jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

祝!家族決定のムタちゃん

f:id:jupesjupes:20220125152825j:plain

初日のムタちゃんとユリアン

 


最近の猫ちゃんハウスの動向は・・・

 

あの魔女と呼ばれた?ルーシー黒猫ママの家族が(ほぼ)決定しました!

 

ということが最高に喜ばしいニュースです。

 

思い返せば、昨年のMy Birthdayであった11月7日に思いがけずに、母子共々一緒に仲良く、捕獲器に入ってしまい捕獲されたルーシーと白黒君でした。

 

保護してみると、案の定・・・黒ママちゃんは超ワイルドであり、それに習ってお子さま方もすべて眼光鋭いヤンキー一家であったのでした・・・

 

お子さま方はまだ3か月くらいであり、まだ力も弱く、人間に屈する部分があり、徐々に慣れてはいったものの、黒ママの方は、こちらが気を抜くと大けがをするくらいに凶暴であり、過去の凶暴猫のワースト3に入るくらいでありました。

 

しかし、松本さまの根気強いオリジナルの慣らしにより

(『トキトキ棒慣らし』と呼ばれる、その慣らし方は、まず『猫じゃらしの棒』の先に『ちゅーる』を付けて、無理矢理口元に押し付けべとべとにさせて舐めさせるところから始まり、徐々にそれが『孫の手』になり、次第に人の手になっていく、という効果的な慣らしメソッドです)

3か月弱掛かり、ようやくケージから出せるようになり、今や全身をゆだねて撫でさせ、猫じゃらしで遊び、甘えるほどになって参りました。

 

最初の頃はこの子は外に出した方が良かったのでは、とずいぶん悩みました。しかし、松本さまの「一度保護したからには最後まで数年掛かっても慣らす」という執念の努力によって、黒ママは見違えるほどの家猫に変身致しました。

さすがでございます!猫の救世主です!

 

ルーシーママが甘えん坊になってくると不思議とサイトの閲覧数が増え、数人からのお問合せがやって参りました。

 

その中で一番、真摯な対話を交わしてくださったお若いご夫婦が来られ、黒ママを見て、すっかり魅了され、「慣れなくてもいいんです。自然に任せてゆっくり向き合いたいと思います」と年齢に見合わない程の寛大なお言葉をくださり、ぜひ家族に迎えたいとおっしゃってくださいました。

 

見送ったご夫婦の後ろ姿を見ると、奥様の方が喜びでジャンプしながら帰って行かれ、純粋にこの方々は黒ママを迎えることを喜んでいらっしゃる、と確信致しました。

 

話し方のアクセントが関西の方と思っていたら、徳島のご出身とおっしゃり、私の前職の本社が徳島であり、毎月本社ミーティングで徳島まで通っていたことを思い出し、やはりご縁があったと感じました。

 

お二人とも大手企業にお勤めで安心してお任せできます。

 

しかし、訪問して来られる方々を観察していると、最近の20代の方々は老成した魂の方々が多いと感じます。

 

反対に50代以上の方々の方が幼い魂で不安定な方が多いように思えて仕方がございません。

 

他の保護猫団体さん達は、20代であるというとお断りすることが多いとうかがいます。年齢などの条件は、表面的なところでは計り知れないものがあると思います。

 

こちらの条件はとにかく猫ちゃんを家族のトップとして迎えてくださり、生涯大事にお世話してくださる方であれば最高ということだけです。

 

黒ママ、ルーシーは『ムタ』ちゃんとすでに命名されていました。「猫の恩返し」の白猫の名前であるそうです。黒猫をあえてムタちゃんと呼びたいという理由であるそうです。

 

魔女が魔女っ娘ムタちゃんになりました!(古い)祝!

f:id:jupesjupes:20220125152345j:plain

そう簡単にはいかないわ!なめたら怪我をするわよ!