jupesjupesの日記

Lanai Fukudaのくだらない日々

譲渡会のお手伝いをして参りました。


昨日、23日の土曜日は、小平市の駅前で行われました猫ちゃんの譲渡会のお手伝いをさせて頂きました。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




小雨の時折振りしきる肌寒い一日でしたが、猫ちゃんを愛する人々が続々と集まってきて、狭い会場は熱気あふれる大盛況となりました。

猫ちゃん問題を啓もうするにも良いイベントであると思います。主催者の方々お疲れ様です。

しかし、長時間、暑く乾燥した狭い部屋で3時間も耐えていた猫ちゃん達が気の毒でした。。。皆、ずっと震えが止まらず本当に恐怖体験だったと思います。その中でももらわれていきそうな猫ちゃんがいたことは奇跡のような出来事でした。


譲渡されて幸せに暮らしているエミーちゃんも飼い主さんとともに現れ、皆さんから抱っこされてご満悦でした。

このように譲渡されて幸せになっている猫ちゃんを見るとまた感慨深く感じます。

イメージ 4

イメージ 5



今回、感じたのは、

猫ちゃん達動物さんを愛する人たちは、とても優しい感情も繊細で細やかな方々が多く、心に深い傷を持つ方も多いこと。

地上では生き辛い、天使の前世の記憶の強いアース・エンジェルさん、精霊の前世の記憶が強いアース・エレメンタルさん達が多いこと

アース・エンジェルさんやアース・エレメンタルさん達は猫ちゃんを飼うというよりも、猫ちゃんから癒されることをとても求めていること

アース・エンジェルさん、アース・エレメンタルさん達は地球の大多数を占める欲深く自己主張も強い自分勝手な人達の中で、居場所がない生き辛さに嘆き悲しんでいること・・・

などでした。

今回は、まるで傾聴ボランティアをしているかのように、猫ちゃんのことというよりも、ご自分の身の上のことを話したがる方々が多く、ひたすら聞いて欲しい!と迫ってこられ、延々と辛いお話を聞いておりました。

5時間以上立ちっぱなし・・・人々の苦しみのエネルギーもハートチャクラにずきずきと感じ、さすがに疲れました・・・

猫ちゃん達も里親さんのお宅でとても頑張ってご家族を癒し続け、最後には、やはり大病を患い亡くなるケースもたくさん伺いました。

本当に猫ちゃん達は健気な地上の癒しの天使さんのお役目をします。

また、今回は特に、このアース・エンジェルさん、アース・エレメンタルさん達が、他の心無い人間からの仕打ちや、動物虐待の現状を知り、とても心と魂が傷ついてボロボロの状態になっている、その人達を癒してあげる必要がある、とも感じました。

人間達からひどい目に遭っている猫ちゃん達、動物さん達は、たとえ虐待死したとしても決して人間を恨んだりもせず、すべてを受け止め、人間を許しています。

しかし、その酷い話を聞いた心優しい人達は、ひどく傷つき、怒りと憎しみで、魂が破裂しそうになっています。

自分達は大丈夫だから、人間の辛い魂を癒して解放して上げたい、と猫ちゃんの魂から聞いた気が致しました。

傷ついた人達の魂に天界の愛と光を!

また動物さん達に無感情、無感覚でひどいことをしてしまう「うごめくもの」から魂を支配されてしまっている人達にも天界の最高最善の愛と光を!

実はこの人達こそ、一番気の毒な人達です。なぜなら、来世は自分自身がうごめくものになってしまい、時空をさ迷う魂になるからです。

人間の魂がもっと解放されて癒され自由になったら、地球はもっと美しい星になることでしょう。

そんなことを思っていたら、会の最後の方で現れた天知ひかりさんというヒーラーさんに出会いました。

別名 天地ひかり さん

ひかりさんも、地球に降りてきたのは、動物さんと植物さんに出会う為とおっしゃており、これまで30年以上もこの小平で活動をなさっていらしたそうです。

6年以上小平に住んでいて、同じ思いを持つヒーラーさんに出会ったのは初めてでした。

会の後でお話をうかがい、ひかりさんがなさってこられたこれまでの活動を知り、とても言葉では言い表せられないほど、畏敬を覚えました。

私など足元にも及ばないほどの激しくも熱い尊いご活動でした。

また社会活動をしていらっしゃる著名な方々とも広くお付き合いがあり、今後、ご一緒に、自分がいる場所のレベルを上げるお手伝いが出来たらと願います。

今回は、行くのをどうしようかと迷っておりましたが、天界からは行きなさい、と言われた気がし、結果的には大きな収穫がありました。

3月の終わりで、地球がまた大きくシフトすると感じます。

ようやく長く暗いトンネルの中で光の筋が差し込んできて、出口が近づいてきた気が致します。

マイケルもロビイスト・マイケルになれないかな?
署名活動で手伝ってもらえないかな?
暇を持て余しているから、頑張ってもらおうか!


イメージ 6

              「いいよ!」 
 「チュールくれるんならね!」