の多い問題のエリヤの方でした。

 

ご主人も地方のなまりのあるお優しそうな方でした。

 

なんとか皆去勢不妊手術をしてあげたいとおっしゃった為、これぞ天の声、と思い、ぜひ捕獲を手伝わせてください、と申し出ました。

 

ジェルちゃんが身を犠牲にしてまで、私をそのご夫婦に引き合わせたのでしょう。

 

もし少しでも時間がずれていたら、その方々にはお目に掛かれなかったはずです。

 

まさに天界の天使達の采配です。

 

ジェルちゃんは地上の天使そのものです。

 

Jupes Jupes - Jupes Jupesさんがライブ配信をしました。

 

 

 

 

 

f:id:jupesjupes:20210126122154j:plain

Angels

 

 

 

 

 

 

 

1・2・3

 

昨日、1月23日は夭折した兄の誕生日でした。

 

この日に、電話で生徒さまとお話をしていたところ、ふいに生徒さまのお声が変わり、

「お兄さまは生きていた頃は何もおっしゃらなかったかも知れませんが、先生のことをとても深く思っていらっしゃいます。うちの兄もそうでしたが、表現できなかっただけで、とても慈愛があります・・・」

 

というようなことを突然おっしゃいました。

 

生徒さまに兄の魂がふと入り、そう言わせたように思います。

 

予想もし得なかったことで、ふいを付かれましたが、じんと心に染みました。

 

身内のことはどうしても気恥ずかしいというか照れくさいというか、あまり表にしたくないことですが、そのようにストレートに言われると嬉しく有難く思います。

 

思えば、この猫活動の始まりはすべて兄の死がきっかけでした。

 

また書いてしまいますが、兄が亡くなったことで、弟がショックの為にパニック症候群のようになり2カ月も、近くの病院に入院することとなり、その付き添いと世話をする為に、私が今まで通らなかった団地通りを近道と思い、通るようになると、そこの団地前に前足を大けがした猫がおり、その腕をしきりに舐めているのを見掛けてしまったのでした。

 

その猫は一瞬だけ姿を見せるとどこかに消えていきました。

 

その様子があまりにも気の毒でなんとかしてあげたいと思い、次の日から探すようになったのです。

 

しかし、その日以来、その猫は姿を見せることはありませんでした。

(その猫はその後、半年後に再び現れたところをシェルターに保護し、後に前足を切断し、今現在は淡路島のプリンス「ホワイト・イーグル君」になっています)

 

その代わりに、その前を通ると小さな仔猫達がちょろちょろと車道に出て来て、こちらにも近寄りじゃれて来たのでした。

猫に慣れていなかった私は、困惑しましたが、もしかしたらお腹が空いているかもしれない、と思い、キャットフードを生まれて初めて購入し、仔猫達に与えてみることにしたのです。

 

しかし、仔猫達はあまりお腹は空いていなかったようで、それよりも遊んで欲しいと体を擦り付けてくるのです。

 

2,3日ほど、その子達と遊んであげているとある日、その仔猫達はすべて消え去っていました。

 

何かあったのではないか、とその団地内の中庭に行ってみると、仔猫の姿はまったくありませんでしたが、その代わりに成猫たちが、いるわいるわ・・・推定30匹以上も庭に集って遊んでいたのです。

(仔猫達は実は他のボランティアさん達が保護し、里子に出してくださったそうです)

 

こんなに猫が集団でいる姿を初めて見てしまい、ショックを受け、果たしてこの猫達は不妊去勢手術はされているのだろうか、と不安になり、市役所に相談に行ったのでした。

 

そこで、初めて市でも猫のボランティア活動が始まっていたこと、ボランティア登録があること、などを知り、またベテランの方がいるから紹介しましょう、ということになり、「ねこ結び」さんを紹介して頂いたのでした。

 

ねこ結びさんはとっても真面目で誠実そうな印象の方で、もうすでにお一人で10年以上も外猫の不妊去勢手術や保護活動をなさっていらっしゃったと伺いました。

 

そのねこ結びさんと一緒に、気になる団地の猫達の調査をし始め、その子達のお世話をしているうちに、その中の4匹の猫達がある時から、私の膝に飛び乗って来て離れなくなってしまい、真夜中に3時間もそこで動けなくなるような日々が続いてしまったのでした。

 

帰るに帰れない悶々とした日々が過ぎて、心が揺り動かされ、ついに2017年の師走のクリスマスイブの前夜、その4匹の猫を保護する事態になったのです。

 

ちょうどその時、講座を受けてくださっていた生徒さまのSさんがとても動物好きということ、転職とお引越しをお考え、ということをうかがっており、これは偶然ではない必然と感じ、Sさんに4匹の猫と共に保護猫シェルターに住んで頂くのはいかがでしょう、という提案をし、承諾してくださったことでシェルター開始に至ったのでした。

 

そのいきさつがすべての始まりであり、大嵐のような3年間があっという間に過ぎ去り、今に至る・・・ということなのです。

 

やはり兄が私をこの活動に導いたのだとしか思えない気が致します。

 

兄は生前ぜん息に、アレルギー持ちであり、猫には無縁であって、兄と猫活動が結びつくことはなかったのですが、兄の魂が猫を使って、私にミッションを与えたのでしょう。

 

しかし、この猫のボランティアは、これまで行ってきた様々なボランティアの中でも一番、狂気の沙汰と修羅と混乱、その合間に至福の時、悲喜こもごもな魂磨きの最高の試練でありました。

 

以前の所属していたボランティアでは国際交流で世界中の11歳の子ども達とキャンプリーダーの若者が集うキャンプのリーダーを数回させて頂いたことがありました。

そこでも、精神的に不安定な若者が必ず現れ、過去のキャンプ中に時々は自殺者が出るほどのこともあったようです。 

そのボランティアでもかなり様々な個性の強いあらゆる人種の人間達を扱い、自分自身の精神も究極のアップダウンもさせられ、自身をコントロールする、という精神修行をさせられ、もうボロボロになるまで磨かれ、ボランティアはもう懲り懲り・・・もう修め時、とたかをくくっていたところ、まだ磨きが足りない、ということで、今回は猫を通して、魂を磨かれるという試練を頂きました。

 

磨き過ぎて、もう芯しか残っていないくらいに磨かれました。

 

でも猫達、精霊の御使いからは、どんなに辛い時も、ふんわりとした極上の癒しと平安を頂くことがあります。

 

ふわふわの柔らかい毛と暖かく丸い身体と優しく可愛らしいまなざしで、地獄の沙汰にでも一筋の救いの光をくださいます。

 

猫の存在こそ、地上の天使かも知れないと思えて参ります。

 

あともう少しで3年3か月のミッションコンプリートに到達しそうです。

 

激しすぎる日々は過ぎ去った気が致します。

 

そして惨めで暗く辛い段階も終えられた気がしております。

 

次に訪れるのはもっと軽やかで明るく自由な活動である予感がしております。

 

f:id:jupesjupes:20210124141314j:plain

ヨーダ

f:id:jupesjupes:20210124141356j:plain

アンモナイト


 

 

 

うさぎ先生とエン&ジェルちゃん

最近、特にうさぎ先生がエンちゃんとジェルちゃんにウォーク・イン(魂が入る)している気が致します。

 

エンちゃんとジェルちゃんにうさぎ先生は交互に入っている気が致します。

 

かつて、昔飼っていた犬のボンがうさぎ先生にウォーク・インをしていると感じておりましたが、今度は、猫に入ったようです。

 

まるで飛び石のようにポンポンと軽々と入っては出ていく、ような感じです。

 

このように亡き愛する存在の魂が、地上のかつてのやはり愛する人に再会し、癒し元気づけ慰めるために身近なペットさんに入る現象はよく見られます。

 

以下の動画で納得します。

 

 

www.facebook.com

 

www.facebook.com

 

 

 


ペロペロうさぎ

 

母を舐めまくるうさぎ先生


ぺろぺろうさぎ

 弟を舐めまくるうさぎ先生

 

 

www.facebook.com